過去の当該レース、コース別の人気薄好走血統を抽出

2013年1月12日土曜日

フェアリーSの予想

◎アガサ(マンハッタンカフェ×シアトリカル)

冬の中山芝は芝ダート兼用っぽい種牡馬が活躍する傾向だがこのレースに限ってはマイル以上もOKな芝実績のある配合がよさそう。中でもサンデー系×ノーザンダンサー系はピッタリ。

○イリュミナンス(マンハッタンカフェ×トニービン)
2年続けて同一種牡馬の子が連れ立って馬券になっている。

★モンシュシュ(スペシャルウィーク×エーピーインディ)

コスモネモシン(’10フェアリーS)、トーセンクラウン(’10ニューイヤーS)、デボネア(’11京成杯)とこの時期の重賞、オープンクラスで人気薄好走したこれら3頭はいずれも父か母父サドラーズウェルズ系であった。モンシュシュの母母父はサドラーズウェルズ系。