過去の当該レース、コース別の人気薄好走血統を抽出

2013年4月27日土曜日

福島民友カップの予想

◎エーシンダックマン(サクラバクシンオー×スピニングワールド)

福島芝千二の注目血統はフジキセキ産駒、ヌレイエフ系、今開催の1000万下で二桁人気で2,3着したヒカリトリトン、ベストブルームの父と母父に入っていたカーリアン系。場所を問わず千二は走るサクラバクシンオー産駒で母父がヌレイエフ系のスピニングワールド。この馬の戦歴を振り返ると必ず休み明けか休み明け2走目で結果を出してきている。今回は休み明けの前走を凡走した後の2走目。

相手はフジキセキ産駒カラフルデイズ、父母父カーリアンのレッドスパーダ、父ヌレイエフ系のブラボースキーと昨年のこのレース3着フォーエバーマーク。

○カラフルデイズ
▲レッドスパーダ
△ブラボースキー
△フォーエバーマーク


天皇賞(春)の予想

◎サトノシュレン(ステイゴールド×エルハーブ)

昨年のトニービン祭り(1-3着すべてトニービンの血を持っていた)は例外とみなして2009年から2011年を見てみると、3着内馬9頭中8頭が3代内に非主流血統のリボー系、へロド系、ハンプトン系を持っていた。中では長距離OKのステイゴールド産駒(その母父がハンプトン系)で母父が過去2年続けて連対を果たしたマイネルキッツの父チーフベアハートと同系のチーフズクラウン系のエルハーブ。母母父はトニービンと同系のグレイソヴリン系で血統だけならおいしいとこ取りの配合。

以下、同様にハンプトン系、ヘロド系を3代内に持つ馬たちを

○フェノーメノ
▲ゴールドシップ
△レッドカドー
△ユニバーサルバンク

スイートピーSの予想

◎ゴッドフロアー(ハーツクライ×Zafonic)

近3年のスイートピーSの3着内馬9頭中7頭がミスプロ系とサンデーを含むヘイロー系を併せ持っていた。その内の5頭が母方にミスプロ系という配合。出走馬中サンデー×ミスプロ配合はこの馬だけ。

以下も同じ狙いで。

○リラコサージュ
▲コスモコルデス
△ビーナストリック
△ディアデラマドレ
△ダイワストリーム
△フロアクラフト

2013年4月26日金曜日

青葉賞の予想

◎カフェリュウジン(マンハッタンカフェ×ストラヴィンスキー)

2012年の13番人気3着ステラウインド、2009年6番人気3着のトップカミング、2008年7番人気クリスタルウイングがそれぞれサンデーとヌレイエフの血を持っていた。全兄カフェマーシャル、カフェシュプリームがダート短距離で実績を残している点は気になるが、同じ厩舎でありながらその兄たちと違ってデビューから芝ばかり使っているので血統以外の面で芝適性を見込まれているのだろう・・・(期待)。

相手は東京芝二四が得意なジャンポケ産駒でサンデー、ヌレイエフを併せ持つアウォーディー、ダービーフィズと近5年の3着内馬15頭中12頭が該当の父サンデー系の馬たち。人気になりそうなレッドレイヴン、ラストインパクトは父や母父がミスプロ系で過去のレース傾向には合わない。

○アウォーディー
▲ダービーフィズ
△ヒラボクディープ
△サトノノブレス
△アウトオブシャドウ
△アドマイヤスピカ

2013年4月21日日曜日

マイラーズカップの予想


◎サンレイレーザー(ラスカルスズカ×Cozzene)

京都千六芝の人気薄好走血統はグレイソヴリン系、ダンチヒ系を持つ馬。重賞では足りない戦歴だがその重賞はすべて千八以上だったマイルで見直し。

相手は先にあげた2系統を持つ馬など

○マジンプロスパー
▲エーシンメンフィス
△アスカクリチャン
△グランプリボス
△クラレント
△カレンブラックヒル

フローラSの予想

◎グッドレインボー(ステイゴールド×クロフネ)

重馬場開催だった2010年のフローラSではステイゴールド産駒バウンシーチューンが9番人気1着。3着にはバウンシーチューンと同じ父母父ハンプトン系のピュアブリーゼ。2着には母母父が同じノーザンテーストのマイネソルシエール。分かりやすいところで本命にはステイゴールド産駒グッドレインボーを。

相手にはノーザンテースト、ハンプトン系に加え、重馬場得意のリボー系、トニービン系を。

○ブリュネット
▲スイートサルサ
△イリュミナンス
△スイートサルサ
△ナンヨーユナ
△セキショウ
△インカンデセンス

2013年4月14日日曜日

淀屋橋Sと奥の細道特別の予想

阪神11R 淀屋橋S

◎ラディアーレ(サクラバクシンオー×ウイニングチケット)

2013年阪神千二芝1000万下で5番人気以下で馬券になった馬はキョウエイバサラ、メイショウハガクレ、アグネスハビットの3頭。内、キョウエイバサラが母父グレイソヴリン系、メイショウハガクレが父グレイソヴリン系。
この馬は母父グレイソヴリン系。姉のリュンヌも今開催の中山の準オープンで人気薄好走。

福島11R 奥の細道特別

◎メイショウスクラム(シンボリクリスエス×サンダーガルチ)

福島二六芝での人気薄好走馬の多くが父ロベルト系、ここにも出走しているシンボリローレンス、キンセイポラリスも昨年このコースを10番人気、8番人気で3着の実績があるが一度好走した馬よりはまだこのコースで実績のないその2頭と同じロベルト系×ネイティヴダンサー系配合のこの馬から。


京葉Sの予想

◎サダムグランジュテ(キングカメハメハ×Boundary)

近年中山千二ダのオープン特別、重賞の人気薄好走馬(シセイオウジ、キョウエイカルラ、ケイアイテンジンなど)は父ミスタープロスペクター系。ここはキンカメ産駒2頭しか父ミスプロ系がいない。

相手はもう1頭のキンカメ産駒と母父ミスプロ系、コース得意のデピュティミニスター系の馬たちを。

○シセイオウジ
▲スリーボストン
△デュアルスウォード
△マルカバッケン
△メイショウツチヤマ
△ダッシャーワン

皐月賞の予想

◎コパノリチャード(ダイワメジャー×トニービン)

中山での皐月賞で近年5番人気以下で馬券になった馬は10年のヒルノダムール、エイシンフラッシュ、09年のトライアンフマーチ、08年のキャプテントゥーレ、タケミカヅチの5頭。
エイシンフラッシュを除く4頭が父サンデー系で母父または母母父にリファール系かニジンスキー系という配合。この馬は母母父がカーリアンでニジンスキー系、キャプテントゥーレ、その前年のヴィクトリーと同じ母父トニービンで、ダイワメジャー自身が皐月賞馬。

相手は同じくニジンスキーを持つ馬、中山二千芝好走血統シンボリクリスエス産駒、ジャングルポケット産駒、エイシンフラッシュと同じ父キングマンボ系で母方ハンプトン系の配合の馬を

○カミノタサハラ
▲エピファネイア
△サトノネプチューン
△ロゴタイプ
△コディーノ
△レッドルーラー

2013年4月13日土曜日

アンタレスSの予想

◎セイカプリコーン(ステイゴールド×フレンチデピュティ)

阪神千八ダは他場のダートコースに比してサンデー系の好走確率が高い。中では直近の良馬場(1000万クラス以上)で人気薄好走したキャッツインブーツ、エクストラセックの母父ストームバード系と同じアメリカンダート血統のデピュティミニスター系が母父のセイカプリコーンを。千八で敗れたレースはいずれもスピードが勝って先行してのもので、近走の好走時のパターンとは戦法が異なる。

相手は人気どころの実績馬とサンデーサイレンス系統から。

○ホッコータルマエ
▲ハートビートソング
△ニホンピロアワーズ
△チョイワルグランパ
△ジョヴァンニ
△ソリタリーキング



2013年4月7日日曜日

桜花賞の予想

◎ジーニマジック(ダイワメジャー×Alzao)

近5年二桁人気で馬券になったエーシンリターンズ、レジネッタ、エフティマイアの内エーシンリターンズ、エフティマイアの母父が非ヘイロー系、非ロベルト系のターントゥ系、母母父がノーザンテースト、レジネッタ、エフティマイアの父母父がセントサイモン系という共通項。ダイワメジャーなので父母父がノーザンテーストそして人気のトーセンソレイユと従妹関係。ということはディープインパクトとも従兄妹関係。ディープ産駒はこのレース2連覇中。

相手はマイナーターントゥ系、同じダイワメジャー産駒、ディープ産駒などを。

○クロフネサプライズ (母母父がマイナーターントゥ系)
▲レッドオーヴァル   (ディープ産駒)
△プリンセスジャック   (ダイワメジャー産駒)
△サンブルエミューズ (ダイワメジャー産駒)
△アユサン        (ディープ産駒)
△トーセンソレイユ   (ディープ妹)


  

春雷Sの予想

◎セイクレットレーヴ(アドマイヤムーン×ブライアンズタイム)

近年、稍重から重のオープン、重賞の中山千二芝ではミスプロ系種牡馬が人気薄好走馬を出す傾向がある(アフリート産駒エーブダッチマン、スクワートルスクワート産駒シャウトライン、スウェプトオーヴァーボード産駒プリンセスメモリー、アグネスデジタル産駒グランプリエンゼル)。条件クラスではないのでサンデーサイレンス(アドマイヤムーンの母父)が入っているのもプラスにとらえる。
相手もミスプロ系を中心にサクラバクシンオー産駒、ダンチヒ系など中山千二芝の注目血統を持つ馬たちで。

○クリーンエコロジー
▲アフォード
△ポアゾンブラック
△テイエムオオタカ
△ニシノステディー
△ボストンエンペラー
△アウトクラトール

福島民報杯の予想

◎スピリタス(タニノギムレット×Storm Cat)

馬場状態問わず福島二千芝ではロベルト系を持つ馬の好走例が多い。8歳にして初の二千、初の福島となるが馬場を1周りする千八芝はこなした実績がある。前走をのぞくエイシンオスマン、ドリームセーリングあたりの逃げなら溜めの利く流れが期待できる。

相手はこのコースの重賞で穴を出したアスカクリチャン(スターリングローズ×ダイナレター)、アドマイヤタイシ(Singspiel×Dubai Millennium)と同じノーザンダンサー系×ミスプロ系、ミスプロ系×ノーザンダンサー系配合を中心に。

○エイシンオスマン
▲ダノンスパシーバ
△スズジュピター
△マルカボルト
△ミッキーパンプキン

大阪-ハンブルクカップの予想

◎メイショウカドマツ(ダイワメジャー×Kris.S)

サンデーサイレンス系種牡馬の子の好走確率の高いコース。土曜日の1000万下も父サンデー系のワンツースリー。そのレース7番人気1着のオーヴァージョイドはダート実績豊富であった。出走馬の中にダート実績の豊富な馬が見当たらないので血統的に母父がロベルト系のKris.Sで母母父フォーティナイナーとダートっぽいメイショウカドマツから。
相手もサンデー系種牡馬を中心に。

○ユニバーサルバンク
▲マッキーバッハ
△ユウキソルジャー
△レッドデイヴィス
△カフナ


2013年4月5日金曜日

阪神牝馬Sの予想

◎メイショウデイム(マンハッタンカフェ×ヘクタープロテクター)

11年3着スプリングサンダー、10年3着カノヤザクラ、09年2着ザレマ、08年1着エイジアンウインズがそれぞれクロフネ、サクラバクシンオー、ダンスインザダーク、フジキセキと短距離重賞で実績のある種牡馬で母方にミスプロ系が入っている配合。
マンハッタンカフェも短距離重賞好走馬を出す種牡馬で、昨年、一昨年と2年続けて3着内馬を出しておりレース相性もよい。
前走の千八は度外視できるもので千四なら。

○シュプリームギフト
▲ハナズゴール
△クィーンズバーン
△サウンドオブハート
△アイムユアーズ

ニュージーランドTの予想

◎ガチバトル(オレハマッテルゼ×ミルジョージ)

近年の人気薄好走馬2010年のレト、2009年ティアップゴールド、2008年のサトノプログレス、エーシンフォワードの父がそれぞれザカリヤ、クロフネ、タイキシャトル、Forest Wildcat。
アメリカンなダートっぽい血統がよさそう。オレハマッテルゼ自体はサンデーサイレンス系ではあるが母父はボールドルーラー系なのでダートもOKな種牡馬なはず。ミルジョージはネヴァベンド系で中山マイルの穴血統。

○ワールンガ
▲ゴットフリート
△エーシントップ
△サクラディソール
△ゴットフリート