過去の当該レース、コース別の人気薄好走血統を抽出

2013年4月27日土曜日

天皇賞(春)の予想

◎サトノシュレン(ステイゴールド×エルハーブ)

昨年のトニービン祭り(1-3着すべてトニービンの血を持っていた)は例外とみなして2009年から2011年を見てみると、3着内馬9頭中8頭が3代内に非主流血統のリボー系、へロド系、ハンプトン系を持っていた。中では長距離OKのステイゴールド産駒(その母父がハンプトン系)で母父が過去2年続けて連対を果たしたマイネルキッツの父チーフベアハートと同系のチーフズクラウン系のエルハーブ。母母父はトニービンと同系のグレイソヴリン系で血統だけならおいしいとこ取りの配合。

以下、同様にハンプトン系、ヘロド系を3代内に持つ馬たちを

○フェノーメノ
▲ゴールドシップ
△レッドカドー
△ユニバーサルバンク