過去の当該レース、コース別の人気薄好走血統を抽出

2013年9月29日日曜日

スプリンターズSの予想

◎ドリームバレンチノ(ロージズインメイ×マイネルラヴ)

近4年のスプリンターズステークスの6番人気以下で3着内に来た馬のうち
遠征馬のウルトラファンタジーを除く6頭はミスプロ系を含めてネイティヴダンサー系を持っている。
加えてボールドルーラー系、非サンデーのヘイロー系、サクラバクシンオーを合わせ持っていた馬が各2頭ずつ。
出走メンバーで該当するのがフォーエバーマーク、サンカルロ、マヤノリュウジン、ドリームバレンチノ、ハクサンムーン、パドトロワ、サドンストーム。
中では今開催の中山芝千二の1000万、1600万の2レースで2連対したシーキングザゴールド系を持つ昨年の2着馬ドリームバレンチノ。
対抗はロードカナロアで。以下先に上げたネイティヴダンサー系を持つ馬たち。

○ロードカナロア
▲フォーエバーマーク
△サンカルロ
△ハクサンムーン
△パドトロワ
△サドンストーム


ポートアイランドSの予想

◎コパノリチャード(ダイワメジャー×トニービン)

2012年以降、オープン特別の阪神マイル戦(六甲S、米子S、ポートアイランドS、リゲルS)は
前開催の米子Sまで6鞍あるがそのうち昨年のポートアイランドSを除く5鞍でグレイソヴリン系を持つ馬が3着に少なくとも1頭は来ている相性の良さ。
中では昨年のこのレースの勝ち馬オリービンと同じダイワメジャー産駒コパノリチャード。
相手はもう1頭の母父トニービンのサワノパンサー。以下、グレイソヴリンと同じナスルーラ系を
持つ馬など。

○サワノパンサー
▲キョウエイストーム
△ミキノバンジョー
△マックスドリーム
△タムロスカイ
△エーシンミズーリ
△レッドアリオン
△ブリッツェン

2013年9月28日土曜日

シリウスSの予想

◎フサイチセブン(Fusaichi Pegasus×Vice Regent)

シリウスS過去5年、5番人気以下で馬券になった馬が4頭
2011年1着ヤマニンキングリー(アグネスデジタル×サンデーサイレンス)
2010年3着チョイワルグランパ(マンハッタンカフェ×Private Account)
2009年2着ダークメッセージ  (ダンスインザダーク×ノーザンテースト)
2008年1着マイネルアワグラス(ブライアンズタイム×Zabeel)

ヤマニンキングリー、チョイワルグランパがそれぞれ父母父、母母父にダンチヒ系、
チョイワルグランパ、マイネルアワグラスがともに父母父リボー系
ヤマニンキングリー、ダークメッセージがそれぞれ父、母母父にクラフティプロスペクター系

父母父ダンチヒで一昨年のこのレース3着のフサイチセブンから。
リピーターのヤマニンキングリー、キングスエンブレムを含めて、2010年から昨年まで
ミスプロ系産駒のワンツーが続いている傾向にも合う。
相手もリボーとダンチヒをもつチョイワルグランパ

○チョイワルグランパ
▲ハートビートソング
△グランドシチー
△サトノプリンシパル



秋風Sの予想

◎コスモソーンパーク(ロージズインメイ×ジェニュイン)

近年の準オープンクラス以上の中山芝千六の人気薄好走馬の多くがサンデーサイレンス系と
ナスルーラ系を合わせ持つ配合。
母父ジェニュイン、母母父トニービンで中山芝千六高連対率のロージズインメイ産駒コスモソーンパークから。
相手もサンデーサイレンス系とナスルーラ系を合わせ持つフラアンジェリコ、ゼンノルジェロ、
コース連対率の高いダイワメジャー産駒など

○フラアンジェリコ
▲ゼンノルジェロ
△ブレイズアトレイル
△オリービン


2013年9月22日日曜日

産経賞オールカマーの予想

◎ダイワファルコン(ジャングルポケット×サンデーサイレンス)

昨年2着のダイワファルコンが父ジャングルポケットで母母父がノーザンテースト、
一昨年1着のアーネストリーが母父トニービンで母母父がノーザンテースト
2010年2着のドリームジャーニーが母母父ノーザンテースト、
3着トウショウシロッコが父母父トニービン。
ノーザンテーストかトニービンもしくはそのどちらも持っている馬が3年続けて馬券になっている。
AJCCも含めて中山芝二二はリピーターが多いコース。
昨年2着のダイワファルコンから。
相手はそれらの系統を持つ馬とこのコースに強いナカヤマナイト、ゲシュタルトと同じ
サンデー系×ネイティヴダンサー系配合の馬など

○メイショウナルト
▲アスカクリチャン
△ハナズゴール
△ダノンバラード
△コスモラピュタ


神戸新聞杯の予想

◎プランスペスカ(ブラックタイド×ブライアンズタイム)

昨年8番人気2着のロードアクレイム、一昨年3番人気3着のフレールジャックがともに
ディープ産駒で母母父がレッドゴッド系。その前年の5番人気3着のビッグウィークは
父バゴでレッドゴッド系で母父がサンデーサイレンス。
3年続けて一流サンデー系とレッドゴッド系を合わせ持つ馬が複勝圏内確保中。
今年の出走馬では唯一、レッドゴッド系を母母父に持つプランスペスカから。
一流サンデーではないがブラックタイドはディープの全兄弟で血統構成は同じ。
距離は違うが同じ外周りの1000万下芝千八の競争で1着したスマートレイアーも
父ディープで母母父がレッドゴッド系だった。
相手にはロードアクレイムの母父、一昨年2着ウインバリアシオンの父母父、
09年1着のイコピコの母母父に入っているトニービンを持つ馬など。

○サトノノブレス
▲マジェスティハーツ
△ヤマイチパートナー
△エピファネイア
△ラストインパクト
△タマモベストプレイ


2013年9月20日金曜日

大阪スポーツ杯の予想

◎オースミレジスタ(フジキセキ×Kingmambo)

近2年の阪神ダ千四の人気薄好走馬の90%がミスプロ系を持つ馬。
加えて、サンデー系かヴァイスリージェント系、ダンチヒ系を持っている馬では
好走確率がアップ。
サンデー系×ミスプロ系のオースミレジスタから。
二桁着順続きだが前走はゴールまで競争をやめていなかったように見えた。
相手は先週の同コースのオープン特別、1000万下の2レースで
ともに連対馬を出したフォーティナイナー系をもつローブドヴルール。

○ローブドヴルール
▲キズマ
△シゲルソウサイ
△タイセイシュバリエ

セプテンバーSの予想

◎ブランダムール(アドマイヤコジーン×Woodman)

今年の中山芝千二の準オープン、オープン特別の競争において
4番人気以下で馬券になった馬は父か母父グレイソヴリン系かネイティヴダンサー系
もしくはクロフネ産駒に限られている。
中では父がグレイソヴリン系母父がミスプロ系でネイティヴダンサー系のブランダムール。
右回りで馬券にならなかったのは休み明けの4走前だけ。
相手は先に上げた特徴とは外れるが先週の1000万下の中山千二で1着した
ツインクルスター(父サクラバクシンオー、母父フジキセキ、母母父リファール系)と
ほぼ同配合のマイネルロガール。

○マイネルロガール
▲セイコーライコウ
△ミヤジエムジェイ

2013年9月17日火曜日

セントライト記念の予想

◎ドラゴンレジェンド(ステイゴールド×フレンチデピュティ)

過去5年のこのレースの勝ち馬5頭中3頭がステイゴールド産駒、2頭がアグネスタキオン産駒だった。2着馬も内3頭がブライアンズタイム系と偏りが見られる。
複勝圏内馬まで含めるとヌレイエフ系、ノーザンテースト系を持つ馬もよくきている。
ステイゴールド産駒で母母父がノーザンテースト系のドラゴンレジェンドから。
半姉ホーマンフリップがファンタジーステークスでアニメイトバイオがローズステークスでそれぞれ好走と非根幹距離のトライアル戦で活躍する系統でもある。

相手はもう1頭のステイゴールド産駒ケイアイチョウサン、母父アグネスタキオンのナンヨーケンゴー。

○ケイアイチョウサン
▲ナンヨーケンゴー
△マイネルマエストロ
△ダービーフィズ
△ヒラボクディープ


2013年9月14日土曜日

レインボーステークスの予想

◎エックスマーク(ディープインパクト×Acatenango)

近2年中山芝二千の準オープンクラス以上の連対馬はほとんどが父サンデーサイレンス系かジャングルポケット産駒。加えて、ノーザンダンサー系、ハンプトン系、リボー系を合わせ持つ馬の好走例が多い。父ディープインパクトで母父がハンプトン系のAcatenangoのエックスマークから。相手はサンデーサイレンス×ハンプトン系配合のステイゴールドの産駒マイネルメダリスト。以下、注目系統を持つ馬を。

○マイネルメダリスト
▲ジャングルハヤテ
△タイタン
△マイネルグート

エニフステークスの予想

◎エアウルフ(フレンチデピュティ×アフリート)

同条件の阪神ダ千四オープン特別が今年3鞍あり、ここ出走のフレンチデピュティ産駒エアウルフがポラリスステークスを勝利、クロフネ産駒のトウショウカズンが3着。コーラルステークスでもクロフネ産駒のタイセイシュバリエが3着、6月の天保山ステークスでは父母父ヴァイスリージェントのスリーボストンが1着しており、3レースとも父方にヴァイスリージェント系を持つ馬が馬券になっている。
中ではこのコース(1.1.1.0)で休み明け実績もあるエアウルフから。
相手も同じフレンチデピュティ産駒ダッシャーワン。以下、インペリアルマーチ、ガンジスなどがこのコースで活躍しているネオユニヴァース産駒、コース実績のあるボールドルーラー系を持つ馬を。

○ダッシャーワン
▲アドバンスウェイ
△ノーザンリバー
△アドマイヤサガス
△サンライズブレット

2013年9月8日日曜日

京成杯オータムハンデの予想

◎ミッキードリーム(キングカメハメハ×サンデーサイレンス)

過去5年のこのレースで6番人気以下で連対した5頭に共通してグレイソヴリン系、ネヴァベンド系、レッドゴッド系などナスルーラの系統を持っていた。近3年(スマイルジャック、アプリコットフィズ、キョウエイストーム)は母父サンデーサイレンスという部分も共通。
母母父トニービンで母父サンデーサイレンスのミッキードリームから。
相手は父母父にネヴァベンド系母父サンデーサイレンスのゴットフリート。以下もナスルーラ系を持つ馬を中心に。

○ゴットフリート
▲ダノンシャーク
△フラガラッハ
△ワイズリー
△レオアクティブ

セントウルSの予想

◎ティーハーフ(ストーミングホーム×Green Desert)

セントウルS過去5年で5番人気以下で連対した4頭中2頭(2012年エピセアローム、09年アルティマトゥーレ)がサンデー系×グレイソヴリン系配合、もう2頭(11年ラッキーナイン、08年シンボリグラン)が父か母父にダンチヒ系を持っていた。
今年の出走馬で該当するのは母父Green Desertのサドンストーム、ティーハーフ兄弟だけ。
開幕週、内回りのスプリント戦の割には過去のセントウルSでは二桁馬番の馬がよく馬券に絡んでいるのでティーハーフの方を上に。
相手はもちろんサドンストーム。以下、このレースでよく来ているサクラバクシンオーを持つ馬、昨年2着の馬など

○サドンストーム
▲ハクサンムーン
△ロードカナロア
△ウインドジャズ

2013年9月7日土曜日

西宮Sの予想

◎ヴィクトリースター(ディープインパクト×Caerleon)

2012年以降の阪神芝千八準オープン以上のレースで4番人以下で馬券になった馬の3割3分がサンデーサイレンス系とロベルト系を合わせ持っていた。
出走馬中該当馬は父ディープ、母母父Lear Fanのこの馬だけ。
相手も阪神芝千八高連対率のディープ産駒など。

○インパラトール
▲ヒストリカル
△バッドボーイ
△トモロポケット
△トーホウストロング

紫苑Sの予想

◎クラウンロゼ(ロサード×ヒシアケボノ)

2008年以降昨年までの紫苑S3着内馬の内1頭はサンデーサイレンス系×ミスタープロスペクター系配合の馬。
また、サンデーサイレンスとミスプロ系を3代内に合わせ持つ馬まで広げると複勝圏内に2頭はきている。
ロサードもヒシアケボノも産駒はマイルまでしか実績がなく、クラウンロゼ自身もマイルまでしか実績がないがなんとかこのメンバーなら。
相手は2011年のコスモバタフライ、10年のクラックシード、09年のエオリアンハープが3年続けて馬券に絡んだキングマンボ系をもつメイショウサムソン産駒の2頭。以下、中山芝二千の好走血統欧州系ナスルーラを持つ馬など

○トーセンアルニカ
▲ミラクルルージュ
△アルファリア
△リボントリコロール
△モモトンボ