過去の当該レース、コース別の人気薄好走血統を抽出

2013年12月15日日曜日

朝日杯フューチュリティSの予想

◎ハイアーレート(ゼンノロブロイ×フレンチデピュティ)

2008年以降のこのレースで5番人気以下で馬券になった5頭の内、父、母父、父母父、母母父のどこかにフィフスペトルとダイワバーバリアンがキングマンボ系を、レオアクティブとロゴタイプがサドラーズウェルズ系を、グランプリボスとロゴタイプがボールドルーラー系を、ロゴタイプとフフスペトルがネヴァベンド系を持っていた。
また、その内フィフスペトルを除く4頭がサンデーを合わせ持っていた。
今年の出走馬でこの条件をみたすのがエルカミーノレアル、ショウナンアチーヴ、ハイアーレートの3頭。中では札幌2歳Sで2歳女王の3着の実績がある母母父ボールドルーラー系のハイアーレート。
対抗は母母父サドラーズウェルズ系のショウナンアチーヴ。後は距離は違うが土曜日のメインで1-3着独占のグレイソヴリン系を持つ馬、このレースで好走歴のあるディープ産駒、サクラバクシンオー産駒など。

○ショウナンアチーヴ
▲アジアエクスプレス
△エルカミーノレアル
△マイネルディアベル
△アトム
△ベルカント