過去の当該レース、コース別の人気薄好走血統を抽出

2014年12月27日土曜日

2014ファイナルSの予想

◎カオスモス(マイネルラヴ×ファルブラヴ)

阪神ダ千四オープン特別ではミスプロ系、ヴァイスリージェント系などダートで強い血統に加えて、サンデー系を中心としたヘイロー系を持っている馬がよさそう。
12年
ガンジス(サンデー系×ヴァイスリージェント系)
トウショウカズン(ヴァイスリージェント系×サンデー系)
メイショウマシュウ(サンデー系×ミスプロ系)
13年
ウォータルルド(父ウォーターリーグがヴァイスリージェント系×ヘイロー系配合)
マルカフリート(ミスプロ系×サンデー系)
ファリダット(ミスプロ系×サンデーサイレンス)
父がミスプロ系のマイネルラヴ、母母父がサンデーのカオスモスから。

◯ナガラオリオン
▲キョウワダッフィー
△デザートオアシス
△コーリンベリー
△ナリタスーパーワン


2014有馬記念の予想

◎サトノノブレス(ディープインパクト×トニービン)

近10年の人気薄好走血統トニービン系を母父に、ボールドルーラー系を母母父に持つサトノノブレスから。

リンカーン(母父トニービン 05年 6番人気 3着)
アドマイヤモナーク(母父トニービン 08年 14番人気 2着)
ポップロック(父母父、母母父 ボールドルーラー系 06年 6番人気 2着)
マツリダゴッホ(母父ボールドルーラー系 09年 9番人気 1着)
エアシェイディ(母母父ボールドルーラー系 08年 10番人気 09年 11番人気 3着)
また、リンカーン、アドマイヤモナークともその年の京都芝二四重賞で勝っていたという共通項もある。サトノノブレスは今年の日経新春杯の勝ち馬。

◯ジャスタウェイ
▲フェノーメノ
△ウインバリアシオン
△ゴールドシップ
△エピファネイア

2014ホープフルSの予想

◎レトロロック(ディープインパクト×シンボリクリスエス)

昨年までのオープン特別のホープフルS過去5年の勝ち馬はシンボリクリスエス産駒が3頭、キングカメハメハ産駒が2頭で寡占状態。

シンボリクリスエス産駒
アリゼオ(09年 1着)
サトノネプチューン(12年 1着)
エアアンセム(13年 1着)
キングカメハメハ産駒
ベルシャザール(10年 1着)
アドマイヤブルー(11年 1着)
また、ディープ産駒が近2年では連続して2着している。
ディープ産駒で母父がシンボリクリスエスのレトロロックから。

◯シャイニングレイ
▲ティルナノーグ
△ダノンメジャー
△ソールインパクト
△タンタアレグリア

2014阪神カップの予想

◎クラレント(ダンスインザダーク×ダンシングブレーヴ)

過去5年の3着内馬15頭中8頭がニジンスキー系、リファール系を持っていた。また、サンカルロ、キンシャサノキセキ、ガルボとリピーターの多いレースでもある。
母父がリファール系のダンシングブレーヴで昨年3着のクラレントから。

◯ダイワマッジョーレ
▲リアルインパクト
△コパノリチャード
△ミッキーアイル
△オリービン


2014師走Sの予想

◎カシュカシュ(アフリート×Halo)

2012年以降の中山ダ千八オープン特別の人気薄好走馬はキンカメかアフリートを持っている。
あわせて、暮れの最終週の中山ダ千八オープン特別の前走場別成績では京都、阪神、中山に比べて東京コース組は極端に悪い傾向。アフリート産駒で前走が京都のカシュカシュから。

◯フィールザスマート
▲ノースショアビーチ
△ツクバコガネオー
△マスクトヒーロー
△グランドシチー


2014年12月21日日曜日

2014朝日杯フューチュリティSの予想

◎タガノエスプレッソ(ブラックタイド×キングカメハメハ)

今開催の2勝以上クラスの3レース中、土曜日のリゲルSを除く2レースでは4頭の連対馬すべてがミスプロ系を持っていた。あわせて、Targetで「阪神芝千六」「重」「500万以上」で検索すると父か母父キングマンボ系は(4.2.1.8)と高連対率。母父がキンカメで阪神芝千六高連対率のディープの全兄ブラックタイド産駒のタガノエスプレッソから。

◯ペプチドウォヘッド
▲ブライトエンブレム
△ダノンプラチナ
△ネオルミエール
△アッシュゴールド


2014ディセンバーSの予想

◎フィロパトール(ジャングルポケット×Wild Again)

09年以降の5レースで馬券になった15頭中1/3の5頭が父か母父にトニービン系となっている。

ショウワモダン(母父トニービン 09年 7番人気 1着)
タガノサイクロン(母父トニービン 09年 9番人気 2着)
スマートステージ(父ジャングルポケット 11年 8番人気 1着)
エアソミュール(父ジャングルポケット 13年 1番人気 1着)
ダービーフィズ(父ジャングルポケット 13年 5番人気 3着)
ここ出走でトニービンを持つのはフィロパトールただ1頭。この馬自身中山芝千八は(1.1.0.1)

◯マイネグレヴィル
▲レッドレイヴン
△マックスドリーム
△ウインマーレライ
△スピリタス


2014ベテルギウスSの予想

◎イッシンドウタイ(スズカマンボ×スラヴィック)

2週目から3週目にスライドした近2年では父か母父サンデー系でワン・ツー・スリー。

2012年
1着 ハートビートソング(父ゼンノロブロイ)
2着 バトルドンジョン(父マーベラスサンデー)
3着 マカニビスティー(父ゼンノロブロイ)
2013年
1着 ナムラビクター(父ゼンノロブロイ)
2着 ソロル(母父サンデーサイレンス)
3着 タイムズアロー(母父サンデーサイレンス)
2連勝中のゼンノロブロイと同じサンデー×ミスプロ配合のスズカマンボ産駒イッシンドウタイから。

◯ランウェイワルツ
▲ドコフクカゼ
△トウシンイーグル
△タイムズアロー
△マルカプレジオ


2014年12月20日土曜日

2014リゲルSの予想

◎コスモソーンパーク(ロージズインメイ×ジェニュイン)

2012年のこのレース10番人気3着のオースミスパーク、2013年11番人気3着のコスモソーンパークはそれぞれ父母父、母母父にトニービンを持っていた。今回のメンバーでトニービンを持つのは昨年3着のコスモソーンパーク1頭。昨年と同じキャピタルS、ちょい負けからの参戦でもある。

◯プリムラブルガリス
▲レッドアリオン
△アーデント
△エールブリーズ
△サクラアルディート


2014愛知杯の予想

◎フレイムコード(タヤスツヨシ×オペラハウス)

過去2年のこのレースではサドラーズウェルズ系、グレイソヴリン系を持つ馬が活躍。

エーシンメンフィス(父Medaglia d’Oroがサドラー系 2012年 1着)
サンシャイン(父母父トニービンがグレイソヴリン系 2012年 2着)
オールザットジャズ(父母父クリスタルパレスがグレイソヴリン系 2012年 3着)
キャトルフィーユ(母父Tejano Runがグレイソヴリン系 2013年 2着)
コスモネモシン(母父Singspielがサドラー系 2013年 3着)
また、過去2年の連対馬4頭は格上挑戦の軽ハンデという共通点もあった。
母父オペラハウスがサドラー系で、父母父Caroがグレイソヴリン系と好走血統を2本持ち、
前走に引き続き格上挑戦となるフレイムコードから。

◯イリュミナンス
▲キャトルフィーユ
△シャトーブランシュ
△レーヴデトワール
△リメインサイレント



2014年12月13日土曜日

2014阪神ジュベナイルフィリーズの予想

◎コートシャルマン(ハーツクライ×Smart Strike)

近5年、6番人気以下で好走した6頭中2頭がクロフネ産駒、残りの4頭は母父がネイティブダンサー系。
ベストクルーズ(クロフネ産駒 09年 6番人気 3着)
ライステラス(母父スピードワールド 10年 8番人気 3着)
アイムユアーズ(母父エルコンドルパサー 11年 8番人気 2着)
クロフネサプライズ(クロフネ産駒 12年 15番人気 2着)
レッドセシリア(母父Selkirk 12年 10番人気 3着)
フォーエバーモア(母父Pentelicus 13年 8番人気 3着)
また、昨年のハープスターの母母父、一昨年のクロフネサプライズの母父、レッドセシリアの父母父とトニービンを持つ馬が2年連続で馬券になっている。

父母父がトニービンで母父がネイティブダンサー系、桜花賞2着馬のレッドオーヴァルが半姉のコートシャルマンから。

◯ダノングラシアス
▲ショウナンアデラ
△クールホタルビ
△レッツゴードンキ
△ココロノアイ




2014カペラSの予想

◎サウンドガガ(Roman Ruler×Phone Trick)

09年以降の5レースで馬券になった15頭中10頭が父か母父ミスプロ系。加えてマイナー血統を持っている馬がよくきている。

ダイワディライト(ミスプロ系×ヘロド系 09年 2着)
グランドラッチ(ミスプロ系×ドミノ系 09年 3着)
ティアップワイルド(ワイルドアゲイン系×ミスプロ系 10年、11年 2着)
タイセイレジェンド(ミスプロ系×ヘロド系 11年 3着)
ケイアイガーベラ(父Smarty Jonesがミスプロ系×マッチェム系 11年 1着)
エーシンウェズン(父Trippiがミスプロ系×マッチェム系 12年 2着)

また、グランドラッチ、ダイワディライトを除く4頭はいずれも前走から距離短縮の臨戦過程だった。
ミスプロ系×クレバートリック系配合で前走が大井ダ千八のサウンドガガから。

◯ダッシャーワン
▲タールタン
△サトノプリンシパル
△メイショウノーベル
△ダノンレジェンド


2014チャレンジカップの予想

◎デウスウルト(キングカメハメハ×サンデーサイレンス)

暮れの阪神2週目に移ってからの2年では父か母父ミスプロ系か父か母父ロベルト系の馬がよくきている。

ショウリュウムーン(父キングカメハメハ 12年 1着)
アドマイヤタイシ(母父ドバイミレニアム 12年 2着)
タガノエルシコ(父マヤノトップガン 12年 3着)
アルキメデス(父アドマイヤムーン 母父シーキングザゴールド 13年 1着)
カワキタフウジン(母父ブライアンズタイム 13年 2着)
ハナズゴール(母父シャンハイ 13年 3着)
また、アルキメデスは昇級初戦、アドマイヤタイシは昇級2戦目、タガノエルシコは昇級3戦目と過去の実績はあまり重要視する必要もないレースとなっている。
父がミスプロ系のキングカメハメハで昇級初戦となるデウスウルトから。

◯アズマシャトル
▲バッドボーイ
△アドマイヤタイシ
△トーセンスターダム
△フルーキー



2014ラピスラズリSの予想

◎レオンビスティー(サクラバクシンオー×タバスコキャット)

10年以降の4レース中3レースで人気薄のサクラバクシンオー産駒が馬券になっている。
メイビリーヴ(10年 9番人気 3着)
スギノエンデバー(11年 5番人気 3着)
アフォード(13年 13番人気 1着)
全4勝中3勝が暮れと年初の中山芝千二でサクラバクシンオー産駒のレオンビスティーから。

◯セイコーライコウ
▲アフォード
△プリンセスメモリー
△コウヨウアレス
△ワキノブレイブ


2014年12月6日土曜日

2014タンザナイトSの予想

◎ナリタスプリング(フジキセキ×ウッドマン)

今年の準オープン以上の阪神芝千四はこれまで5レース。その内4レースで6番人気以下の人気薄が3着内に来ている。その4頭全てが父か母父ミスプロ系だった。

サンカルロ(母父クラフティプロスペクター 阪急杯 8番人気 3着)
サマールナ(父アドマイヤムーン 心斎橋S 8番人気 2着)
ローブディサージュ(父ウォーエンブレム 阪神牝馬S 9番人気 3着)
アイムヒアー(父プリサイスエンド 仲秋S 6番人気 3着)
母父がミスプロ系のウッドマンで3歳時には同じ阪神芝千四のオープン特別で3着と好走歴のあるナリタスプリングで。

◯キョウワマグナム
▲サトノルパン
△オリービン
△プリムラブルガリス
△ニシノビークイック



2014チャンピオンズカップの予想

◎ベストウォーリア(Majestic Warrior×Mr.Greeley)

2012年以降、中京ダ千八1600万以上の8レース中5レースで6番人気以下の馬が3着内に来ている。5頭中4頭が父か母父ミスプロ系を含むネイティブダンサー系でかつサンデーを持っていなかった。

サクラブライアンズ(ブライアンズタイム×ガルチ ’12白川郷S 7番人気 3着)
ナムラタイタン(サウスヴィグラス×アフリート ’13東海S 8番人気 2着)
コウユーヒーロー(カコイーシーズ×リアルシャダイ ’13白川郷S 6番人気 3着)
マイネルバイカ(ロージズインメイ×フォーティナイナー ’14東海S 8番人気 3着)
ナムラタイタン以外の3頭はサンデーではないがロベルト系やデビルズバッグ系のターントゥ系とネイティブダンサー系配合。母父がミスプロ系で母母父がロベルト系のSilver Hawkのベストウォーリアで。

◯ホッコータルマエ
▲ワイドバッハ
△インカンテーション
△コパノリッキー
△ローマンレジェンド


 

2014ターコイズSの予想

◎メイショウスザンナ(アグネスデジタル×サンデーサイレンス)

ミスプロ系とニジンスキー系を合わせ持つ馬が2011年から3連勝中。

マイネプリンセス(父アグネスデジタル 母母父マルゼンスキー 11年 1着)
サウンドオブハート(母母父ウッドマン 母父カーリアン 12年 1着)
レイカーラ(父キングカメハメハ 母父カーリアン 13年 1着)
11年14番人気で1着したマイネプリンセスと同じアグネスデジタル産駒で母母父マルゼンスキーのメイショウスザンナで。

◯レイカーラ
▲ミナレット
△マーブルカテドラル
△ケイティバローズ
△アミカブルナンバー
△ノボリディアーナ


2014年12月5日金曜日

2014逆瀬川Sの予想

◎ローゼンケーニッヒ(シンボリクリスエス×サンデーサイレンス)

開幕週に行われた逆瀬川Sは近5年で10年、12年の2度。その2レースで馬券になった6頭中3頭が父ロベルト系。

ピエナポパイ(父マヤノトップガン 10年 2着)
ラフレッシュブルー(父グラスワンダー 10年 3着)
ジェントルマン(父シンボリクリスエス 12年 2着)
ここ出走ただ1頭の父ロベルト系ローゼンケーニッヒで。

◯アクションスター
▲アイウォントユー
△サトノアラジン
△スズカヴァンガード
△デリッツァリモーネ



2014金鯱賞の予想

◎クランモンタナ(ディープインパクト×トニービン)

この時期に行われるようになって2年その母父がトニービンのハーツクライ産駒3頭を含めて6頭の3着内馬の内4頭がトニービンを持っていた。

アドマイヤラクティ(父ハーツクライ 12年 3着)
カレンミロティック(父ハーツクライ 13年 1着)
ラブリーデイ(母母父トニービン 13年 2着)
ウインバリアシオン(父ハーツクライ 13年 3着)
また、6頭中ラブリーデイとウインバリアシオンを除く4頭が近3走内に準オープンクラス勝ち上がりの叩き上げであった。母父トニービンで3走前に準オープン勝ちのクランモンタナで。

◯ウインバリアシオン
▲ラブリーデイ
△エアソミュール
△オーシャンブルー
△ユールシンギング


2014ステイヤーズSの予想

◎スカイディグニティ(ブライアンズタイム×ノーザンテースト)

3年連続3着内のトウカイトリック、2年連続3着内のデスペラードを含めて近5年ではロベルト系を持つ馬が必ず1頭は馬券になっているレース。

モンテクリスエス(父シンボリクリスエス 09年 3着)
コスモヘレノス(父グラスワンダー 10年 1着)
トウカイトリック(母父シルバーホーク 11年13年 3着 12年 1着)
デスペラード(母母父ブライアンズタイム 12年 3着 13年 1着)
デスペラードを除く3頭はそれまでに芝二五以上の重賞で実績があった点を考えると父がブライアンズタイムで菊花賞2着の実績を持つスカイディグニティが一番ピッタリ。

◯デスペラード
▲セイクリッドバレー
△モビール
△ファタモルガーナ
△クリールカイザー


2014年11月30日日曜日

2014京阪杯の予想

◎ワキノブレイブ(マイネルラヴ×ブライアンズタイム)

過去5年の15頭の3着内馬の内半数の8頭が父か母父ミスプロ系。中では京洛S好走組が連続好走する傾向もありワキノブレイブで。

◯レッドオーヴァル
▲アフォード
△エピセアローム
△アルマリンピア
△スマートオリオン



2014ジャパンカップの予想

◎アイヴァンホウ(Soldier Hollow × Sternkoenig)

グレイソヴリン系を持つ馬が近5年中4年で5頭6回馬券になった馬を出している。

ウォッカ(父母父 09年 1着)
オウケンブルースリ(父 09年 2着)
トーセンジョーダン(父 11年 2着、13年 3着)
ジャガーメイル(父 11年 3着)
ルーラーシップ(母父 12年 3着)
また、ジャガーメイル以外の4頭はサンデーを持っていなかった。この2項目を満たす馬は今回の出走馬ではトーセンジョーダンとアイヴァンホウだけ。
母父Sternkoenigがグレイソヴリン系で中でもトニービンに近いゼダーン、カラムーン系でグリーンチャンネルで見たレース映像のインパクトとそろそろ海外の馬が来てもいい頃合いということでアイヴァンホウを。

◯ハープスター
▲デニムアンドルビー
△ジェンティルドンナ
△スピルバーグ
△ジャスタウェイ

2014オータムリーフSの予想

◎タイセイファントム(ファンタスティックライト×バウンダリー)

昨年のこのレース16番人気3着のアーリーデイズの父がブラッシンググルーム系。今年の同じ京都ダ千四のすばるSを14番人気3着した本命のタイセイファントムも父ブラッシンググルーム系。

◯ナリタスーパーワン
▲ダノンレジェンド
△サクラレグナム
△アスコットシチー
△メイショウノーベル


2014キャピタルSの予想

◎レオアクティブ(アドマイヤムーン×オペラハウス)

過去5年、2桁人気で馬券になった3頭中2頭がサドラーズウェルズ系を持っていた。

アップドラフト(父母父サドラーズウェルズ 09年 11番人気 3着)
ヤマニンウイスカー(母父サドラーズウェルズ 12年 18番人気 1着)
母父オペラハウスがサドラー系のレオアクティブで。

◯キングズオブザサン
▲トーセンレーヴ
△シャイニープリンス
△ロサギガンティア
△アーデント



2014年11月28日金曜日

2014ラジオNIKKEI杯京都2歳Sの予想

◎ティルナノーグ(ディープインパクト×Gone West)

重賞になる前の京都2歳Sの09年まで遡ってみると馬券になった15頭中8頭が母父か母母父にミスプロ系を持っていた。Targetで調べてみると京都芝二千で1番人気のディープ×ミスプロ系配合は連対率5割超、複勝率8割超。ティルナノーグで。

◯シュヴァルグラン
▲ダノンメジャー
△エイシンライダー
△アイオシルケン






2014ファンタスティックジョッキーズTの予想

◎マカハ(キングカメハメハ×Irish River)

今年の東京芝千四準オープンクラスはこれまで5鞍。その内の4レースで父か母父ミスプロ系の馬が馬券になっていた。芝、ダ問わず千四のレースはリピーターが多い距離。ということで、前走ここで3着のマカハ。

◯ハングリージャック
▲プランスデトワール
△ピークトラム
△ロノ
△プリンセスジャック


2014年11月24日月曜日

2014醍醐Sの予想

◎オレニホレルナヨ(サクラバクシンオー×カーリアン)

09年以降の5回で12年までの4回連続でサクラユタカオー、サクラバクシンオーの系統を持つ馬が連対。

サンクスノート(09年 1着 父サクラバクシンオー)
サクラミモザ(10年 2着 母母父サクラユタカオー)
メモリアルイヤー(11年 2着 母父サクラバクシンオー)
アースソニック(12年 1着 母父サクラユタカオー)
バクシンカーリー(12年 2着 父サクラバクシンオー)

ここ出走は3頭が該当するが開催後半、3日連続開催最終日という点で持ち時計の遅いオレニホレルナヨで。

◯モズハツコイ
▲アグネスウイッシュ
△ダンスディレクター
△テイエムタイホー
△アットウィル



2014年11月23日日曜日

2014東京スポーツ杯2歳Sの予想

◎グリュイエール(ディープインパクト×キングカメハメハ)

レコード決着の続いた昨年、一昨年と父か母父か母母父にミスプロ系という馬で3着内を独占。

コディーノ(12年 1着 父キングカメハメハ)
レッドレイヴン(12年 2着 父スマートストライク)
インプロヴァイズ(12年 3着 父ウォーエンブレム)
イスラボニータ(13年 1着 母母父クラフティプロスペクター) 
プレイアンドリアル(13年 2着 母父ティンバーカントリー)
クラリティシチー(13年 3着 父キングカメハメハ)
2年続けて馬券になっているキングカメハメハを母父に持つグリュイエールで。

◯エミネスク
▲ジャストドゥイング
△アヴニールマルシェ
△クラージュシチー
△ソールインパクト





2014マイルチャンピオンシップの予想

◎ダノンシャーク(ディープインパクト×カーリアン)

09年14番人気2着のマイネルファルケが父母父カーリアン、母母父がネヴァーベンド系、11年11番人気2着のフィフスペトルの母父もネヴァーベンド系、10年6番人気3着のゴールスキーの母母父はカーリアンと同じニジンスキー系。母父がカーリアン、母母父Shirley Heightsがネヴァーベンド系で今年の京都芝マイル古馬重賞の京都金杯、京都牝馬S、マイラーズCの3レースすべてで1,2着独占のディープ産駒ダノンシャークで。

◯エキストラエンド
▲トーセンラー
△ワールドエース
△フィエロ
△ミッキーアイル


2014霜月Sの予想

◎シセイオウジ(キングカメハメハ×ブライアンズタイム)

12年は前日、13年は前週に行われた準オープンクラスの銀嶺Sの結果が反映されるレース。

12年銀嶺S
1着 タイセイシュバリエ(クロフネ産駒)
2着 レッドヴァンクール(クロフネ産駒)
3着 キモンレッド(フォーティナイナー系のサウスヴィグラス産駒)

12年霜月S
1着 エーシンウェズン(フォーティナイナー系のTrippi産駒)
2着 グリッターウイング(クロフネ産駒)

13年銀嶺S
1着 オールドパサデナ(エンパイアメーカー×A.Pインディ)
3着 フミノファルコン(スタチューオブリバティ×サクラバクシンオー)

13年霜月S
1着 エーシントップ(スタチューオブリバティと同じストームキャット系のTale of The Cat産駒で
    エンパイアメーカーと同じファピアノ系のUnbridled’s Songが母父)
2着 ウォータールルド(母父がA.Pインディと同じボールドルーラー系のボストンハーバー)
3着 サクラシャイニー(母父がサクラバクシンオーの父であるサクラユタカオー)

土曜の銀嶺Sでは2着タガノトネールの母父として、3着ロードヴォルケーノの父として2頭が馬券になったキンカメが父のシセイオウジで。

◯エアウルフ
▲キクノストーム
△ツクバコガネオー
△サクラインザスカイ
△カネトシイナーシャ




2014年11月22日土曜日

2014アンドロメダSの予想

◎ダコール(ディープインパクト×Unbridled)

09年以降毎年馬券になっているのがグレイソヴリン系を持つ馬。

09年 トーセンジョーダン(父ジャングルポケット)
10年 ブロードストリート(母父コジーン)
11年 トップゾーン(母母父アローエクスプレス)
12年 アドマイヤラクティ(父母父トニービン)
13年 ラウンドワールド(母父トニービン)

母母父がグレイソヴリン系のCaroで、11年、12年と連続して馬券になったダノンバラードと同じディープ×Unbridled配合。このレースの好走血統で固められたダコールで。

◯エックスマーク
▲ヴィクトリースター
△ヒュウマ
△タガノグーフォ
△セイルラージ



2014銀嶺Sの予想

◎ネオシーサー(ネオユニヴァース×Silver Deputy)

東京ダ千四の重賞、オープンで活躍したガンジスと同じネオユニヴァース×Silver Deputy配合。
半兄にはオウケンブルースリで高齢でも活躍できる下地はありそう。

◯アルボナンザ
▲アンズチャン
△ロードヴォルケーノ
△シグナルプロシード
△アフリカンハンター


2014年11月16日日曜日

2014エリザベス女王杯の予想

◎スマートレイアー(ディープインパクト×ホワイトマズル)

重馬場の12年、13年を省いて07年から11年までの5レースでは父か母父ノーザンダンサー系という馬がよくきている。それ以外は外国馬スノーフェアリーとジャンポケ産駒クィーンスプマンテ、アヴェンチュラ。
母父ホワイトマズルがちょっと古いがスイープトウショウ、リトルアマポーラ、カワカミプリンセスと同じダンシングブレーヴ系のスマートレイアー。

◯ヌーヴォレコルト
▲レッドリヴェール
△サングレアル
△グレイスフラワー
△ディアデラマドレ

2014オーロカップの予想

◎ニシノビークイック(デュランダル×パラダイスクリーク)

母方にネヴァーベンド系を持つ馬がこの3年のこのレースでよくきている。先週の準オープンクラスでも母父に同系を持つマカハが3着している。

トライアンフマーチ(母母父 ブレイヴェストローマン 11年 1着)
コスモセンサー(母父 リヴリア 11年 3着)
ヒットジャポット(母母父ダルシャーン 12年 3着)
テイエムオオタカ(母父ネヴァーダンス 13年 2着)
クラウンレガーロ(母母父 パドスール 13年 3着)

◯コウヨウアレス
▲カオスモス
△サトノルパン
△マイネルディアベル
△アミカブルナンバー



2014福島記念の予想

◎ムーンリットレイク(ディープインパクト×Sinndar)

09年以降の4レースすべてでリファール系を持つ馬が馬券になっている。リファール系も含めてリバーマン系、グレイソヴリン系、サドラー系など欧州色の強い馬がよくきている印象。
中では福島巧者のムーンリットレイク。

◯メイショウナルト
▲ダイワファルコン
△フィロパトール
△アンコイルド
△サクラアルディート

2014年11月15日土曜日

2014デイリー杯2歳Sの予想

◎ケツァルテナンゴ(チチカステナンゴ×クロフネ)

09年以降の5レースではテスコボーイ系、ブラッシンググルーム系、グレソヴリン系など欧州系ナスルーラを持つ馬がよくきている。
中では昨年3着のピークトラムと同じチチカステナンゴ産駒ケツァルテナンゴ。

◯ナヴィオン
▲タガノエスプレッソ
△グレイスフルワード
△テイエムダンシング
△アルマワイオリ


2014武蔵野Sの予想

◎カチューシャ(ケイムホーム×ティンバーカントリー)

09年以降の5レースでミスプロ系×非サンデー系、非サンデー系×ミスプロ系という馬が必ず1頭は馬券になっているレース。

ダイショウジェット(ミスプロ系×ナスルーラ系 09年 2着)
グロリアスノア(ミスプロ系×ミスプロ系 10年 1着)
ナムラタイタン(ミスプロ系×ミスプロ系 11年 1着)
イジゲン(ミスプロ系×ノーザンダンサー系 12年 1着)
ベストウォーリア(ボールドルーラー系×ミスプロ系 13年 3着)
中では2頭の勝ち馬を出しているミスプロ系×ミスプロ系配合のカチューシャ。

◯キョウワダッフィー
▲エアハリファ
△ロイヤルクレスト
△レッドアルヴィス
△アドマイヤロイヤル

2014年11月9日日曜日

2014みやこSの予想

◎ブライトライン(フジキセキ×King of Kings)

過去4回のこのレースで馬券になった10頭(ローマンレジェンドとニホンピロアワーズが2度馬券になっている)中、半数の5頭が父か母父サンデー系。また、近3年に限れば米系、欧州系問わずサンデー×ノーザンダンサー配合が毎年馬券に。
昨年の勝ち馬でサンデー系フジキセキ×ノーザンダンサー系King of Kingsのブライトライン。

◯イッシンドウタイ
▲ニホンピロアワーズ
△マイネルバイカ
△アスカノロマン
△インカンテーション




2014アルゼンチン共和国杯の予想

◎モビール(ハーツクライ×Lear Fan)

09年以降の5レースではグレイソヴリン系を持つ馬が1頭は連対。また、09年から12年までの4年連続でロベルト系を持つ馬が馬券に。
ハーツクライの母父はトニービンでグレイソヴリン系、母父Lear Fanがロベルト系のモビール。

◯デスペラード
▲ネオブラックダイヤ
△フェイムゲーム
△スーパームーン
△マイネルメダリスト


2014京洛Sの予想

◎トキノゲンジ(プリサイスエンド×アーミジャー)

過去5年では父ミスプロ系の馬が4勝2着2回で毎年連対しているレース。

エイシンタイガー(父コロナドズクエスト 09年 1着)
アーバンストリート(父スウェプトオーヴァーボード 10年 1着)
ロードカナロア(父キングカメハメハ 11年 1着)
キョウワマグナム(父キングカメハメハ 11年 2着)
サドンストーム(父ストーミングホーム 12年 1着)
プレイズエターナル(父アドマイヤムーン 13年 2着)

その内の半数コロナドズクエスト、スウェプトオーヴァーボード、アドマイヤムーンはフォーティナイナー系。フォーティナイナー系のプリサイスエンド産駒トキノゲンジ。

◯ルナフォンターナ
▲エイシンブルズアイ
△メイショウイザヨイ
△スギノエンデバー
△バーバラ



2014年11月8日土曜日

2014ファンタジーSの予想

◎ニューエディション(アドマイヤムーン×A.P Indy)

09年以降のこのレースで馬券になった馬の父はクロフネ産駒5頭、

ベストクルーズ(09年 2着)
マルモセーラ(10年 1着)
ホエールキャプチャ(10年 3着)
モズハツコイ(13年 2着)
アドマイヤビジン(13年 3着)

アドマイヤムーン産駒が2頭

ファインチョイス(11年 3着)
アメージングムーン(12年 3着)

他にもサクラバクシンオー産駒

ベルカント(13年 1着)

ファルブラヴ産駒

アイムユアーズ(11年 1着)

フジキセキ産駒

ホーマンフリップ(10年 2着)
などスプリント重賞で実績のある産駒の馬がよくきている。

今年はクロフネ産駒の出走がないので繰り上がりでニューエディション。

◯ムーンエクスプレス
▲ダノングラシアス
△シンフォニア
△ルアンジュ
△ダイワプロスパー

2014京王杯2歳Sの予想

◎アクティブミノル(スタチューオブリバティ×アグネスタキオン)

09年以降の5レースでストームバード系を持つ馬が4度連対している。

エイシンアポロン(父ジャイアンツコーズウェイ 09年 1着)
レオアクティブ(母母父プリンスオブバーズ 11年 1着)
エーシントップ(父Tale of the Cat 12年 1着)
クインズハリジャン(母父Storm Boot 13年 2着)

また、父母父や母母父まで含めるとなんだかんだで毎年2頭は馬券圏内にサンデーを持つ馬が来ている。
父スタチューオブリバティがストームバード系で母父がアグネスタキオンのアクティブミノル。

◯オープンザウェイ
▲アポロノシンザン
△ゴールドペガサス
△ニシノラッシュ
△セカントテーブル

2014年11月2日日曜日

2014天皇賞(秋)の予想

◎ペルーサ(ゼンノロブロイ×Candy Stripes)

09年以降5番人気以下で馬券になった6頭中3頭が母父、母母父にハンプトン系を持っていた。

ペルーサ(母母父 11年 3着)
エイシンフラッシュ(母父 12年 1着)
ジャスタウェイ(母母父 13年 1着)

母母父がハンプトン系で自身10年、11年と2度馬券圏内に来た実績のあるペルーサ。

◯フェノーメノ
▲イスラボニータ
△ジェンティルドンナ
△カレンブラックヒル
△フラガラッハ

2014カシオペアSの予想

◎エーシンミズーリ(マンハッタンカフェ×Silver Hawk)

09年以降5番人気以下で馬券になった6頭中半数の3頭が父か母父ロベルト系。

リクエストソング(父シンボリクリスエス 09年 2着)
シルクアーネスト(父グラスワンダー 12年 3着)
カワキタフウジン(母父ブライアンズタイム 13年 3着)

長期休養明けだが、母父Silver Hawkがロベルト系で当コースの実績もあるエーシンミズーリ。

◯セイルラージ
▲アズマシャトル
△マジェスティハーツ
△ウインフルブルーム
△ゲシュタルト


2014年11月1日土曜日

2014アルテミスSの予想

◎タマモルミエール(ハーツクライ×ワイルドラッシュ)

過去2回のアルテミスSではメジャーなサンデー系種牡馬に母方がダート風味のある配合がよくきている。

コレクターアイテム(父ハーツクライ 母方 ストームバード×ミスプロ系 12年 1着)
アユサン(父ディープ 母方 ストームキャット×レイズアネイティヴ系 12年 2着)
ウインプリメーラ(父ステイゴールド 母方 フォーティナイナー×Kris.S 12年 3着)

マーブルカテドラル(父ダイワメジャー 母母父 ボールドルーラー系 13年 1着)
パシフィックギャル(父ゼンノロブロイ 母父 ミスプロ系 13年 2着)

イメージがピタリくるのがハーツクライ産駒で母父ワイルドラッシュのタマモルミエール

◯プリメラアスール
▲シングウィズジョイ
△テンダリーボイス
△ココロノアイ
△レッツゴードンキ

2014スワンSの予想

◎サクラアドニス(サクラプレジデント×ウォーニング)

近5年中4年でニジンスキー系を持つ馬が馬券になっている。

マルカフェニックス(父母父 ニジンスキー 09年 3着 10年 1着)
ジョーカプチーノ(母父 フサイチコンコルド 10年3着 11年 2着)
コパノリチャード(母母父 カーリアン 13年 1着)

ニジンスキー系のマルゼンスキーを父母父、母母父に持つサクラアドニスで。

◯オリービン
▲サンライズメジャー
△ベルカント
△フィエロ
△ミッキーアイル


2014年10月25日土曜日

2014菊花賞の予想

◎ハギノハイブリッド(タニノギムレット×トニービン)

近5年ではロベルト系かトニービンを持つ馬が必ず1頭は馬券になっている。

スリーロールス(母父ブライアンズタイム 09年 1着)
フォゲッタブル(母父トニービン 09年 2着)
セイウンワンダー(父グラスワンダー 09年 3着)
ビートブラック(母父ブライアンズタイム 父母父トニービン 10年 3着)
ウインバリアシオン(父母父トニービン 11年 2着)
スカイディグニティ(父ブライアンズタイム 12年 2着)
エピファネイア(父シンボリクリスエス 13年 1着)
サトノノブレス(母父トニービン 13年 2着)

母父トニービンで父タニノギムレットがロベルト系のハギノハイブリッド。

◯マイネルフロスト
▲ワンアンドオンリー
△タガノグランパ
△ショウナンラグーン
△ゴールドアクター


2014ブラジルカップの予想

◎クリノヒマラヤオー(キングカメハメハ×スペシャルウィーク)

近5年のこのレース、父か母父ミスプロ系という馬が少なくとも1頭は連対している。

エーシンモアオバー(母父Rubiano 09年 1着)
ゴールデンチケット(父キンカメ 09年 2着)
インバルコ(父フサイチペガサス 10年 11年 1着)
エアマックール(母父Gone West 10年 2着)
ナムラビクター(母父エンドスウィープ 12年 1着)
グラッツィア(父キンカメ 12年 2着)
ベルシャザール(父キンカメ 13年 1着)

内、3年で連対のキンカメ産駒は母父サンデーサイレンスが2頭、母母父Haloが1頭となっている。ここ出走唯一のキンカメ×母系にヘイロー系のクリノヒマラヤオーから。

◯ヴォーグトルネード
▲ランウェイワルツ
△ツクバコガネオー
△ノースショアビーチ
△ファイヤー


2014みちのくSの予想

◎モズハツコイ(クロフネ×サクラバクシンオー)

10年、一昨年、昨年と開催された3年全てでサクラバクシンオー産駒が連対しているレース。

メイビリーヴ(10年 1着)
アフォード(12年 1着)
ツインクルスター(13年 2着)

今年は父サクラバクシンオーの出走のないレースということで母父サクラバクシンオーのモズハツコイから。

◯メイショウツガル
▲ユキノアイオロス
△アポロスターズ
△ゴールデンムーン


2014年10月24日金曜日

2014富士Sの予想

◎トーセンレーヴ(ディープインパクト×カーリアン)

ニジンスキー系を持つ馬がよくきているレース。

マイケルバローズ(母父ロイヤルアカデミー、父母父カーリアン 09年 3着)
ダノンヨーヨー(父母父ニジンスキー 10年 1着)
ガルボ(母父ジェネラス 10年 3着)
クラレント(父母父ニジンスキー 12年 1着)
ダノンシャーク(母父カーリアン 13年 1着)

昨年のダノンシャークと同じディープ×カーリアン配合のトーセンレーヴから。

◯ダノンシャーク
▲シェルビー
△レッドアリオン
△エキストラエンド
△ロサギガンティア


2014室町Sの予想

◎ナガラオリオン(アドマイヤマックス×トワイニング)

父か母父にフォーティナイナー系を持つ馬がよくきているレース。

ペプチドルビー(父父フォーティナイナー 09年 3着)
ワールドワイド(父フォーティナイナー 11年 2着 12年 3着)
ティアップワイルド(母父フォーティナイナー 12年 1着)
スリーボストン(母父フォーティナイナー 13年 1着)
キモンレッド(父父父フォーティナイナー 13年 3着)

中では全6勝中5勝が京都ダートコースのナガラオリオン。

◯ケビンドゥ
▲スリーボストン
△ニシケンモノノフ
△エイシンゴージャス
△サウンドリアーナ





2014年10月18日土曜日

2014秋華賞の予想

◎タガノエトワール(キングカメハメハ×サンデーサイレンス)

2010年以降、近2年連続連対中のディープ産駒以外で馬券になった9頭中4頭がキングマンボ系を、3頭がグレイソヴリン系かデピュティミニスター系を持っていた。中では父キンカメで母母父トニービンと好走血統を2本持つタガノエトワール。

◯ブランネージュ
▲ヌーヴォレコルト
△ショウナンパンドラ
△オメガハートロック
△ハピネスダンサー


2014アイルランドTの予想

◎エイシンヒカリ(ディープインパクト×ストームキャット)

09年以降のこのレースでは母父、父母父、母母父のいずれかにリファール系、ニジンスキー系、ヌレイエフ系といったノーザンダンサー系を持つ馬の好走が目立つ。ディープの母父Alzaoはリファールの系統。

◯ファタモルガーナ
▲エックスマーク
△アロマカフェ


2014福島民友カップの予想

◎メイショウスザンナ(アグネスデジタル×サンデーサイレンス)

秋開催の福島芝千二のオープン特別レースは近5年では09年、10年の2度。その2レースで馬券になった6頭中5頭がミスプロ系を持っていた。加えて09年のジェイケイセラヴィ、10年のダイワマックワンは共に母母父にニジンスキー系を合わせ持っていた。父がミスプロ系のアグネスデジタル、母母父がニジンスキー系のマルゼンスキーでピッタリのメイショウスザンナ。

◯アンバルブライベン
▲フクノドリーム
△スギノエンデバー
△ハノハノ
△プリンセスメモリー


2014府中牝馬Sの予想

◎ウリウリ(ディープインパクト×フレンチデピュティ)

09年のレジネッタ(父フレンチデピュティ)、10,12年のスマートシルエット(母父Deputy Minister)、11年のアニメイトバイオ(母父フレンチデピュティ)、13年ホエールキャプチャ(父クロフネ)と近年のこのレースでは必ずデピュティミニスター系を持つ馬が馬券になっている。中では先週の古馬東京芝千八500万下、1000万下、重賞の3レースすべてで馬券になっていたディープ産駒のウリウリ。

◯ホエールキャプチャ
▲アイスフォーリス
△スマートレイアー
△キャトルフィーユ
△レイカーラ


2014清水Sの予想

◎メイケイペガスター(フジキセキ×ブライアンズタイム)

近年の清水Sでは09年ワールドコンパス(父シンボリクリスエス)、10年トゥニーポート(母父ブライアンズタイム)、11年ミキノバンジョー(父グラスワンダー)、13年ウインプリメーラ(母母父クリスエス)とロベルト系を持つ馬が過去5年で4頭の連対。中では、この馬自身は京都マイル戦の好走実績はないが同じ京都マイルのG1で勝ち馬を出しているフジキセキ産駒のメイケイペガスター。

◯マルタカシクレノン
▲トーセンソレイユ
△ウインスプラッシュ
△フルーキー
△ニシノカチヅクシ


2014年10月14日火曜日

2014京都大賞典の予想

◎スピリタス(タニノギムレット×ストームキャット)

09年以降で馬券になった15頭中12頭がグレイソヴリン系を筆頭にレッドゴッド系、ネヴァベンド系などナスルーラ系を持っていた。また、Targetで「雨、京都芝二四、古馬、09年以降」の検索でかかった5レース中4レースで1-3着馬全てがナスルーラを持っていた。晴雨関係なくナスルーラ系重視で。父母父クリスタルパレスがグレイソヴリン系、母母父ブラッシンググルームがレッドゴッド系とここ出走唯一3代内にナスルーラを2本持つスピリタスから。

◯ヒットザターゲット
▲デスペラード
△コウエイオトメ
△トーセンラー
△ラストインパクト

2014年10月13日月曜日

2014エルコンドルパサーメモリアルの予想

◎カネトシイナーシャ(Tapit×ストームキャット)

同時期同条件の12年、13年のペルセウスSの3着内馬はネオユニヴァース産駒が2頭とストームキャット系を父か母父に持つ馬となっていた。母父がストームキャットで、父が東京ダ千四得意のエーピーインディ系でテスタマッタ、、ここも出走のタールタンと同じTapit産駒のカネトシイナーシャから。

◯タールタン
▲モグモグパクパク
△ゴールスキー
△サマリーズ
△アスコットシチー


2014年10月12日日曜日

2014毎日王冠の予想

◎サンレイレーザー(ラスカルスズカ×コジーン)

09年以降稍重発表だった10年を除く4年すべてでグレイソヴリン系を持つ馬が馬券になっていた。土曜日の500万下、1000万下の2レースでもグレイソヴリン系を持つ馬がそれぞれ6番人気5番人気で3着、2着と好走。母父コジーンがグレイソヴリン系で昨年、同じ東京芝千八のエプソムカップ3着の実績があるサンレイレーザーから。

◯ワールドエース
▲スピルバーグ
△ディサイファ
△ミッキードリーム
△エアソミュール




2014オパールSの予想

◎エーシントップ(Tale of the Cat×Unbridled’s Song)

過去4年のこのレースの内3レースで父か母父ミスプロ系という馬が連対。また、母父か母母父にグレイソヴリン系という馬が11年から3年連続連対中。母父Unbridled’s Songがミスプロ系でUnbridled’s Song自身の母父Caroがグレイソヴリン系のエーシントップ。

◯メイショウイザヨイ
▲ルナフォンターナ
△ニンジャ
△メモリアルイヤー
△メイショウデイム


2014年10月11日土曜日

2014いちょうSの予想

◎マイネルグルマン(スニッツェル×アグネスタキオン)

09年以降マイルで行われたいちょうS3レース全てでグレイソヴリン系を持つ馬が連対している。中では母母父Kaldounがグレイソヴリン系で産駒の実績がスプリント戦に偏っているスニッツェル産駒でありながら自身は千五までをこなしているマイネルグルマン。

◯マコトダッソー
▲ミッキーユニバース
△サトノフラム
△ネオルミエール
△クラリティスカイ


2014大原Sの予想

◎アクションスター(アグネスタキオン×Loup Solitaire)

09年以降の大原S5レース中、4度母父か母母父にミスプロ系という馬が馬券になっていた。中では母母父フォーティナイナーがミスプロ系で、09年のノットアローン、10年のリルダヴァルと2頭が馬券になっているアグネスタキオン産駒アクションスター。

◯バッドボーイ
▲ヒュウマ
△スミデロキャニオン
△ブレークビーツ
△ダノンシンフォニー


2014年10月4日土曜日

2014スプリンターズSの予想

◎ローブディサージュ(ウォーエンブレム×シングスピール)

今夏の新潟古馬500万クラス以上の芝千二の4レースすべて父ミスプロ系が勝利。父母父や母母父ミスプロ系という馬もよくきている。土曜日の2歳戦2レースでも父か母父ミスプロ系という馬が5頭馬券に。ここ出走はわずかに2頭。中では4頭の勝ち馬と同じサンデーを持たないローブディサージュ。

◯ハクサンムーン
▲ストレイトガール
△アフォード
△グランプリボス
△ベルカント


2014ポートアイランドSの予想

◎アズマシャトル(ゼンノロブロイ×マルゼンスキー)

このレース、近5年中09年から12年までクラウンプリンセス、ダノンヨーヨー、ダンスファンタジア、ゴールスキーと4年続けてニジンスキー系を持つ馬が馬券になっていた。また、今開催の阪神芝マイルではスペシャルウィーク産駒が好成績。そのスペシャルウィークは母父マルゼンスキー。

◯ショウナンワダチ
▲トーセンレーヴ
△ダンスアミーガ
△オリービン
△サトノルパン


2014年10月3日金曜日

2014秋風Sの予想

◎モンストール(アドマイヤマックス×デヒア)

2012年以降準オープンクラスの新潟芝マイル戦は3レースでサクラバクシンオー産駒が2勝。デュランダル産駒が1勝。サクラバクシンオー、デュランダルともその母父がノーザンテーストで自身がマイル、スプリントG1勝ち。父アドマイヤマックスが安田記念2着、高松宮記念1着で母父がノーザンテーストのモンストール。

◯アラフネ
▲マイネルメリエンダ
△キッズニゴウハン
△オメガホームラン
△レッドセシリア


2014シリウスSの予想

◎ケイアイレオーネ(Henny Hughes×Marquetry)

2010年から昨年までの連対馬はすべて父か母父ミスプロ系だった。また、10年のラヴェリータ、11,12年のヤマニンキングリー、昨年のケイアイレオーネといずれも母母父にボールドルーラー系を合わせ持っていた。中では、キングスエンブレム、ヤマニンキングリーとリピーターのよく出るレースということでケイアイレオーネ。

◯ジェベルムーサ
▲グランドシチー
△ナムラビクター
△クリノスターオー
△サトノプリンシパル


2014年9月27日土曜日

2014オールカマーの予想

◎セイクリッドバレー(タニノギムレット×フジキセキ)

先週と土曜日の二千以上の新潟芝内周り5レースではゼンノロブロイ産駒が3頭、ネオユニヴァース産駒が2頭馬券に。母父まで含めるとバブルガムフェロー、スペシャルウィーク、アグネスタキオンなどダートもこなすサンデー系を持つ馬がよくきている。また、チチカステナンゴ産駒やコジーン系など非トニービンのグレイソヴリン系を持つ馬もよくきている。父の母父が非トニービンのグレイソヴリン系クリスタルパレスで、ダートもこなすサンデーのフジキセキが母父のセイクリッドバレーから。

◯カレンブラックヒル
▲フラガラッハ
△アロマティコ
△マイネルメダリスト
△マイネルラクリマ


2014神戸新聞杯の予想

◎ハギノハイブリッド(タニノギムレット×トニービン)

09年1着イコピコ、11年2着ウインバリアシオン、12年2着ロードアクレイム、13年2着マジェスティハーツとトニービンを持つ馬が近5年で4頭連対。また、イコピコ、マジェスティハーツは7番人気、ロードアクレイムは8番人気での好走。ここはトニービンを持つ馬が3頭出走。人気的にも手頃で実績もあるハギノハイブリッド。

◯ワンアンドオンリー
▲ヤマノウィザード
△サトノアラジン
△サウンズオブアース
△トーセンスターダム

2014年9月26日金曜日

2014セプテンバーSの予想

◎カハラビスティー(ダイワメジャー×シアトリカル)

2012年以降、1600万下、オープンクラスの新潟芝千二のレースが組まれていないので、
2013年以降の1000万下クラスを参考にすると、ダンチヒ系、ニジンスキー系、ノーザンテースト系といったノーザンダンサー系を持つ馬がよくきている。また、サンデー、ロベルト、デビルズバッグ問わずターントゥ系を合わせ持つ馬がよくきている。
ダイワメジャー自体がサンデー×ノーザンテースト配合のカハラビスティーから。

◯ユキノアイオロス
▲ロンド
△ヒーラ
△ネロ
△フレイムヘイロー




2014大阪スポーツ杯の予想

◎モエレジュンキン(ゴールドヘイロー×ヒシアリダー)

過去5年のこのレースでは、阪神ダ千四の好走血統ミスプロ系、ストームバード系、ボールドルーラー系、ダンチヒ系を持つ馬が普通に来ている印象。加えて、3着内の馬15頭中11頭は父か母父サンデー系でダート戦にしてはサンデー率は高い印象。サンデー系のゴールドヘイローが父で父母父、母母父がともにミスプロ系のモエレジュンキンから。

◯オメガセニョリーナ
▲グレイスフルリープ
△ホクセツキングオー
△ダノンレジェンド
△タガノミューチャン

2014年9月21日日曜日

2014セントライト記念の予想

◎ラングレー(ディープインパクト×Storm Cat)

今夏の新潟芝二二500万クラス以上の4鞍で4番人気以下で馬券になった7頭中ディープ産駒が2頭、ステイゴールド産駒が2頭、マイナー系ロベルト系種牡馬が2頭となっている。また、ボールドルーラーやミスプロを合わせ持つ馬がよくきている。ここディープ産駒は4頭が出走。中では母父ストームキャット、母母父ミスタープロスペクターでダート寄り血統を合わせ持つラングレーから。

◯サトノフェラーリ
▲ステファノス
△イスラボニータ
△オウケンブラック
△サングラス


2014ローズSの予想

◎レッドオリヴィア(ジャングルポケット×サンデーサイレンス)

2013年9番人気2着のシャトーブランシュ、11年10番人気2着マイネイサベル、7番人気3着キョウワジャンヌ、09年10番人気3着クーデグレイスとトニービンを持つ馬が過去5年で4頭の人気薄好走馬を出している。今年はトニービンを持つ馬が3頭の出走。中では先の4頭いずれもが2勝馬だったことを考えるとレッドオリヴィアが一番あっている感じ。

◯ヌーヴォレコルト
▲プリモンディアル
△ブランネージュ
△アドマイヤビジン
△サングレアル




2014年9月20日土曜日

2014ラジオ日本賞の予想

◎グレートチャールズ(メジロベイリー×アフリート)

2012年以降、1600万下、オープン特別の新潟ダ千八は4レース。馬券になった12頭中11頭が父か母父ミスプロ系だった。中でもキンカメ産駒が3頭で5度、母父アフリートという馬が3頭と目立っている。母父アフリートで未勝利、500万下時代のものとはいえ新潟ダ千八(2.3.0.0)のグレートチャールズから。Targetで調べてみるとこの馬を含めメジロベイリー産駒はなぜか芝でもダートでも新潟コースを得意としている。

◯ツクバコガネオー
▲サトノプリンシパル
△インカンテーション
△ヴァンヌーヴォー
△ジャンナ



2014オークランドレーシングクラブTの予想

◎クラージュドール(キングカメハメハ×サンデーサイレンス)

過去5年、このレースの連対馬の父はサンデー系が不振でミスプロ系かノーザンダンサー系に限られる。とはいえ、母父であったり母母父などにサンデー系をはじめとしたターントゥ系を持つ馬がよくきている。中では、前開催の1000万下2レース、1600万下1レースの3レース全てで馬券になっていたキングカメハメハ産駒のクラージュドール。

◯ブルーチッパー
▲ランドマーキュリー
△カシュカシュ
△マイネルクロップ
△サイモンガーランド

2014年9月14日日曜日

2014京成杯オータムハンデの予想

◎ウイングドウィール(シンボリクリスエス×タイキシャトル)

09年以降、重賞を含む古馬オープンクラスの新潟芝マイル9レース中7レースで父ロベルト系の馬が馬券になっている。ここはシンボリクリスエス産駒3頭が出走予定。中では、ずいぶん外を回っている馬が多いので実績がマイル以上のウイングドウィール。

◯サトノギャラント
▲ミトラ
△エキストラエンド
△クラレント
△シャイニープリンス

2014セントウルSの予想

◎アンバルブライベン(ルールオブロー×スプレンディドモーメント)

近3年で馬券になった9頭中7頭が父か母父ミスプロ系で父か母父が非サンデー系。中ではこのレース2年続けて2着した世界のロードカナロアと同じキングマンボ系×ストームバード系配合のアンバルブライベン。

◯ハクサンムーン
▲マヤノリュウジン
△エピセアローム
△フォーエバーマーク
△リアルヴィーナス




2014年9月13日土曜日

2014紫苑Sの予想

◎レッドラヴィータ(スペシャルウィーク×トニービン)

牝馬で2回開催の新潟芝二千を連対した5頭中4頭がニジンスキー系とサンデー系を合わせ持っていた。他には父ロベルト系、ディープインパクト×フレンチデピュティという馬も2連対ずつしている。サンデー×マルゼンスキーのスペシャルウィーク産駒レッドラヴィータから。

◯ショウナンパンドラ
▲デルフィーノ
△マイネグレヴィル
△マローブルー
△プレミアステイタス


2014エニフSの予想

◎タイセイスティング(ゴールドアリュール×フォーティナイナー)

09年1着のグロリアスノアが父プリサイスエンド、10年2着のトーホウドルチェが父サウスヴィグラス、11年3着ケイアイテンジンが母父フォーティナイナー、12年3着ワールドワイドが父フォーティナイナー、13年2デュアルスウォードが母父エンドスウィープと5年続けて父か母父フォーティナイナー系の馬が馬券になっている。今年は母父フォーティナイナーのタイセイスティングのみの出走。

◯ナリタスーパーワン
▲ガンジス
△ワイドバッハ
△キズマ
△ドレッドノート


2014年9月7日日曜日

2014新潟記念の予想

◎ヴィクトリースター(ディープインパクト×カーリアン)

過去5年で馬券になった15頭中9頭がサンデー×ノーザンダンサー系配合。また、09年から12年まで4年続けてニジンスキー系を持つ馬が連対していた。父がディープ、母父がカーリアンでニジンスキー系のヴィクトリースターから。

◯メイショウナルト
▲マーティンボロ
△ラストインパクト
△ニューダイナスティ
△ユールシンギング


2014小倉2歳Sの予想

◎ロットリー(スウェプトオーヴァーボード×Combat Ready)

ミスプロ系、ボールドルーラー系、サクラバクシンオー系を持つ馬で近5年で馬券になった15頭中12頭を占める。ミスプロ×ボールドルーラー配合のロットリーから。また、土曜日の小倉芝千二の3レース中、2レースで同じ父エンドスウィープ系が連対。

◯スノーエンジェル
▲ノーブルルージュ
△タガノアザガル
△タムロダイチ
△レオパルディナ



2014丹頂Sの予想

◎アドマイヤバラード(ハーツクライ×ヘクタープロテクター)

9月に行われる札幌芝二六オープン特別の09年から12年までの4年で馬券になった12頭中9頭がミスプロ系を持っていた。中では母父がミスプロ系のヘクタープロテクターで今夏の札幌芝二六で結果が出ているハーツクライ産駒のアドマイヤバラードから。

◯モビール
▲サイモントルナーレ
△マイネルジェイド
△フラアンジェリコ
△サイレントメロディ


2014年9月6日土曜日

2014長岡Sの予想

◎アラフネ(クロフネ×サンデーサイレンス)

先週の日曜日の新潟芝マイル戦の新馬、3歳未勝利、新潟2歳Sの3レースではロベルト系、ニジンスキー系、サンデー系、キングマンボ系を持つ馬がよく来ていた。母方がサンデー×キングマンボで5代遡ればロベルトのいるアラフネから。

◯モンストール
▲マイネルメリエンダ
△カオスモス
△ダノンジェラート
△ダンスアミーガ


2014北九州短距離Sの予想

◎マッキーコバルト(ジャングルポケット×ダンスインザダーク)

昨年のこのレースの2着馬。昨年の1着サイレントソニックの母父、3着リトルゲルダの母父父、10年の同時期、同条件の佐世保Sの勝ち馬ブライドルアップの父がUnbridled’s SongでこのUnbridled’s Songの母父がグレイソヴリン系。12年の勝ち馬ツルマルレオンの父母父もトニービンでグレイソヴリン系を持つ馬がよくきている。

◯ニザエモン
▲マイネルエテルネル
△メイショウハガクレ
△ビキニブロンド
△レムミラス

2014札幌2歳Sの予想

◎アルマワイオリ(マツリダゴッホ×ピルサドスキー)

12年のエデンロック、11年のグランデッツァのそれぞれ母方、父方がサンデーサイレンス×ボールドルーラー系と2年続けてこの配合を持つ馬が馬券になっている。今回は父マツリダゴッホが同配合のアルマワイオリのみが該当。11年3着のマイネルロブストとは母母が同じでもある。

◯レッツゴードンキ
▲フォワードカフェ
△スワーヴジョージ
△ミッキーユニバース
△マイネルシュバリエ

2014年8月31日日曜日

2014新潟2歳Sの予想

◎ブリクスト(チチカステナンゴ×フジキセキ)

グレイソヴリン系やチーフズクラウン系、ダンシングブレーヴ系、ニジンスキー系などマイルよりも長いところで活躍しそうな血を持つ馬の人気薄好走の多いレース。父がグレイソヴリン系のチチカステナンゴで母父はイスラボニータ、シンメイフジなどこのレースの好走血統フジキセキのブリクストから。

◯ナヴィオン
▲ワキノヒビキ
△ディアコンチェルト
△アヴニールマルシェ
△コメート


2014小倉日経オープンの予想

◎マックスドリーム(アドマイヤマックス×パラダイスクリーク)

12年の小倉日経オープン、13年の同じ小倉芝千八の小倉大賞典と好走したダローネガ、今年の小倉大賞典で好走したブレイズアトレイルはダイワメジャー産駒。そのダイワメジャーと同じサンデーサイレンス×ノーザンテースト配合のアドマイヤマックス産駒マックスドリームから。母父のパラダイスクリークも小倉芝千八の好走血統ナスルーラでもありピッタリ。

◯フレイムコード
▲サンシャイン
△タムロスカイ
△シゲルササグリ
△ミキノバンジョー

2014キーンランドカップの予想

◎フクノドリーム(ヨハネスブルグ×エルハーブ)

札幌で行われた近5年の4レースではサンデー系の不振と父か母父ノーザンダンサー系の活躍が目立つレース。中ではこのレースの好走歴のある父ダンチヒ系のビービーガルダン、モルトグランデと同じダンチヒ系を母父にもつフクノドリーム。

◯フォーエバーマーク
▲ローブディサージュ
△エイシンブルズアイ
△スマートオリオン
△レッドオーヴァル


2014朱鷺Sの予想

◎アミカブルナンバー(ダイワメジャー×Silver Deputy)

近2年のオープン特別の新潟芝千四の4レースでは、12年の朱鷺S1着レオアクティブ、同年の信越S1着ファイアーフロート、昨年の朱鷺S3着モグモグパクパクの3頭がいずれもストームバード系とサンデーを合わせ持っていた。ここ出走にはストームバード系を持つ馬がいないので、同じ米型ノーザンダンサー系のデピュティミニスター系のSilver Deputyが母父のアミカブルナンバーから。

◯プリムラブルガリス
▲ヒットジャポット
△サクラアドニス
△オリービン
△インプレスウイナー




2014年8月30日土曜日

2014BSN賞の予想

◎ツクバコガネオー(キングカメハメハ×A.P Indy)

古馬準オープンクラス以上の新潟ダ千八ではキングカメハメハ産駒が近3年で3勝。出走馬中ただ1頭のキンカメ産駒ツクバコガネオーから。

◯ジョヴァンニ
▲タイセイスティング
△ヴォーグトルネード
△ランウェイワルツ

2014釜山Sの予想

◎バンブーリバプール(マンハッタンカフェ×ブロッコ)

13年以降の準オープン、オープンクラスの小倉ダ千七は5レースあり馬券になった15頭中13頭はサンデー系を持っていた。合わせてミスプロ系、ボールドルーラー系、ヴァイスリージェント系などのダート血統を持つ馬がよくきている。父がマンハッタンカフェで母方がクリスエス系×ミスプロ系でダート色の濃い血統のバンブーリバプールから。

◯キングヒーロー
▲ベルサリエーレ
△レックスパレード
△サクラブライアンズ


2014年8月24日日曜日

2014NST賞の予想

◎キズマ(Discreet Cat×ジェイドロバリー)

近年の新潟ダ千二(準オープンクラス以上)では父か母父にミスプロ系の馬が最低1頭は連対。合わせてストームバード系やヴァイスリージェント系など米系ノーザンダンサー系やダート寄りサンデー系種牡馬、ダンチヒ系など芝要素の薄い配合がよさそう。父がストームバード系で母父ミスプロ系のキズマから。

◯ダッシャーワン
▲キクノストーム
△シセイオウジ
△アスコットシチー
△フィールドシャイン

2014北九州記念の予想

◎アルマリンピア(タイキシャトル×ブライアンズタイム)

近2年のこのレースではロベルト系、サンデー系といったターントゥ系が父か母父という馬のワンツースリーとなっている。サンデーではないが同じヘイロー系のタイキシャトルが父のアルマリンピアから。過去に小倉芝千二での好走歴がある。前走条件クラス勝ちの馬が好走するという2つのレース傾向とも合致。

◯エピセアローム
▲バーバラ
△スギノエンデバー
△メイショウイザヨイ
△ニンジャ

2014札幌記念の予想

◎ムーンリットレイク(ディープインパクト×Sinndar)

09年から12年までの札幌記念の3着内馬12頭中半数以上の7頭がサンデー系×ノーザンダンサー系配合。中では1回開催の札幌芝二千(下級条件ばかりだが)で4割超の連対率のディープインパクト産駒で母父がダンチヒ系のSinndarのムーンリットレイクから。母父のSinndarはダンチヒ系の中でも中長距離型のダンチヒ系なので北海道の芝も合いそう。

◯ハープスター
▲トウカイパラダイス
△ロゴタイプ
△タマモベストプレイ
△ゴールドシップ

2014年8月23日土曜日

2014日本海Sの予想

◎ブリッジクライム(ゼンノロブロイ×ボストンハーバー)

時期が変わったり、ハンデ戦から定量戦へ変わったりしているが、過去2年のこのレースではヴァイスリージェント系やボールドルーラー系などダート色の強い系統を持った芝の実績馬が好走しているイメージ。母父ボストンハーバーがボールドルーラー系のブリッジクライムから。

◯フレージャパン
▲アロヒラニ
△トラストワン
△ヒラボクビクトリー
△エスオンマイチェス



2014TVh賞の予想

◎ミエノワンダー(グラスワンダー×サンデーサイレンス)

09年から今年の札幌競馬場グランドオープン記念までの札幌芝二千の準オープンクラスの5レースの連対馬10頭は父サンデー系かロベルト系かグレイソヴリン系に限られる。中ではここ出走1頭のロベルト系×サンデーのミエノワンダー。古いところで同じ札幌芝二千の札幌記念で同産駒のサクラメガワンダーやアーネストリーも好走している。

◯サクラボールド
▲シャドウパーティー
△エーシングングン
△サムソンズプライド
△アズマシャトル

2014年8月17日日曜日

2014関屋記念の予想

◎ティアップゴールド(クロフネ×Machiavellian)

過去5年の関屋記念を5番人気以下で好走したエーシンリターンズ、スピリタス、レッツゴーキリシマ、リザーブカード、マイネルスケルツィの5頭はいずれもサンデーを持っていなかった。今年の該当馬は4頭。中ではマイネルスケルツィの半弟ティアップゴールド。

◯サンレイレーザー
▲シャイニープリンス
△マジェスティハーツ
△エキストラエンド
△ダノンシャーク

2014阿蘇Sの予想

◎ナリタシルクロード(スペシャルウィーク×A.P.Indy)

近年、重、不良で行われた準オープンクラス以上の小倉ダ千七は13年の釜山S(1600万下)と12年の阿蘇S。13年釜山S2着タイセイシュバリエ、3着ケイトの母はいずれもサンデーサイレンス系×ボールドルーラー系配合。また、12年阿蘇Sの勝ち馬グレープブランデーはマンハッタンカフェ×ジャッジアンジェルーチでこれもサンデー系×ボールドルーラー系配合となっており、この配合を持つ馬がよくきている。

◯トウシンイーグル
▲メイショウコロンボ
△マイネルバイカ
△ケイアイレオーネ
△クロフネサプライズ


2014UHB賞の予想

◎サクラゴスペル(サクラプレジデント×Cure the Blues)

今開催の古馬500万下以上の札幌芝千二の連対馬を見てみるとスウィフトカレント産駒、サクラプレジデント産駒、スパイキュール産駒などマイナーサンデー系の産駒がよく来ている。ミスプロ系やボールドルーラー系などダート色の血を持つ馬もよく来ており、母母父がシアトルスルーでボールドルーラー系を持っているのも開催傾向に合う。

◯エポワス
▲スマートオリオン
△クリスマス
△マヤノリュウジン
△ビウイッチアス



2014年8月16日土曜日

2014新潟日報賞の予想

◎マジックタイム(ハーツクライ×ブライアンズタイム)

2013年以降、新潟芝千四の1600万、オープン特別競争で人気薄(5番人気以下)で馬券になった6頭中4頭はグレイソヴリン系を持っていた。中では父ハーツクライの母父がトニービンでグレイソヴリン系のマジックタイム。2歳時のものではあるが全2勝は新潟芝コース。

◯モグモグパクパク
▲マイネボヌール
△サマールナ
△カオスモス
△プランスデトワール

2014博多Sの予想

◎ローレルブレット(サムライハート×テンビー)

2012年以降の小倉芝二千、準オープンクラス以上では父サンデー系が3着内を占める割合が80%。今開催も同様に古馬500万以上の4レースで3着内12頭中10頭が父サンデー系。中では母父テンビーがニジンスキー系で父母父トニービンとこのコースの人気薄好走血統を2本持つローレルブレット。

◯アドマイヤギャラン
▲ダノンフェニックス
△マイネルアイザック
△プリンセスジャック
△サトノジュピター

2014年8月10日日曜日

2014レパードSの予想

◎スピナッチ(ゼンノロブロイ×Machiavelian)

過去4年のこのレースで馬券になった12頭すべて、父か母父にミスプロ系かボールドルーラー系かデピュティミニスター系を持っていた。母父Machiavelianがミスプロ系で昨年のこのレースの勝ち馬インカンテーションの半妹スピナッチから。

◯レッドアルヴィス
▲ノースショアビーチ
△ランウェイワルツ
△アスカノロマン
△メイショウイチオシ

2014小倉記念の予想

◎タガノグーフォ(ネオユニヴァース×ダンシングブレーヴ)

過去5年のこのレース、4番人気以下で馬券になった9頭すべてトニービン系かニジンスキー系を持っていた。母母父がカーリアンでニジンスキー系のタガノグーフォから。

◯メイショウナルト
▲サトノノブレス
△ラストインパクト
△マーティンボロ
△ニューダイナスティ

2014札幌日経オープンの予想

◎アドマイヤバラード(ハーツクライ×ヘクタープロテクター)

2011年から12年の札幌芝二六のオープン特別競走は11年から12年の札幌日経オープンと2012年の丹頂Sの3レース。それらのレースで5番人気以下で馬券になった馬は
ゴールデンハインド(母父 Seeking the Gold)、メイショウクオリア(母母父 Mr.Prospector)、フミノヤマビコ(母父 Fappiano)、 メーヴェ(父母父 Gone West)、セイカプレスト(父イーグルカフェ)の5頭でミスプロ系を持つ馬がよく来ている。
母父ヘクタープロテクターがミスプロ系のアドマイヤバラードから。

◯シンボリエンパイア
▲サイモントルナーレ
△ラブラドライト
△バンデ
△クリールカイザー

 

2014年8月9日土曜日

2014越後Sの予想

◎ナリタシーズン(フレンチデピュティ×スキャン)

過去2年、新潟ダ千二準オープンクラスでは父か母父ミスプロ系かデピュティミニスター系という馬が3着内に占める割合が概ね8割。
父がデピュティミニスター系で母父がミスプロ系のナリタシーズンから。馬場状態を加味すると追い込み一手の脚質は不安だが、500万下、1000万下の勝ち上がりはいずれも新潟ダ千二。

◯ヤマノサファイア
▲エーシンゴージャス
△マルヴァーンヒルズ
△タマブラックホール
△ホクセツキングオー

2014年8月3日日曜日

2014アイビスサマーダッシュの予想

◎リトルゲルダ(Closing Argument×Buddha)

父エンドスウィープ系の馬が2連覇中。父か母父サクラバクシンオーの馬が2年連続連対中。ファピアノ系、ボールドルーラー系を持つ馬も2年連続馬券になっている。また、ファルブラヴ産駒は3年連続で馬券に。そして、何より父、母父、父母父、母母父にマンノウォー系を持つ馬が5年続けて馬券に。ここ出走唯一マンノウォー系を持つのが昨年の3着馬で父がマンノウォー系のリトルゲルダ。

◯シャイニーホーク
▲フクノドリーム
△パドトロワ
△デュアルスウォード
△ローブドヴルール

2014佐世保Sの予想

◎エーシンシャラク(タイキシャトル×Storm Cat)

昨年のこのレースで8番人気3着したメイショウツガルの母方がMountain Cat×Devil’s Bagでストームキャット系×デヴィルズバッグ系配合。この馬は父タイキシャトルがデヴィルズバッグ系で母父ストームキャット。土曜日に2レースあった500万下の小倉芝千二でも母父タイキシャトルが2連対で内1頭は母方がタイキシャトル×ストームキャット配合。

◯メイショウハガクレ
▲シゲルスダチ
△マイネルエテルネル
△ニコールバローズ
△レムミラス

2014クイーンSの予想

◎アロマティコ(キングカメハメハ×サンデーサイレンス)

2012年は母父キングマンボ系のワンツースリー決着。土曜日の札幌芝千八の500万下、1000万下のレースでもそれぞれ1,3着馬は父か母父キングマンボ系だった。今年はケイアイエレガント、アロマティコ、ディアデラマドレの3頭がキンカメ産駒。中では夏実績の高いアロマティコ。

◯ディアデラマドレ
▲ケイアイエレガント
△サンシャイン
△フィロパトール
△オツウ

2014年8月2日土曜日

2014佐渡Sの予想

◎ケイアイチョウサン(ステイゴールド×シンボリクリスエス)

サッカーボーイ産駒やステイゴールド産駒などディクタス系を持つ馬の好走が多いコース。ここ出走唯一のステイゴールド産駒ケイアイチョウサンから。

◯ダノンフェニックス
▲クイーンオリーブ
△ベストディール
△ファントムライト
△トウシンモンステラ

2014KBC杯の予想

◎マイネルクロップ(クロフネ×サンデーサイレンス)

2012年以降準オープンクラスの小倉ダ千七は8レース。その内の7レースでヴァイスリージェント系を持つ馬が1頭は馬券になっている。ここは父クロフネのマイネルクロップ1頭。

◯アイムヒアー
▲ワンダーアシャード
△アントニオピサ
△サクラブライアンズ
△クラージュドール

2014札幌日刊スポーツ杯の予想

◎マイネサヴァラン(マンハッタンカフェ×マイネルラヴ)

2010年から2012年までの札幌日刊スポーツ杯では父か母父ミスプロ系の馬が3年連続連対中。天候馬場状態、クラスは異なるが先週の古馬500万下、3歳未勝利戦の札幌芝千二でも馬券になった馬6頭全て父か母父ミスプロ系だった。中では先週6頭中3頭が持っていたシーキングザゴールド系を持つマイネサヴァラン。

◯レッドオーヴァル
▲ブルーストーン
△モズハツコイ
△エイシンオルドス
△ダイメイザクラ

2014年7月27日日曜日

2014福島テレビオープンの予想

◎レッドレイヴン(Smart Strike×Silver Hawk)

グラスワンダー産駒のミキノバンジョーとシルクアーネストが連勝中のレース。グラスワンダーの父がSilver Hawk。ここ出走唯一シルバーホーク系を持つのがレッドレイヴン。

◯スピリタス
▲セイルラージ
△メイショウサミット
△マウントシャスタ
△ドリームバスケット

2014中京記念の予想

◎ミッキードリーム(キングカメハメハ×サンデーサイレンス)

過去2年のこのレース1着はフラガラッハが連覇。2着はキングカメハメハ産駒のショウリュウムーンとミッキードリーム。3着は母父がリファール系のトライアンフマーチと母母父がリファール系のリルダヴァルと傾向ははっきり。中では古馬500万以上の中京芝千六の複勝率が5割超えのキンカメ×サンデー配合、ミッキードリームから。

◯フラガラッハ
▲クラレント
△マジェスティハーツ
△ブレイズアトレイル

2014エルムSの予想

◎グランプリブラッド(ディープインパクト×ブライアンズタイム)

11年は1着がシンボリクリスエス産駒のランフォルセで、2着のオーロマイスターが母父ロベルト系、12年は母父ブライアンズタイムのエスポワールシチーとグランドシチーが2,3着で近2年の札幌でのエルムSでは父か母父ロベルト系の馬が2頭馬券圏内に。
今年はシンボリクリスエス産駒のソロルと母父ブライアンズタイムのグランプリブラッドだけ。直近の12年に結果を出している母父ブライアンズタイムのグランプリブラッドから。

◯ソロル
▲ローマンレジェンド
△アスカクリチャン
△エーシンモアオバー
△インカンテーション

2014年7月26日土曜日

2014桶狭間Sの予想

◎ナリタシーズン(フレンチデピュティ×スキャン)

過去2年の桶狭間Sで馬券になった6頭中5頭がセントサイモン系を父母父、母母父に、また4頭は父か母父、父母父にミスプロ系を持っていた。
一昨年のこのレースの勝ち馬エアウルフと同じフレンチデピュティ産駒で母父がミスプロ系のスキャン、父母父、母母父が共にセントサイモン系のナリタシーズンから。休み明けの4月の福島戦から4走続けて上がり1位を記録中でもあり。

◯ヤマノサファイア
▲シンキングマシーン
△タマブラックホール
△アスコットシチー
△ミッキーヘネシー

2014札幌競馬場グランドオープン記念の予想

◎サクラボールド(オペラハウス×サクラユタカオー)

2011、2012年の1000万、1600万クラスの札幌芝二千で4番人気以下で馬券になった馬が8頭。内、半数の4頭が父か母父にサドラーズウェルズ系かグレイソヴリン系を持っていた。また、その8頭中5頭がサンデーを持っていなかった。今回は父サドラー系がメイショウサムソン産駒サムソンズプライド、オペラハウス産駒サクラボールド、母父サドラーズウェルズがスーパームーン、父グレイソヴリン系がジャングルポケット産駒のエーシングングンの4頭。中ではサンデー色のないサクラボールド。札幌芝は初になるが、函館芝は(1.3.0.0)。

◯スーパームーン
▲サムソンズプライド
△エーシングングン
△シャドウパーティー
△ホーカーテンペスト

2014年7月20日日曜日

2014バーデンバーデンカップの予想

◎ブルーデジャブ(アドマイヤコジーン×サクラローレル)

昨年のこのレース6番人気2着のハノハノがアドマイヤコジーン産駒、一昨年6番人気3着のケイアイアストンが母母父Standaanでグレイソヴリン系を持つ馬が2年続けて人気薄好走馬を出している。中ではハノハノと同じアドマイヤコジーン産駒ブルーデジャブ。

◯ニンジャ
▲アンバルブライベン
△ミヤジエムジェイ
△バーバラ
△コウヨウアレス


2014ジュライSの予想

◎ジョヴァンニ(アドマイヤムーン×Kingmambo)

昨年の1,3着スタッドジェルラン、アイファーソングがキンカメ産駒とソングオブウインド産駒で一昨年の2着トウショウフリークの父もキングカメハメハでキングマンボ系の馬が2年で3頭の馬券圏内馬を出している。中では昨年の勝ち馬スタッドジェルランと同じミスプロ×ミスプロ配合のジョヴァンニから。

◯マイネルバイカ
▲クリノヒマラヤオー
△ヴォーグトルネード
△ハートビートソング
△スズカセクレターボ


2014函館記念の予想

◎サクラアルディート(ディープインパクト×マルゼンスキー)

2013年1着 トウケイヘイロー(母母父ノーザンテースト)
2013年2着 アンコイルド(母父Alzao、父母父ブラッシンググルーム系)
2013年3着 アスカクリチャン(母父ノーザンテースト系、母母父ニジンスキー系)
2012年1着 トランスワープ(母母父ノーザンテースト)
2012年2着 イケトップガン(父母父ブラッシンググルーム)
2013年3着 ミッキーパンプキン(母父Alzao、父母父ニジンスキー)

ノーザンテースト系、ニジンスキー系、ブラッシンググルーム系、Alzaoを持つ馬が2年続けて馬券圏内を独占中。これら好走血統を母父マルゼンスキー、父母父Alzaoと2本持っているサクラアルディートから。

◯アンコイルド
▲アスカクリチャン
△ゼロス
△ダークシャドウ
△トウカイパラダイス



2014年7月19日土曜日

2014安達太良Sの予想

◎リキサンステルス(マンハッタンカフェ×トニービン)

先週日曜日の古馬500万、1000万クラスの福島ダ千七の2レースの3着内馬6頭全て父か母父、母母父にサンデー系を持っていた。父サンデー系はここ出走ただ1頭のリキサンステルスから。

◯ナリタハリケーン
▲ブラインドサイド
△コスモパルダ
△セイカフォルトゥナ
△サイモンガーランド

2014マレーシアカップの予想

◎トーシンイーグル(ハーツクライ×Seattle Slew)

2012年以降、古馬準オープンクラス以上の中京芝二千のレース(1600万クラスの関ヶ原S、重賞の中日新聞杯、金鯱賞、愛知杯)は9レース行われたが、その内の8レースでディープ産駒かハーツクライ産駒が必ず1頭は3着内に来ている。唯一のハーツクライ産駒トーシンイーグルから。

◯クランモンタナ
▲アトム
△マイネルアイザック
△リヤンドファミユ
△ダノンフェニックス

2014函館2歳Sの予想

◎タケルオウジ(スウェプトオーヴァーボード×タニノギムレット)

2011年1着 ファインチョイス(父アドマイヤムーン)
2012年2着 コスモシルバード(父スウェプトオーヴァーボード)
2013年2着 プラチナティアラ(父プリサイスエンド)
2013年3着 トーセンシルエット(母父スウェプトオーヴァーボード)

3年連続で父か母父エンドスウィープ系の馬が好走中。今年は母父エンドスウィープのキッズライトオンと父スウェプトオーヴァーボードのタケルオウジの2頭がこの系統を持つ。中では母母エンゼルカロがこのレースの勝ち馬のタケルオウジ。

◯キッズライトオン
▲マイネルエスパス
△アンブリカル
△トウショウピスト
△アクティブミノル

2014年7月13日日曜日

2014七夕賞の予想

◎ダコール(ディープインパクト×Unbridled)

近5年の福島開催での七夕賞では昨年2着のトレイルブレイザー、一昨年1着のアスカクリチャン、2010年1着のドモナラズ、2009年、10年連続2着のアルコセニョーラと人気薄で連対した馬はすべて父か母父ミスプロ系だった。今年はダコール、セイカプレスト、ラブリーデイ、アドマイヤブルーの4頭が父か母父ミスプロ系。そこそこ人気はありそうだが同じミスプロ系でもトレイルブレイザーのフォーティナイナーやアスカクリチャン、ドモナラズのアフリート系とイメージが合うのはファピアノ系のUnbridled。

◯セイカプレスト
▲ラブリーデイ
△アドマイヤブルー
△マイネルラクリマ
△グランデスバル

2014マリーンSの予想

◎ツクバコガネオー(キングカメハメハ×A.P Indy)

昨年2着ナリタシルクロードの母父がエーピーインディ、一昨年2着のアドバンスウェイの母父がCapote、11年2着テスタマッタの父がTapitでボールドルーラー系を父か母父に持つ馬が近3年で3連対。今回のメンバーでは昨年3着の実績がある母父エーピーインディのツクバコガネオーだけ。相手は土曜日の函館ダ千七4鞍でパーフェクト連対のサンデー系を中心に。

◯サトノプライマシー
▲ヒルノマドリード
△エーシンモアオバー
△グランプリブラッド
△サンビスタ

2014プロキオンSの予想

◎シルクフォーチュン(ゴールドアリュール×Alwuhush)

過去2年の連対馬アドマイヤロイヤル、セイクリムズン、トシキャンディはいずれも父か母父にサンデー系で3代内にノーザンダンサー系を2本持っていた。ここではガンジス、シルクフォーチュン、アドマイヤロイヤル、ゴールスキーが該当。中では昨年のこのレースコンマ2差5着の実績があるシルクフォーチュン。

◯ゴールスキー
▲アドマイヤロイヤル
△ガンジス
△ベストウォーリア
△キョウワダッフィー

2014年7月12日土曜日

2014五稜郭Sの予想

◎フランジェリコ(ネオユニヴァース×ジャッジアンジェルーチ)

先週の1000万クラス、オープン特別の函館芝千八で3着内に来た馬は父サンデー系か父キングカメハメハで独占。ここも父サンデー系から昨年の同じ函館芝千八の準オープン競走で3着と好走歴のあるフラアンジェリコで。

◯レッドセシリア
▲ダイシンブラック
△ツルミプラチナム
△スマートリバティー
△エアアンセム


2014豊明Sの予想

◎サマールナ(アドマイヤムーン×サクラユタカオー)

中京芝千四の好走血統エンドスウィープ系とプリンスリーギフト系配合。

◯プリムラブルガリス
▲アイムヒアー
△モグモグパクパク
△ロードガルーダ
△マイネルアダマス




2014天の川Sの予想

◎アップルジャック(アポインテッドデイ×アサティス)

福島芝千八で行われる古馬準オープンクラス以上のレースは春の福島牝馬S、夏の福島テレビオープンと昨年からこの天の川S。
2012年、13年の福島牝馬Sを連覇したオールザットジャズがタニノギムレット産駒、今年の勝ち馬ケイアイエレガントは母母父がRobert。
2012年、13年の福島テレビオープンではミキノバンジョー、シルクアーネストとグラスワンダー産駒が連勝中。
昨年の天の川Sではシンボリクリスエス産駒のメイショウサミットが1着と勝ち馬はすべてロベルト系を持っていた。
ここでは福島芝(2.1.3.1)のアップルジャックで。

◯ケイアイチョウサン
▲ウイングドウィール
△ゼンノルジェロ
△パワースポット
△ブリッジクライム


2014年7月6日日曜日

2014ラジオNIKKEI賞の予想

◎ベストドリーム(メイショウサムソン×サニーブライアン)

12年の16番人気3着のオペラダンシング、10年の6番人気3着のレトとサドラーズウェルズ系とダンシングブレーブ系を合わせ持つ馬が過去5年で2頭の人気薄好走馬を出している。今年は父メイショウサムソンがオペラハウス×ダンシングブレーブのベストドリームのみ。母父サニーブライアンも福島芝の千八、二千の重賞競走と好相性のロベルト系。

◯ウインフェニックス
▲メドウヒルズ
△ブレイヴリー
△ショウナンワダチ
△イダス

2014 CBC賞の予想

◎スイートジュエリー(キングカメハメハ×Salt Lake)

マジンプロスパーが2連覇中のこのレース、その2,3着は昨年がアドマイヤムーン産駒のハクサンムーンとストーミングホーム産駒のサドンストーム、一昨年は母父キングマンボのスプリングサンダーと母父ミスワキのダッシャーゴーゴーで父か母父ミスプロ系の馬で占められている。
今年は父か母父にミスプロ系という馬が6頭出走。中では近2年のこのレースで唯一人気薄好走のスプリングサンダー(クロフネ×Kingmambo)と同じキングマンボ系×デピュティミニスター系配合のスイートジュエリー。

◯ワキノブレイブ
▲トーホウアマポーラ
△ルナフォンターナ
△ブルーデジャブ
△マヤノリュウジン

2014巴賞の予想

◎アロマティコ(キングカメハメハ×サンデーサイレンス)

土曜日に行われた未勝利、500万下、1000万下の芝千八、二千の3レースすべて、3着内は父サンデー系2頭とキンカメ産駒が1頭という組み合わせ。ここまではっきりしているのなら、土曜の傾向にそってキングカメハメハ産駒から。ここはゼロスとアロマティコの2頭が出走。中では全5勝中直近の3勝が休み明けでのものであったアロマティコから。

◯ゼロス
▲サンディエゴシチー
△シゲルササグリ
△セイルラージ
△アンコイルド

2014年7月4日金曜日

2014TVh杯の予想

◎チャーチクワイア(ネオユニヴァース×フレンチデピュティ)

昨年の1,2着馬ファインチョイス、アットウィルがアドマイヤムーン産駒。そのアドマイヤムーンはエンドスウィープ×サンデーサイレンス配合。一昨年の勝ち馬フォーエバーマークの母方はダンスインザダーク×Affirmedでサンデーサイレンス系×ネイティブダンサー系配合を持つ馬が過去2年で3連対。今年はサンデーサイレンス×Krisのネオユニヴァース産駒チャーチクワイアと自身がキンカメ×アグネスタキオンのエルカミーノレアルが該当。開催4週目で少し時計もかかってきたので千四、千六実績のあるチャーチクワイアから。

◯エルカミーノレアル
▲ニザエモン
△ブルーストーン
△ブランダムール
△ゴーハンティング

2014白川郷Sの予想

◎バトードール(クロフネ×サンデーサイレンス)

昨年のこのレース2着スズカルーセントの母父がデピュティミニスター系のSillver Deputyで父母父がヌレイエフ。一昨年2着のバトードールもデピュティミニスター系のクロフネが父で母母父にヌレイエフとデピュティミニスター系とヌレイエフ系を合わせ持つ馬が2年続けて連対中。今年は一昨年2着のバトードールだけが該当。

◯ブラインドサイド
▲サトノプリンシパル
△ワンダーアシャード
△コルージャ
△メイショウコンカー

2014テレビユー福島賞の予想

◎ジャベリン(ムーンバラッド×ジェイドロバリー)

このレース昨年2着のヤマニンパピオネの母父がジェイドロバリーで母母父がダンチヒ、一昨年2着のニシノステディーがダンチヒ系のグランデラ産駒で母父がジェイドロバリー。ダンチヒ系とジェイドロバリーを持つ配合の馬が2年続けて連対中。母父がジェイドロバリーで父母父がダンチヒ系のシャーディーのジャベリンから。

◯シルクオフィサー
▲ダノンエレガント
△バートラムガーデン
△カハラビスティー
△アビリティラヴ
△プレイズエターナル

2014年6月29日日曜日

2014宝塚記念の予想

◎フェイムゲーム(ハーツクライ×アレミロード)

ショウナンマイティと同じ母父リボー系でルーラーシップ、アーネストリーの母父トニービンが父母父で、ステイゴールド産駒は近5年で4勝しているがその母父ディクタスが母母父に入っていて、近年のこのレースの好走馬の血統を固めたフェイムゲームから。

◯ゴールドシップ
▲メイショウマンボ
△トーセンジョーダン
△ウインバリアシオン
△カレンミロティック

2014パラダイスSの予想

◎ゴールデンナンバー(ダイワメジャー×Selkirk)

2012年以降、東京芝千四で行われた古馬オープンクラスのレースは6レース。12年の京王杯スプリングカップとオーロカップで父フサイチコンコルドのインプレスウイナー、13年の京王杯スプリングカップでは母父ジェネラスのガルボ、13年のパラダイスSと今年の京王杯スプリングカップで父母父がカーリアンのレッドスパーダが3着内に来ており、6レース中5レースでカーリアン系を持つ馬が馬券圏内に好走。
ここ出走はインプレスウイナーと母母父がカーリアンのゴールデンナンバーの2頭。12年を最後に得意の東京芝千四に4度出走して結果が出ていないインプレスウイナーよりはゴールデンナンバーで。

◯インプレスウイナー
▲レオアクティブ
△ミトラ
△アルフレード
△クッカーニャ

2014大沼Sの予想

◎フィールドシャイン(サクラバクシンオー×ブライアンズタイム)

昨年の勝ち馬マカニビスティーの母方がブライアンズタイム×デピュティミニスター、一昨年の勝ち馬スマートタイタンがタニノギムレット×Silver Deputyで2年連続でブライアンズタイム系×デピュティミニスター系配合を持つ馬が勝利。連対実績が千二のみではあるが、マカニビスティーと同じく母方がブライアンズタイム×デピュティミニスターのフィールドシャインから。

◯グランプリブラッド
▲クリソライト
△ケイアイレオーネ
△フリートストリート
△ナリタシルクロード

2014年6月28日土曜日

2014三宮Sの予想

◎ゴーイングパワー(サクラバクシンオー×フジキセキ)

一昨年が母方がフジキセキ×フォーティナイナーのゴーイングパワー、昨年がクリストワイニング×フジキセキのクランチタイムがいずれも2着しているレースで、フジキセキ×フォーティナイナー系を持つ馬が2年続けて連対中。今年、該当するのは一昨年も好走のゴーイングパワーのみ。

◯ドリームコンサート
▲サマリーズ
△ナリタシーズン
△カフェシュプリーム
△メイショウゾンビ

2014夏至Sの予想

◎クラージュドール(キングカメハメハ×サンデーサイレンス)

ここ出走のセイカフォルトゥナが逃げた2月の白嶺S、5月の薫風Sがともに勝ちタイムが35秒台に突入。その2レースでともに6番人気で連対したパワースポット、サトノプライマシーがサンデーとミスプロを合わせ持っていた。中では現級勝ちのあるクラージュドール。

◯ナリタハリケーン
▲オメガスカイツリー
△シンボリエンパイア
△トロワボヌール
△オメガセニョリーナ
△タナトス

2014年6月22日日曜日

2014ユニコーンSの予想

◎バンズーム(シンボリクリスエス×サンデーサイレンス)

近4年のこのレースの3着内馬13頭の内、父か母父デピュティミニスター系か父、母父、父母父、母母父にボールドルーラー系を持つ馬が10頭を占める。近3年では2頭ずつ馬券になっているボールドルーラー系を父母父に持つバンズームから。

◯アジアエクスプレス
▲アンズチャン
△ペアン
△ワイルドダラー
△タガノエッヴィーバ
△コーリンベリー

2014米子Sの予想

◎コスモソーンパーク(ロージズインメイ×ジェニュイン)

古馬OPクラスの阪神芝マイルは六甲S、米子S、ポートアイランドS、リゲルSと年4回。2012年以降今年の六甲Sまで9レース行われたが、内7レースでグレイソヴリン系を持つ馬が必ず1頭は3着内に来ている。昨年暮れのリゲルS、二桁人気で3着の実績がある母母父トニービンのコスモソーンパークから。

◯サンレイレーザー
▲オリービン
△ブレイズアトレイル
△サンライズメジャー
△リルダヴァル

2014函館スプリントSの予想

◎セイコーライコウ(クロフネ×サンデーサイレンス)

2012年以降、OPクラスの函館芝千二で、4番人気以下で馬券になった馬は以下の5頭で6回。
ビスカヤ(コマンダーインチーフ×セイントバラード)
フォーエバーマーク(ファルブラヴ×ダンスインザダーク)
パドトロワ(スウェプトオーヴァーボード×フジキセキ)
シュプリームギフト(ディープインパクト×Souvenir Copy)
ビウイッチアス(ダイワメジャー×Gulch)

ノーザンダンサー系×ヘイロー系(サンデー系含む)が2頭、サンデー系×ミスプロ系が3頭。
クロフネとファルブラヴ、コマンダーインチーフでは少しずれてる感はあるが、一応、ノーザンダンサー系×サンデー配合であるセイコーライコウ。母母父がシーキングザゴールドなので、母方はサンデー×ミスプロ系配合でもある。

◯フォーエバーマーク
▲ストレイトガール
△ガルボ
△ツインクルスター
△クリスマス
△ローブディサージュ
△ヤマニンプチガトー


2014年6月21日土曜日

2014天保山Sの予想

◎デュアルスウォード(デュランダル×エンドスウィープ)

2012年以降の阪神ダ千四のオープン特別競争では父か母父にミスプロ系を持つ馬の3着内占有率が約60%。中では先週の準オープン競走で勝利したキョウエイアシュラの父スウェプトオーヴァーボードと同じエンドスウィープ系を母父に持つデュアルスウォード。昨年秋、同条件のエニフSを2着した時と同じ新潟千直からの臨戦過程というのもよい。

◯ウォータールルド
▲ナリタスーパーワン
△ナリタスプリング
△エーシンビートロン
△ボレアス

2014ジューンSの予想

◎ソルレヴァンテ(キングカメハメハ×トニービン)

ルーラーシップ、ソウルフルボイスと同じキンカメ×トニービン配合。この2頭とソルレヴァンテなどを含めてこの配合の馬の東京芝二千の成績はこの5年で(2.3.2.3)連対率5割、複勝率7割。

◯ステラウインド
▲ラウンドワールド
△クランモンタナ
△リヤンドファミユ
△サムソンズプライド

2014年6月14日土曜日

2014エプソムカップの予想

◎アーデント(ディープインパクト×Kaldoun)

昨年3着のサンレイレーザーの母父がコジーン、一昨年3着のマイネルスターリーの父がスターオブコジーンで非トニービンのグレイソヴリン系を持つ馬が2年続けて人気薄で馬券になっている。今年は母父Kaldounのアーデントだけが該当。ディープ産駒も2012年はトーセンレーヴ、ダノンシャークでワンツー実績もある。

◯カルドブレッサ
▲マジェスティハーツ
△ゴールデンナンバー
△ディサイファ
△マイネルラクリマ

2014マーメイドSの予想

◎サンシャイン(ハーツクライ×Pistolet Bleu)

2012年7番人気2着のクリスマスキャロルが母父トニービン、2011年7番人気2着のブロードストリートが母父コジーン。その前年も母父トニービンのテイエムオーロラが3着でグレイソヴリン系を持つ馬が毎年のように好走しているレース。この馬は父母父がトニービン。

◯シャトーブランシュ
▲アイスフォーリス
△サトノジュピター
△フーラブライド
△メイショウキラリ

2014年6月13日金曜日

2014アハルテケSの予想

◎ナイトフッド(シンボリクリスエス×サンデーサイレンス)

2012年はブライアンズタイム産駒のバーディバーディが1着、昨年はシンボリクリスエス産駒のダノンカモンが1着で父ロベルト系の馬が連勝中。このレースでは父ロベルト系はナイトフッド1頭だけ。

◯ベストウォーリア
▲ツクバコガネオー
△アメリカンウイナー
△カネトシイナーシャ
△サトノプライマシー


2014安芸Sの予想

◎ナリタシーズン(フレンチデピュティ×スキャン)

今年の準オープンクラス以上の阪神ダ千四の4レースで父ストームキャット系やデピュティミニスター系といった米系ノーザンダンサー系の馬が必ず1頭は馬券になっている。
父フレンチデピュティ、母父がミスプロ系、母母父Princequillo系でこのコースで何度も好走のエアウルフとほぼ同じ血統構成のナリタシーズンから。

◯グレイスフルリープ
▲エーシンクルゼ
△アフリカンハンター
△ヤマノサファイア
△ゴーイングパワー

2014年6月7日土曜日

2014安田記念の予想

◎エキストラエンド(ディープインパクト×Garde Royale)

昨年二桁人気3着のダノンシャークがディープ産駒で母母父にネヴァベンド系のShirey Heights、11年9番人気1着のリアルインパクトがディープ産駒、12年二桁人気3着のコスモセンサーが母父リヴリアでこれもネヴァベンド系。ディープ産駒で母父Garde Royaleがネヴァベンド系のエキストラエンドから。

◯グランプリボス
▲ミッキーアイル
△ダノンシャーク
△フィエロ
△ジャスタウェイ

2014垂水Sの予想

◎エーシングングン(ジャングルポケット×サンデーサイレンス)

二千の内周りで条件は異なるが土曜日の鳴尾記念で母父トニービンのフラガラッハが10番人気で3着、同じ芝千八の1000万下、三木特別では母母父トニービンのマルタカシクレノンが8番人気で2着とトニービン系を持つ馬が古馬の芝のレースで続けて穴を提供。ここでは唯一のトニービン系、父ジャングルポケットのエーシングングンから。

◯マコトブリジャール
▲トーセンソレイユ
△アドマイヤドバイ
△フレージャパン
△ドリームトレイン

2014鳴尾記念の予想

◎サクラアルディート(ディープインパクト×マルゼンスキー)

昨年7番人気2着のエクスペディションがステイゴールド×Lyphard、一昨年5番人気3着のトーセンラーの父ディープインパクトがサンデーサイレンス×リファール系配合で、2年続けてサンデー、リファールをあわせ持つ馬が人気薄で馬券になっている。

◯エックスマーク
▲カレンミロティック
△トーセンジョーダン
△フラガラッハ
△トゥザグローリー

2014麦秋Sの予想

◎ヴィンテージイヤー(メイショウボーラー×Starborough)

このコースの人気薄好走血統ボールドルーラー系を母母父に持つ。格上挑戦とはいっても昨年はこのクラスで連対実績もある。

◯デザートオアシス
▲クロタカ
△ドリームコンサート
△インディーズゲーム
△キングヒーロー

2014年6月1日日曜日

2014安土城Sの予想

◎サンライズメジャー(ダイワメジャー×Deputy Minister)

古馬オープンクラスの京都芝千四はこの安土城Sと秋のスワンS。昨年はこの2レースで1-3着馬はすべて父サンデー系。中ではスワンSでワン・ツーしたコパノリチャード、ダイワマッジョーレと同じダイワメジャー産駒サンライズメジャー。土曜の準オープンでも同産駒のフォーチュンスターが連対を確保。

◯プリムラブルガリス
▲ワイズリー
△レッドアリオン
△ダノンプログラマー
△カネトシディオス


2014目黒記念の予想

◎グランデスバル(アドマイヤジャパン×ホークアタック)

このレース近2年を振り返ると
一昨年
1着スマートロビンがディープ産駒で母父がリファール、母母父がニジンスキー、
2着トウカイパラダイスがゴールドアリュール産駒で母父がマルゼンスキー、
3着コスモロビンがゼンノロブロイ産駒で母母父がロベルト系のSilver Hawk。
昨年は
1着ムスカテールがロベルト系のマヤノトップガン産駒で母父がサンデーサイレンス
2着ルルーシュはゼンノロブロイ産駒で母母父がリファール系のダンシングブレーヴ
3着カフナが母父サンデーサイレンスで母母父がニジンスキー系
とサンデー系とニジンスキー系、リファール系、ロベルト系をあわせ持つ馬で全て占められている。
父アドマイヤジャパンがサンデーサイレンス×ニジンスキー系で母父がSilver Hawk系のホークアタックのグランデスバルから。

◯ラブイズブーシェ
▲ムスカテール
△コスモロビン
△アスカクリチャン
△ステラウインド


2014東京優駿の予想

◎スズカデヴィアス(キングカメハメハ×サンデーサイレンス)

近5年、6番人気以下で馬券になったアポロソニック、トーセンホマレボシ、ウインバリアシオン、ベルシャザール、エイシンフラッシュ、アントニオバローズの内、トーセンホマレボシ(母母父Crafty Prospector)、ベルシャザール(父キングカメハメハ)、エイシンフラッシュ(父King’s Best)、アントニオバローズ(母父Kingmambo)と4頭がミスプロ系を持っていた。
ベルシャザールと同じキンカメ×サンデー配合で皐月賞惨敗から巻き返したリーチザクラウンと同じサンデー系×Seattle Slew配合を母方に持つスズカデヴィアスから。

◯イスラボニータ
▲ベルキャニオン
△トゥザワールド
△トーセンスターダム
△タガノグランパ

2014年5月31日土曜日

2014朱雀Sの予想

◎サカジロロイヤル(バゴ×ブライアンズタイム)

2012年の同時期同コースのオープン特別安土城Sで人気薄好走したオウケンサクラと同じバゴ×ロベルト系配合のサカジロロイヤルから。この馬自身京都芝千四は2回走って僅差の2着と4着。

◯シルクドリーマー
▲マコトナワラタナ
△フォーチュンスター
△シェルビー
△ロンド

2014欅Sの予想

◎スズカセクレターボ(アグネスタキオン×Seeking the Gold)

このコースで行われる古馬オープンクラスの重賞、根岸S、オープン特別の欅S、ペルセウスS、霜月Sではサンデー系を父か母父に持っている馬の好走が目立つ。中ではこのコースで準オープンを勝ち上がり、今年の根岸Sを人気薄2着したノーザンリバーと同じアグネスタキオン産駒のスズカセクレターボ。

◯サクラシャイニー
▲タールタン
△カネトシイナーシャ
△ワイドバッハ
△ネオザウイナー

2014年5月25日日曜日

2014優駿牝馬の予想

◎ディルガ(Curlin×Royal Academy)

近年のこのレースの人気薄好走馬メイショウマンボ、アイスフォーリス、エリンコート、ピュアブリーゼ、アグネスワルツの5頭中、メイショウマンボ、アグネスワルツの2頭は父、母父、父母父、母母父の内2系統にミスプロ系を持っていた。この馬は父Curlin、母母父がUnbridledがミスプロ系。

◯パシフィックギャル
▲ハープスター
△ヌーヴォレコルト
△クリスマス
△マイネオーラム

2014年5月24日土曜日

2014平安Sの予想

◎ソロル(シンボリクリスエス×サンデーサイレンス)

一昨年、二桁人気で3着したサイレントメロディと同じシンボリクリスエス×サンデー配合。今開催の準オープン桃山Sでも同配合のノボリドリームが連対。

◯クリノヒマラヤオー
▲ナムラビクター
△ナイスミーチュー
△ドコフクカゼ
△ワイルドフラッパー

2014年5月18日日曜日

2014ヴィクトリアマイルの予想

◎キャトルフィーユ(ディープインパクト×Tejano Run)

2011年3着レディアルバローザの半妹。そのレディアルバローザを含め、2009年、2010年には母父がグレイソヴリン系のタニノギムレット産駒のウォッカ、ニシノブルームーン、昨年はテレグノシス産駒マイネイサベルなど毎年のようにグレイソヴリンを持つ馬が好走。加えてディープ産駒はドナウブルー、ヴィルシーナと2年連続連対中でこのレースの好走血統で固められたキャトルフィーユから。

◯ウリウリ
▲クロフネサプライズ
△ラキシス
△スマートレイアー
△ホエールキャプチャ

2014年5月17日土曜日

2014都大路Sの予想

◎スピリタス(タニノギムレット×Storm Cat)

2012年以降の古馬1600万クラス以上の京都芝千八のレースで4番人気以下で馬券になった馬の内、約半数が父か母父ロベルト系の馬。実際、一昨年のこのレースの2,3着はタニノギムレット産駒の11番人気スピリタス、マヤノトップガン産駒の6番人気タガノエルシコだった。

◯マコトプリジャール
▲アドマイヤドバイ
△マデイラ
△ディサイファ
△リヤンドファミユ


2014京王杯スプリングカップの予想

◎エールブリーズ(フジキセキ×カーリアン)

母父フサイチコンコルドのジョーカプチーノ、フサイチコンコルド産駒インプレスウイナー、母父ジェネラスのガルボと3年続けて父か母父にカーリアン系を持つ馬が馬券になっているレース。フジキセキ産駒自体このコースの人気薄での好走例多数。この馬自身500万下、1000万下、1600万下の勝ち上がりがすべて東京芝千四でぴったり。

◯クラレント
▲アルフレード
△インパルスヒーロー
△メイケイペガスター
△コパノリチャード

2014年5月11日日曜日

2014新潟大賞典の予想

◎ケイアイチョウサン(ステイゴールド×シンボリクリスエス)

新潟芝二千はステイゴールド、ダンスインザダーク、リアルシャダイ、サドラーズウェルズ系などなど菊花賞、春天に向きそうな字面の血統で実績は千八二千くらいの馬がよくきている。
新潟は1戦して着外だがイメージには合いそうなケイアイチョウサンから。

◯エクスペディション
▲レッドレイヴン
△サクラアルディート
△カルドブレッサ
△マジェスティハーツ


2014鞍馬Sの予想

◎アースソニック(クロフネ×サクラユタカオー)

一昨年の2着エーシンリジルがフレンチデピュティ産駒で母母父トウショウボーイ、昨年の3着アースソニックがクロフネ産駒で母父がサクラユタカオーと2年連続でデピュティミニスター系とプリンスリーギフト系を合わせ持つ馬が馬券になっている。今年もアースソニックだけが該当。

◯ハノハノ
▲ルナフォンターナ
△ウイングザムーン
△スギノエンデバー
△サクラアドニス

2014NHKマイルカップの予想

◎ショウナンアチーヴ(ショウナンカンプ×サンデーサイレンス)

昨年は母母父ノーザンテーストのインパルスヒーローが2着、一昨年はその母父がノーザンテーストのダイワメジャー産駒カレンブラックヒルが1着。その前年もその母父がノーザンテーストのサクラバクシンオー産駒グランプリボスが1着で3年続けて連対中。サクラバクシンオーの下のショウナンカンプ産駒ショウナンアチーヴから。

◯サトノルパン
▲ホウライアキコ
△ミッキーアイル
△ダンツキャンサー
△カラダレジェンド


2014年5月10日土曜日

2014京都新聞杯の予想

◎ハギノハイブリッド(タニノギムレット×トニービン)

11年の勝ち馬クレスコグランドと同じタニノギムレット産駒で、昨年人気薄2着のペプチドアマゾン、09年人気薄3着のロードロックスターと同じ母父トニービンと過去のこのレースの好走馬配合のハギノハイブリッドから。

◯ガリバルディ
▲ミヤビジャスパー
△サウンズオブアース
△ブラックカイト
△シャドウダンサー


2014プリンシパルSの予想

◎トーセンミラージュ(スペシャルウィーク×Kingmambo)

近5年のこのレース、
09年は父Came Homeのケイアイライジン、母父Kingmamboのアントニオバローズ、
10年は父キングカメハメハのルーラーシップ、母父ヘクタープロテクターのクウォークスター、母父Kingmamboのバシレウス、
11年はキングカメハメハ産駒のカフナ
12年は母父Lyciusのスピルバーグ、アドマイヤムーン×Seeking The Goldのアルキメデス、
昨年は母父エルコンドルパサーのサムソンズプライド
と必ず1頭は父か母父ミスプロ系の馬が馬券になっている。
中では近5年の内4年で馬券になっているキングマンボ系を持つトーセンミラージュ。

◯マリーナベイ
▲ベルキャニオン
△ファドーグ
△キネオペガサス
△ワードイズボンド

2014年5月4日日曜日

2014天皇賞(春)の予想

◎ホッコーブレーヴ(マーベラスサンデー×ダンシングブレーヴ)

マーベラスサンデー産駒は04年5番人気3着のシルクフェイマスと、母父ダンシングブレーヴ系は昨年のレッドカドー、07年のエリモエクスパイア、04年のイングランディーレが持っていた。また、母母父のサクラショウリは11年3着のナムラクレセントの母父と同じで近10年の人気薄好走馬が持っていた系統で固められたホッコーブレーヴから。

◯レッドカドー
▲オーシャンブルー
△フェノーメノ
△ゴールドシップ

2014スイートピーSの予想

◎ヴェルジョワーズ(ネオユニヴァース×Victory Note)

父、母父、父母父、母母父にサンデー系を含むヘイロー系とミスプロ系を含むネイティブダンサー系を合わせ持つ馬が近3年パーフェクト連対中。中では昨年2着のフロアクラフトの母母父、一昨年3着のサトノジュピターの母父に入っていたフェアリーキング系が母父のヴェルジョワーズ。

◯ベッラレジーナ
▲ホクラニミサ
△マリアライト
△カウニスクッカ
△カレンリスベット

2014谷川岳Sの予想

◎セイルラージ(アグネスタキオン×ブライアンズタイム)

春の新潟の上級条件の芝のマイル戦となると2011年まで遡って、その年の準オープン魚沼Sと谷川岳Sを参考に。魚沼Sがグラスワンダー×サンデーサイレンスのシルクアーネストが2着。谷川岳Sではタニノギムレット×サンデーサイレンスのスズジュピターが2着、フジキセキ×リアルシャダイのヒットジャポットが3着でサンデー系×ロベルト系配合が2レースで3頭馬券になっていた。

◯サトノギャラント
▲メイケイペガスター
△シルクアーネスト
△サンレイレーザー
△ミッキードリーム

2014オアシスSの予想

◎コスモセンサー(キングカメハメハ×リヴリア)

キングカメハメハ産駒のアドマイヤロイヤルが2年続けて馬券になっているレース。一昨年は同産駒のスタッドジェルランと合わせて2頭が複勝圏内。今年に入っても準オープン以上の東京ダ千六では母父がキングマンボ系のスズカマンボ産駒や土曜日のアルカセット産駒などキングマンボ系を持つ馬が必ず1頭は3着内に来ている。1勝馬クラスだが全弟のミヤジカールソンは芝からダートの臨戦では6着→3着、10着→2着。

◯オールドパサデナ
▲レーザーバレット
△ベストウォーリア
△ナイトフッド
△ウォータールルド

2014年5月3日土曜日

2014青葉賞の予想

◎アドミラルシップ(ゼンノロブロイ×Kris.S)

昨年がヒラボクディープ、ラストインパクト、一昨年がエタンダール、その前年がトーセンレーヴとディープインパクト産駒が続けて馬券になっているのと同じく、昨年のアポロソニックの父母父、一昨年のステラウインドの母父、その前年のショウナンパルフェの母父がヌレイエフ系でこの系統も続けて馬券になっている。今年はディープインパクト産駒がワールドインパクト、ラングレー、ヤマノウィザード、ヌレイエフ系を持つのがワールドインパクト、アドミラルシップ。二桁人気で馬券になったステラウインドと同じゼンノロブロイ産駒のアドミラルシップから。

◯ワールドインパクト
▲ラングレー
△ヤマノウィザード
△エイシンエルヴィン
△マイネルフロスト

2014天王山Sの予想

◎ナガラオリオン(アドマイヤマックス×トワイニング)

昨年の同時期、同条件の栗東Sの1着がクロフネ産駒マルカバッケン、2着が母父フォーティナイナーで父母父がヴァイスリージェントのスリーボストン、3着は母父がトワイニングでフォーティナイナー系のナガラオリオンでヴァイスリージェント系とフォーティナイナー系を持つ馬がワン・ツー・スリーの結果。昨年の3着で今年は唯一の出走となったフォーティナイナー系を持つナガラオリオンから。

◯ハーロンベイ
▲サウンドガガ
△マルカバッケン
△ドレッドノート

2014駿風Sの予想

◎アンゲネーム(サクラバクシンオー×デインヒル)

昨年3着ヤマニンパピオネの母母父がダンチヒ系、一昨年の1,2着アフォード、ゲットフルマークスがいずれも母父ダンチヒ系でダンチヒ系を持つ馬が2年連続で馬券になっている。今年はルチャドルアスール、エクセルシオール、サトノヒーロー、アンゲネーム、サウスビクトルの5頭が該当。中では一昨年の勝ち馬アフォードと同じサクラバクシンオー×デインヒル系配合のアンゲネーム。

◯サウスビクトル
▲エクセルシオール
△ルチャドルアスール
△オレニホレルナヨ
△トーセントレジャー


2014年4月27日日曜日

2014読売マイラーズカップの予想

◎レッドアリオン(アグネスタキオン×ダンシングブレーヴ)

近2年、ダンシングブレーヴ系のホワイトマズル産駒シルポート、ラスカルスズカ産駒で母父がグレイソヴリン系のサンレイレーザー、母父がリファール系のディープインパクト産駒で母母父がネヴァベンド系のダノンシャークが2度馬券に。また、プリンスリーギフト系のサクラバクシンオー産駒グランプリボス、母父がネヴァベンド系のコスモセンサーとナスルーラ系を持つ馬もよくきている。母エリモピクシーがダンシングブレーヴ×テスコボーイでリファール系×プリンスリーギフト系配合のレッドアリオンから。土曜日の同じ京都芝千六の準オープン競走で同じアグネスタキオン産駒のメイショウヤタロウが勝っているのも後押し。
以下もそれら系統を持つ馬を。

○エキストラエンド
▲カオスモス
△ワールドエース
△フィエロ
△オースミナイン
△ラトルスネーク
△サワノパンサー


2014フローラSの予想

◎マイネオーラム(ステイゴールド×コマンダーインチーフ)

過去3年の人気薄好走馬ブリュネット、ダイワデッセー、バウンシーチューン、マイネソルシエールの4頭の内3頭がノーザンテーストの血を持っていた。今年は父、母父、父母父、母母父ではないが父ステイゴールドの母母父がノーザンテーストのこの馬から。ステイゴールド産駒自体でみても一昨年とその前年は連対馬を出している。
以下は昨年、一昨年と勝ち馬を出しているキングマンボ系を持つ馬、一昨年、その前年と連対馬を出しているブライアンズタイム系を持つ馬など。

○マローブルー
▲ムードスウィングス
△プロクリス
△マジックタイム
△マイネグレヴィル

2014年4月26日土曜日

2014福島牝馬Sの予想

◎トーセンベニザクラ(ダイワメジャー×ホワイトマズル)

この2年、4番人気以下で馬券になったのが、母父がサトラーズウェルズ系のSingspielのコスモネモシンと母父がヌレイエフ系のPeintre Celebreのピュアブリーゼの2頭で重厚感のあるノーザンダンサー系を持つ馬が良さそう。今年は母父ホワイトマズルがリファール系のトーセンベニザクラと母父エリシオがフェアリーキング系のサトノジュピター。以下は福島芝千八でよくきているロベルト系を持つ馬など。

○サトノジュピター
▲セキショウ
△ミッドサマーフェア
△アロマティコ
△レイカーラ


2014錦Sの予想

◎ダイナミックガイ(オレハマッテルゼ×ティンバーカントリー)

準オープンクラス以上の京都芝千六の4番人気以下で馬券になった馬の3分の1が母方にネヴァベンド系を持っていた。このレースでは母母父ブレイヴェストローマンのダイナミックガイと母母父マグニテュードのヤマノレオの2頭だけ。以下は素直にディープインパクト産駒などを。

○ヤマノレオ
▲ベステゲシェンク
△ハーキュリーズ
△シェルビー
△ダローネガ

2014メトロポリタンSの予想

◎エクスペディション(ステイゴールド×Lyphard)

一昨年1着スマートロビンは母父Lyphard、父母父Alzao、昨年2着のクリールカイザーはキングヘイロー産駒で2年続けてリファール系を持つ馬が連対中。今年は母父Lyphardのエクスペディションだけが該当。実績面でもメンバー中上位。以下は東京芝二四でよくきているハンプトン系を持つ馬など。

○マイネルジェイド
▲サトノアポロ
△プロモントーリオ
△ラブリーデイ

2014年4月20日日曜日

2014皐月賞の予想

◎ベルキャニオン(ディープインパクト×フレンチデピュティ)

近5年の中山での皐月賞で5番人気以下で連対したヒルノダムール、トライアンフマーチ、キャプテントゥーレ、タケミカヅチの内キャプテントゥーレを除く3頭がニジンスキー系を持っていた。今年の出走馬で父、母父、父母父、母母父にニジンスキー系を持つのはベルキャニオンとウインフルブルームの2頭。トライアンフマーチ、キャプテントゥーレがそれぞれ母父、母母父に持っていたリファール系も父母父に持つベルキャニオンから。対抗以下は菊花賞や春天、有馬記念などでも対応できそうな血を持つ馬を。

○ウインフルブルーム
▲ワンアンドオンリー
△コウエイワンマン
△トーセンスターダム
△クリノカンパニー
△クラリティシチー

2014難波Sの予想

◎ローゼンケーニッヒ(シンボリクリスエス×サンデーサイレンス)

昨年がマンハッタンカフェ×Silver Hawkのエーシンミズーリが1着で、シンボリクリスエス×アドマイヤベガのジェントルマンが3着。一昨年はグラスワンダー×スペシャルウィークのシースナイプが2着で、マーベラスサンデー×ブライアンズタイムのカワキタフウジンが3着とサンデー系×ロベルト系、ロベルト系×サンデー系の馬が2年続けて2頭馬券になっている。
今年はミルドリーム、ゼンノルジェロ、オールアズワン、ローゼンケーニッヒが該当。中では母系が薔薇一族のローゼンケーニッヒ。

○ミルドリーム
▲オールアズワン
△ゼンノルジェロ
△ローレルブレット
△タマモマーブル

2014オルフェーヴルカップの予想

◎サウンドガガ(Roman Ruler×Phone Trick)

昨年14番人気2着のフィールドシャイン、一昨年7番人気2着のシゲルソウウンがそれぞれ母母父、父母父がヴァイスリージェント系でサンデー系を持ち合わせていなかった。今年はフィールドシャイン、ダッシャーワン、サウンドガガが該当。父母父がヴァイスリージェント系のSilver Deputyで休み明け2戦2勝のサウンドガガ。対抗以下もヴァイスリージェント系を持つ馬など。

○ダッシャーワン
▲フィールドシャイン
△メイショウツチヤマ
△トウショウカズン
△アビリティラヴ

2014年4月19日土曜日

2014アンタレスSの予想

◎トウショウフリーク(キングカメハメハ×ダンシングブレーヴ)

2012年の1着ゴルトブリッツの母母父がリファール系、2着アイファーソングはキングマンボ系のソングオブウインド産駒。2013年は1着ホッコータルマエがキングマンボ系のキングカメハメハ産駒で、2着ニホンピロアワーズの父がリファール系のホワイトマズルと2年続けてキングマンボ系を持つ馬とリファール系を持つ馬のワンツー。本命はキングマンボ系×リファール系配合のトウショウフリーク。対抗以下もその2系統を持つ馬を中心に。

○ニホンピロアワーズ
▲グランドシチー
△グレートチャールズ
△グラッツィア
△クリソライト


2014年4月13日日曜日

2014桜花賞の予想

◎ハープスター(ディープインパクト×ファルブラヴ)

昨年のアユサン、レッドオーヴァル、一昨年のジェンティルドンナ、ヴィルシーナがいずれもディープインパクト産駒。2年続けてのワンツーフィニッシュ。ハープスター本命で。2,3着馬はいずれも母父ミスプロ系というのも2年連続。昨年3着のプリンセスジャック、一昨年のジェンティルドンナはいずれもダンチヒ系を母方に持っていた。対抗以下は近年の傾向にそってミスプロ系、ダンチヒ系を持つ馬で。

○フォーエバーモア
▲シャイニーガール
△ペイシャフェリス
△ヌーヴォレコルト
△アドマイヤビジン
△ホウライアキコ


2014春雷Sの予想

◎スギノエンデバー(サクラバクシンオー×ブライアンズタイム)

一昨年1着のエーシンホワイティがサクラバクシンオー産駒、2着キョウワマグナムの母母父がボールドルーラー系。昨年の1着ポアゾンブラックも母母父がボールドルーラー系、2着アースソニックの母父はサクラバクシンオーの父サクラユタカオーで、2年続けてプリンスリーギフト系を持つ馬とボールドルーラ系を持つ馬のワンツー。出走馬中、父、母父、父母父、母母父の内にボールドルーラー系を持つ馬はスギノエンデバー1頭。対抗以下は5頭いるサクラバクシンオー産駒含めプリンスリーギフト系を持つ馬から。

○ツインクルスター
▲アフォード
△レオンビスティー
△ハノハノ
△メモリアルイヤー

2014福島民報杯の予想

◎レッドレイヴン(Smart Strike×Silver Hawk)

昨年のこのレースは不良馬場だったので一昨年の結果を重視して。1着ヒットザターゲットがキングカメハメハ産駒、2着ダノンスパシーバが母父ミスプロ、3着モンテエンはその母父がミスプロ系のゼンノロブロイ産駒となっており、ミスプロ系を持つ馬のワンツースリーだった。今年はゼロス、サムソンズプライド、アクションスター、レッドレイヴンが該当。本命はその1,2着馬と同じでサンデー系を持たないレッドレイヴン。以下、残りの3頭と非ミスプロ系のネイティヴダンサー系を持つ馬まで広げて。

○サムソンズプライド
▲アクションスター
△ゼロス
△ミエノワンダー
△シゲルササグリ

2014大阪-ハンブルグカップの予想

◎サトノシュレン(ステイゴールド×エルハーブ)

非トニービン系のグレイソヴリン系を持つ馬(クレスコグランド、トップゾーン)が2年続けて馬券になっている。今年はサトノシュレンとタニノエポレットが該当。中では、昨年二桁人気で3着したトップゾーンと母母が同じで近親になるサトノシュレンから。対抗はタニノエポレット。以下、阪神芝二四でよくきているステイゴールド産駒、ニジンスキー系を持つ馬とトニービンを持つ馬まで広げて。

○タニノエポレット
▲サクラアルディート
△コウエイオトメ
△マジェスティハーツ
△マイネルメダリスト

2014年4月12日土曜日

2014阪神牝馬Sの予想

◎ミナレット(スズカマンボ×ウォーニング)

2011年の勝ち馬カレンチャンの母母父がマルゼンスキー、2012年の勝ち馬クィーンズバーンの父母父がマルゼンスキー、昨年の勝ち馬サウンドオブハートの母父がカーリアンでニジンスキー系を持つ馬が連勝中のレース。今年は母母父がFerdinandのミナレットだけが該当。対抗以下はレッドオーヴァル、リアルインパクトなどこのコースの重賞で結果を出していて、イメージほどこのコースが苦手ではない印象のディープインパクト産駒など

○スマートレイアー
▲ヴィルシーナ
△ウリウリ
△トーホウアマポーラ
△サマールナ

2014ニュージランドトロフィーの予想

◎クインズハリジャン(スペシャルウィーク×Storm Boot)

昨年の勝ち馬エーシントップの父Tale of the Catがストームキャット系、一昨年の勝ち馬カレンブラックヒルの母母父がStorm Catでストームキャット系を持つ馬が連勝中。今年は母父にStorm Bootのクインズハリジャンだけが該当。2走前は今回人気のカラダレジェンドの2着の実績。対抗以下は中山芝マイルでよくきている母父サンデーサイレンス、今開催でよくきている父か母父ミスプロ系の馬など。

○ショウナンアチーヴ
▲カラダレジェンド
△ベルルミエール
△イタリアンネオ
△ウインフェニックス

2014年4月6日日曜日

2014ダービー卿チャレンジトロフィーの予想

◎コディーノ(キングカメハメハ×サンデーサイレンス)

一昨年2着のオセアニアボス、昨年3着のダイワファルコンが母父サンデーサイレンス。一昨年3着のネオサクセス、昨年2着のダイワマッジョーレが母母父にハンプトン系を持っていた。2年連続馬券になっているこれら2系統を合わせ持っているのは今年の出走馬ではコディーノだけ。土曜日の芝のレースも1着馬は父が非サンデー系ばかり。対抗は高速馬場の9月開催を除いた中山芝マイルで高連対率のフジキセキ産駒エールブリーズ。以下、これも2年続けて馬券になっているノーザンテーストを持つ馬など。

○エールブリーズ
▲ブレイズアトレイル
△インパルスヒーロー
△ダイワファルコン
△カレンブラックヒル





2014産経大阪杯の予想

◎フラガラッハ(デュランダル×トニービン)

近2年の3着内馬はショウナンマイティが2度と父がミスプロ系のフェデラリスト、エイシンフラッシュ、ノーザンテーストを持つトーセンジョーダン、オルフェーヴルの6頭。今年は父ミスプロ系の出走はなし。ノーザンテーストを持つのがフラガラッハ1頭のみ。有力馬3頭がすべて休み明けなので一角崩しに期待。対抗はショウナンマイティと同じサンデーサイレンス系×ストームキャット配合のキズナ。以下、父の母父がミスプロ系のメイショウマンボと2年連続このレース連対中のショウナンマイティ。一応、エピファネイア。

○キズナ
▲メイショウマンボ
△ショウナンマイティ
△エピファネイア

2014年4月5日土曜日

2014船橋Sの予想

◎バートラムガーデン(サクラバクシンオー×アフリート)

近2年のこのレースの連対馬はマイネルロガール、ロードバロック、ハノハノ、シルクウェッジノ4頭。マイネルロガールはプリンスリーギフト系のサクラバクシンオー産駒でその母父がノーザンテースト、ロードバロックはグレイソヴリン系のトニービンが母父。ハノハノはグレイソヴリン系のアドマイヤコジーンが父でトニービンが母父、父母父がノーザンテーストで、母母父がプリンスリーギフト系のファバージ。シルクウェッジは母方がトニービン×ノーザンテースト配合となっており、かなり偏った血統傾向が出ている。本命はサクラバクシンオー産駒で母母父がグレイソヴリン系のコジーン、父母父ノーザンテーストのバートラムガーデン。重い、重いと言われている今の中山なら札幌、函館に良績が偏っている同馬にも合っているはず。
対抗以下もプリンスリーギフト系、ノーザンテースト、グレイソヴリン系を持つ馬などを。

○ブランダムール
▲トーセントレジャー
△サニーヘイロー
△マッキーコバルト
△コウヨウアレス


2014コーラルSの予想

◎レーザーバレット(ブライアンズタイム×Mr.Prospector)

近2年の1着馬、インオラリオ、アドマイヤサガスともに父か母父がミスタープロスペクター系で、父、母父、父母父、母母父にノーザンダンサー系を持っていなかった。今回の出走馬で条件をみたすのはレーザーバレット1頭。雨予報なのでブライアンズタイム産駒というのもよさそう。実際、前走は雪による中止明けの不良馬場を勝っている。
対抗もブライアンズタイム産駒つながりでエーシンビートロン。以下、このコースの好走血統ミスタープロスペクター系、ヴァイスリージェント系を持つ馬など。

○エーシンビートロン
▲フィールドシャイン
△エーシンレンジャー
△セイカプリコーン
△ナガラオリオン

2014年3月30日日曜日

2014高松宮記念の予想

◎レッドスパーダ(タイキシャトル×ストームキャット)

改修後、昨年は1,2番人気でワンツー。その前年も1-3番人気で1-3着と固い決着となっているので2012年以降の中京芝千二(準オープン以上)の人気薄好走馬を見ていくと、4番人気以下で連対した8頭中3頭がタイキシャトル産駒とその下のメイショウボーラー産駒、また、母父、父母父、母母父にニジンスキー系を持つ馬が5頭。父か母父にサンデー系を持つ馬は0頭となっている。ここ出走唯一のタイキシャトル産駒レッドスパーダから。対抗は父がサンデー系のフジキセキだが母父タイキシャトルのストレイトガール。以下、タイキシャトルと同じくサンデーでないヘイローの血を持つ馬、ニジンスキー系を持つ馬など。

○ストレイトガール
▲インプレスウイナー
△コパノリチャード
△レッドオーヴァル
△サクラゴスペル
△マヤノリュウジン
△レディオブオペラ

2014六甲Sの予想

◎ラトルスネーク(タニノギムレット×Wagon Master)

一昨年の勝ち馬マイネルクラリティの母父がタマモクロス、昨年の2着サンレイレーザーの母父がコジーンで2年続けてサンデー系を持たないグレイソヴリン系をもつ馬が連対中。
今年はサンレイレーザーとラトルスネークが該当。以下、このコースで好走馬をあまり出さないミスプロ系を持つ馬を除いたあたりで。

○サンレイレーザー
▲フィエロ
△セイクリッドセブン
△ドリームバスケット
△タムロスカイ

2014マーチSの予想

◎ソロル(シンボリクリスエス×サンデーサイレンス)

一昨年の1着馬サイレントメロディがシンボリクリスエス産駒で母父がサンデーサイレンス、2着馬メイショウタメトモの父はヘイロー系×Sir Ivorのジョリーズヘイロー。昨年の1着グランドシチーの母方がブライアンズタイム×ターントゥ系配合。ターントゥ×ターントゥ配合を持つ馬がこの2年で3頭の連対馬を出している。今年はグランドシチーとソロルが該当。
トップハンデと最内枠の分を差し引いて本命はソロル。対抗にグランドシチー。以下、ターントゥ系の中でもこのレースでよく来ている他のロベルト系を持つ馬、5代血統表まで遡ってターントゥ×ターントゥ配合を持つ馬など。

○グランドシチー
▲リアライズキボンヌ
△バーディバーディ
△ドコフクカゼ
△ジェベルムーサ
△エーシンゴールド
△グラッツィア

2014年3月29日土曜日

2014日経賞の予想

◎アスカクリチャン(スターリングローズ×ダイナレター)

一昨年の勝ち馬ネコパンチの父母父がチーフズクラウン、昨年の勝ち馬フェノーメノの母父がデインヒルでダンチヒ系を持つ馬が連勝中。今年は連覇を狙うフェノーメノと父スターリングローズの母父がダンチヒのアスカクリチャンが該当。中では、今の中山芝に合いそうな芝、ダ兼用のスターリングローズ産駒アスカクリチャンから。対抗はフェノーメノ。以下、2年続けて2着馬を出しているハーツクライ産駒のウインバリアシオンとこのコース得意のステイゴールド産駒など。

○フェノーメノ
▲ウインバリアシオン
△プロモントーリオ
△マイネルジェイド
△オーシャンブルー
△サトノアポロ
△サクラアルディート

2014毎日杯の予想

◎ステファノス(ディープインパクト×クロフネ)

一昨年のヒストリカル、昨年のキズナとディープインパクト産駒が連勝中。また、2着馬は一昨年がマウントシャスタ、昨年がガイヤーズヴェルトでともに母方がフレンチデピュティ×ニジンスキー系配合だった。ディープインパクト産駒でフレンチデピュティの下のクロフネが母父のステファノスから。対抗も同産駒のラングレー。以下、クロフネ×サンデーサイレンスのパドルウィールとニジンスキーを持っているアズマシャトル、ディープインパクトの兄ブラックタイド産駒のマイネルフロスト。

○ラングレー
▲パドルウィール
△アズマシャトル
△マイネルフロスト


2014年3月23日日曜日

2014スプリングSの予想

◎ウインマーレライ(マツリダゴッホ×Fusaichi Pegasus)

一昨年の勝ち馬グランデッツァの父アグネスタキオンがサンデーサイレンス×ボールドルーラー系配合で、昨年が母方がサンデーサイレンス×ボールドルーラー系配合のロゴタイプが1着でこの配合を持つ馬が2連勝中。今年の出走馬では父マツリダゴッホがサンデーサイレンス×ボールドルーラー系配合のこの馬だけが該当。以下、ボールドルーラー系を持つ馬とコース得意のグレイソヴリン系を持つ馬を。

○ロサギガンティア
▲リーゼントロック
△アジアエクスプレス
△ダノンアンビシャス
△シベリアンタイガー

2014阪神大賞典の予想

◎ゴールドシップ(ステイゴールド×メジロマックイーン)

近2年、ステイゴールド×メジロマックイーンのオルフェーヴル、ゴールドシップとその母父がトニービンのハーツクライ産駒ギュスターヴクライ、母父トニービンのデスペラードが連対。ひねりなしにゴールドシップからグレイソヴリン系を持つ馬を相手に。

○アドマイヤラクティ
▲サトノノブレス
△エーシンミラージュ
△ヒットザターゲット

2014年3月22日土曜日

2014若葉Sの予想

◎ダイシンサンダー(アドマイヤムーン×マンハッタンカフェ)

昨年の2着クラウンレガーロの母父がエンドスウィープ、一昨年2着のメイショウカドマツの母母父がフォーティナイナーでフォーティナイナー系を持つ馬が2年連続連対中。今年の出走馬では父アドマイヤムーンがフォーティナイナー系のこの馬だけが該当。対抗は近3年で馬券になっているディープインパクト産駒のメイショウチギリ。以下、このコース得意のステイゴールド産駒など。

○メイショウチギリ
▲アドマイヤランディ
△サウンズオブアース
△ウインフルブルーム

2014ファルコンSの予想

◎マキャヴィティ(デュランダル×Storm Cat)

昨年の11番人気2着のカシノピカチュウがストームキャット系のスタチューオブリバティ産駒、一昨年、12番人気2着のレオンビスティーの母父がStorm Cat と2年連続でストームキャット系を持つ馬が人気薄で連対中。今年はヨハネスブルグ産駒のネロ、タガノブルグとマキャヴィティが該当。中では昨年の勝ち馬インパルスヒーローの母母父、一昨年のレオンビスティーの父母父としてこれも2年続けて連対中のノーザンテーストも合わせ持っているマキャヴィティから。
以下、残りの2頭とストームキャット系と同じ米系ノーザンダーンサー系のヴァイスリージェント系を持つ馬など。

○ネロ
▲タガノブルグ
△カラダレジェンド
△ショウナンアチーヴ

2014年3月21日金曜日

2014フラワーカップの予想

◎マイネグレヴィル(ブライアンズタイム×スペシャルウィーク)

一昨年の1着サクラプレジールがサンデーサイレンス×マルゼンスキー配合のサクラプレジデント産駒。昨年2着のメイショウスザンナの母グリーンオリーヴもサンデーサイレンス×マルゼンスキー配合で2年続けてこの配合の馬が連対中。母方がサンデー系のスペシャルウィーク×マルゼンスキーのマイネグレヴィルから。スペシャルウィーク自体もサンデーサイレンス×マルゼンスキー。またブライアンズタイム産駒は一昨年3着のリラコサージュもいて近年の好走血統を兼ね備えている。対抗以下も近2年のこのレースで馬券になっているダンチヒ系、キングマンボ系を持つ馬を中心に。

○パシフィックギャル
▲マローブルー
△ニシノアカツキ
△ミスウインストン
△クリスマス

2014年3月16日日曜日

2014中山牝馬Sの予想

◎エディン(ジャングルポケット×タイキシャトル)

昨年3着、一昨年2着のオールザットジャズの父母父、一昨年の勝ち馬マイネイサベルの父、昨年の勝ち馬レディアルバローザの母父がいずれもグレイソヴリン系で2年続けてグレイソヴリン系を持つ馬が3着内に2頭は入っている。今年の出走馬でグレイソヴリン形を持つ馬はエディン、コウエイオトメ、サンシャイン、キャトルフィーユの4頭。この2年複勝圏内に1頭も来ていないサンデー系種牡馬ではないジャングルポケット産駒のエディンから。対抗は残りの3頭から、レディアルバローザの半妹キャトルフィーユ、以下、残りのグレイソヴリン形を持つ2頭とこのコースの人気薄好走血統ノーザンテーストを持つ馬など。

○キャトルフィーユ
▲コウエイオトメ
△サンシャイン
△アロマティコ
△セキショウ

2014フィリーズレビューの予想

◎ダンスアミーガ(サクラバクシンオー×エルコンドルパサー)

昨年の勝ち馬メイショウマンボの父母父がKingmambo、一昨年の勝ち馬アイムユアーズの母父がエルコンドルパサーとキングマンボ系を持つ馬がこのレース連勝中。今年の出走馬ではダンスアミーガとヤマノフェアリーが該当。中では昨年2着のナンシーシャインの母父トウショウボーイと同じテスコボーイ系のサクラバクシンオーが父のダンスアミーガ。対抗はヤマノフェアリー。以下、昨年の2,3着馬が合わせ持っていたストームキャット系、マッチェム系を持つ馬など。

○ヤマノフェアリー
▲エスメラルディーナ
△ホウライアキコ
△フクノドリーム
△ホッコーサラスター

2014トリトンSの予想

◎エーシンシャラク(タイキシャトル×Storm Cat)

2012年以降、準オープン以上の中京芝千二の人気薄好走馬にはタイキシャトル産駒のラインブラッド、アルマリンピア、メイショウボーラー産駒のモグモグパクパクと父がデヴィルズバッグ系の馬がよく来ている。今年の出走馬で該当するのはエーシンシャラクとオーシャンカレントの2頭。中では1回開催のこのコースで1000万勝ち上がり実績のあるエーシンシャラク。対抗はオーシャンカレント。以下、1回開催の同じ準オープンの中京芝千二でワンツーした母父ブライアンズタイムが同じサカジロロイヤル、もう一つのこのコースでの人気薄好走血統ニジンスキー系を持つ馬など。

○オーシャンカレント
▲サカジロロイヤル
△オレニホレルナヨ
△フレデフォート
△キングオブロー

2014東風Sの予想

◎アカンサス(フジキセキ×Unbridled’s Song)

昨年2着のゼロスの母母父、一昨年1着のツクバホクトオーの母母父がともにリファールで2年連続連対中。また、昨年の3着ヒットジャポットと一昨年のツクバホクトオーがいずれもフジキセキ産駒で2年続けて馬券になっている。
本命はここ出走唯一のフジキセキ産駒で母母父リファールのアカンサス。対抗以下も、そのリファール系を持つ馬とコース得意のキングマンボ系を持つ馬など。

○ゼロス
▲シャイニープリンス
△カオスモス
△ドリームバスケット
△ミッドサマーフェア


2014年3月15日土曜日

2014中日新聞杯の予想

◎コアレスドラード(ステイゴールド×Bellotto)

一昨年が母父ネヴァベンド系、母母父ネヴァベンド系を持つ馬のワンツー。昨年が母母父ハンプトン系、父がサドラーズウェルズ系のワンツー。イメージ的には鈍重、重厚な血統を持つ馬が来ている。このコースの好走馬を見ても、ネヴァベンド系、グレイソヴリン系、サドラーズウェルズ系、ハンプトン系を持つ馬で3着内馬全体の4分の3を占める。
中では条件時代のものだがこのコース(1.2.0.1)のコアレスドラード。
対抗以下も上記系統を持つ馬で固める。

○エックスマーク
▲アンコイルド
△ユールシンギング
△フラガラッハ
△ラブリーデイ
△スマートギア

2014ポラリスSの予想

◎コレクターアイテム(ハーツクライ×Storm Bird)

一昨年の1着ヒラボクワイルドが父母父リボー系で母母父がストームキャット、昨年の2着スティールパスの母母父がストームキャットで、この系統を持つ馬が2年連続連対中。今年の出走馬ではストームキャットの父Storm Birdが母父のこの馬だけが該当。半兄ハンマープライスもこのくらいの距離のダート戦で活躍していた。
対抗以下はこのコースの人気薄好走配合、サンデー系、ブライアンズタイム系、ミスプロ系、ダンチヒ系、ボールドルーラー系、ヴァイスリージェント系の配合の馬を。

○サマリーズ
▲エアウルフ
△セイカプリコーン
△キョウワダッフィー
△バーディバーディ
△ワイドバッハ


2014アネモネSの予想

◎シニョリーナ(キングヘイロー×フジキセキ)

ここ2年の勝ち馬はロサード産駒のクラウンロゼ、ディープインパクト産駒のパララサルーでいずれの父もサンデーサイレンス×リファール系配合。今年はロサード産駒も、ディープインパクト産駒の出走もないのでリファール系のキングヘイロー×サンデー系のフジキセキ配合のシニョリーナから。
対抗も母ハンドレッドスコアがリファール系のホワイトマズル×サンデーサイレンス配合のマルクプレンヌ。3番手は唯一の3勝馬で昨年の2,3着馬を出しているダイワメジャー産駒マーブルカテドラル。

○マルクプレンヌ
▲マーブルカテドラル

2014年3月9日日曜日

2014弥生賞の予想

◎ウンプテンプ(メイショウサムソン×ウォーエンブレム)

昨年の1着カミノタサハラがディープインパクト×フレンチデピュティで父母父がリファール系のAlzao、一昨年1着コスモオオゾラの母父がリファール系のコマンダーインチーフ、2着トリップがクロフネ産駒でリファール系を持つ馬かデピュティミニスター系を持つ馬が近2年連続連対している。また、昨年の3着コディーノ、一昨年のトリップ、2011年のプレイと母父サンデーサイレンスも連続で3着内にきている。さらに、昨年2着ミヤジタイガがネオユニヴァース産駒でその母父がエタン系のKris、2011年のプレイの母マイケイティーズはサンデーサイレンス×Kris配合でこの系統もよさそう。
今年はリファール系を持つのがディープ産駒アデイインザライフ、父母父ダンシングブレーヴのウンプテンプ、デピュティミニスター系はクロフネ産駒のタイセイクルーズ、母父サンデーサイレンスがエアアンセム、キングズオブザサン、タイセイクルーズ、トゥザワールド、母母父サンデーサイレンスがウンプテンプ、エタン系のKrisを持つのがネオユニヴァース産駒イタリアンネオ。
中では母系がヴィクトリー、アンライバルドといった皐月賞につながる系統のウンプテンプ。
対抗は条件は全く異なるが土曜日のメインレースのスノードラゴンのイメージでクロフネ産駒のタイセイクルーズ。以下、先に上げた馬たちなど。

○タイセイクルーズ
▲アデイインザライフ
△イタリアンネオ
△エアアンセム
△トゥザワールド
△キングズオブザサン

2014大阪城Sの予想

◎スマートレイアー(ディープインパクト×ホワイトマズル)

昨年の2着サクラアルディートがディープインパクト産駒でその母父がAlzao、一昨年の勝ち馬ミッキーパンプキンが母父Alzaoで2年続けてリファール系を持つ馬が連対。また、昨年の勝ち馬エアソミュールがジャングルポケット産駒、一昨年の3着オースミスパークはアドマイヤベガ産駒でその母父がトニービンでトニービン系を持つ馬も2年連続で馬券圏内に来ている。
また、サクラアルディート、ミッキーパンプキンはそれぞれ母父、父母父にニジンスキー系も合わせて持っていた。
今年はリファール系とニジンスキー系を合わせて持つ馬の出走はなし。リファール系をもつディープインパクト産駒のスマートレイアー、ディサイファ、ヒストリカル、ディープの兄ブラックタイド産駒のテイエムイナズマの4頭の中では母父がリファール系のホワイトマズルのスマートレイアーが一番しっくりくる。
対抗は母父がトニービンで阪神実績のあるセイクリッドセブン。以下、残りのディープ産駒など。

○セイクリッドセブン
▲ヒストリカル
△ディサイファ
△メイショウサミット

2014仁川Sの予想

◎イッシンドウタイ(スズカマンボ×スラヴィック)

昨年の1着ナイスミーチュー、一昨年の2着馬スタッドジェルランがともにキングカメハメハ産駒、昨年の2着メテオロロジスト、一昨年の勝ち馬ゴルトブリッツがそれぞれ母母父、母父がSeeking the Goldで2年続けてこの系統を持つ馬のワンツー。
今年はキングマンボ系を持つ馬がイッシンドウタイ、クラシカルノヴァ、ツクバコガネオー、Seeking the Gold系を持つのがメテオロロジスト。
中ではキングカメハメハ産駒ではないがその母父がキングマンボでナイスミーチュー、スタッドジェルランと同じくキングマンボ系と合わせてネイティヴダンサー系を父、母父、父母父、母母父の内に2本持っているイッシンドウタイから。対抗はメテオロロジスト。
以下、このコースの人気薄好走血統ボールドルーラ系&