過去の当該レース、コース別の人気薄好走血統を抽出

2014年2月8日土曜日

2014きさらぎ賞の予想

◎トーセンスターダム(ディープインパクト×エンドスウィープ)

近3年の連対馬の父を並べるとフジキセキ、ホワイトマズル、ディープインパクト×3、キングヘイローでサンデー系かダンシングブレーヴ系で占められている。
また、昨年1着のタマモベストプレイの母父、一昨年2着のヒストリカルの母父、その前年3着のオルフェーヴルの母母父と3年続けてノーザンテーストを母方に持つ馬も連続好走中。
3年で3頭の連対馬を出しているディープ産駒で母母父がノーザンテーストのトーセンスターダムから。
相手もディープ産駒のサトノルパン。以下、近親に2011年の勝ち馬トーセンラーがいるオールステイ、ディープ重視なのでブラックタイド産駒のブラックカイト。バンドワゴンは過去に好走した父ダンシングブレーヴ系の2頭マズルファイヤー、リキサンマックスがそれぞれ母父、父母父に持っていたサンデーにつながるヘイローの血を持たないのでおさえで。

○サトノルパン
▲オールステイ
△ブラックカイト
△バンドワゴン