過去の当該レース、コース別の人気薄好走血統を抽出

2014年3月8日土曜日

2014オーシャンSの予想

◎ハノハノ(アドマイヤコジーン×トニービン)

昨年の勝ち馬サクラゴスペルの母母父、一昨年の勝ち馬ワンカラットの父母父がそれぞれボールドルーラー系。昨年の2着馬ダッシャーゴーゴーの父母父、一昨年の2着馬グランプリエンゼルの母母父がそれぞれノーザンテーストで、ボールドルーラー系、ノーザンテーストを持つ馬のワンツーが続いている。
これらの系統を持つ馬が今年は8頭(アフォード、スギノエンデバー、スノードラゴン、スマートオリオン、ツインクルスター、ハノハノ、プリンセスメモリー、レオンビスティー)が出走予定。中では、先週の中山芝千二で1,2着したスマートオリオンの母父トニービン系、アグネスウイッシュの父サクラバクシンオーと同じプリンスリーギフト系を合わせ持つハノハノから。中山実績、休み明け実績も十分。以下、ボールドルーラー系、ノーザンテースト系、グレイソヴリン系、プリンスリーギフト系を持つ馬など。

○スマートオリオン
▲ハクサンムーン
△アースソニック
△インプレスウイナー
△スギノエンデバー