過去の当該レース、コース別の人気薄好走血統を抽出

2014年3月9日日曜日

2014大阪城Sの予想

◎スマートレイアー(ディープインパクト×ホワイトマズル)

昨年の2着サクラアルディートがディープインパクト産駒でその母父がAlzao、一昨年の勝ち馬ミッキーパンプキンが母父Alzaoで2年続けてリファール系を持つ馬が連対。また、昨年の勝ち馬エアソミュールがジャングルポケット産駒、一昨年の3着オースミスパークはアドマイヤベガ産駒でその母父がトニービンでトニービン系を持つ馬も2年連続で馬券圏内に来ている。
また、サクラアルディート、ミッキーパンプキンはそれぞれ母父、父母父にニジンスキー系も合わせて持っていた。
今年はリファール系とニジンスキー系を合わせて持つ馬の出走はなし。リファール系をもつディープインパクト産駒のスマートレイアー、ディサイファ、ヒストリカル、ディープの兄ブラックタイド産駒のテイエムイナズマの4頭の中では母父がリファール系のホワイトマズルのスマートレイアーが一番しっくりくる。
対抗は母父がトニービンで阪神実績のあるセイクリッドセブン。以下、残りのディープ産駒など。

○セイクリッドセブン
▲ヒストリカル
△ディサイファ
△メイショウサミット