過去の当該レース、コース別の人気薄好走血統を抽出

2014年4月27日日曜日

2014読売マイラーズカップの予想

◎レッドアリオン(アグネスタキオン×ダンシングブレーヴ)

近2年、ダンシングブレーヴ系のホワイトマズル産駒シルポート、ラスカルスズカ産駒で母父がグレイソヴリン系のサンレイレーザー、母父がリファール系のディープインパクト産駒で母母父がネヴァベンド系のダノンシャークが2度馬券に。また、プリンスリーギフト系のサクラバクシンオー産駒グランプリボス、母父がネヴァベンド系のコスモセンサーとナスルーラ系を持つ馬もよくきている。母エリモピクシーがダンシングブレーヴ×テスコボーイでリファール系×プリンスリーギフト系配合のレッドアリオンから。土曜日の同じ京都芝千六の準オープン競走で同じアグネスタキオン産駒のメイショウヤタロウが勝っているのも後押し。
以下もそれら系統を持つ馬を。

○エキストラエンド
▲カオスモス
△ワールドエース
△フィエロ
△オースミナイン
△ラトルスネーク
△サワノパンサー


2014フローラSの予想

◎マイネオーラム(ステイゴールド×コマンダーインチーフ)

過去3年の人気薄好走馬ブリュネット、ダイワデッセー、バウンシーチューン、マイネソルシエールの4頭の内3頭がノーザンテーストの血を持っていた。今年は父、母父、父母父、母母父ではないが父ステイゴールドの母母父がノーザンテーストのこの馬から。ステイゴールド産駒自体でみても一昨年とその前年は連対馬を出している。
以下は昨年、一昨年と勝ち馬を出しているキングマンボ系を持つ馬、一昨年、その前年と連対馬を出しているブライアンズタイム系を持つ馬など。

○マローブルー
▲ムードスウィングス
△プロクリス
△マジックタイム
△マイネグレヴィル

2014年4月26日土曜日

2014福島牝馬Sの予想

◎トーセンベニザクラ(ダイワメジャー×ホワイトマズル)

この2年、4番人気以下で馬券になったのが、母父がサトラーズウェルズ系のSingspielのコスモネモシンと母父がヌレイエフ系のPeintre Celebreのピュアブリーゼの2頭で重厚感のあるノーザンダンサー系を持つ馬が良さそう。今年は母父ホワイトマズルがリファール系のトーセンベニザクラと母父エリシオがフェアリーキング系のサトノジュピター。以下は福島芝千八でよくきているロベルト系を持つ馬など。

○サトノジュピター
▲セキショウ
△ミッドサマーフェア
△アロマティコ
△レイカーラ


2014錦Sの予想

◎ダイナミックガイ(オレハマッテルゼ×ティンバーカントリー)

準オープンクラス以上の京都芝千六の4番人気以下で馬券になった馬の3分の1が母方にネヴァベンド系を持っていた。このレースでは母母父ブレイヴェストローマンのダイナミックガイと母母父マグニテュードのヤマノレオの2頭だけ。以下は素直にディープインパクト産駒などを。

○ヤマノレオ
▲ベステゲシェンク
△ハーキュリーズ
△シェルビー
△ダローネガ

2014メトロポリタンSの予想

◎エクスペディション(ステイゴールド×Lyphard)

一昨年1着スマートロビンは母父Lyphard、父母父Alzao、昨年2着のクリールカイザーはキングヘイロー産駒で2年続けてリファール系を持つ馬が連対中。今年は母父Lyphardのエクスペディションだけが該当。実績面でもメンバー中上位。以下は東京芝二四でよくきているハンプトン系を持つ馬など。

○マイネルジェイド
▲サトノアポロ
△プロモントーリオ
△ラブリーデイ

2014年4月20日日曜日

2014皐月賞の予想

◎ベルキャニオン(ディープインパクト×フレンチデピュティ)

近5年の中山での皐月賞で5番人気以下で連対したヒルノダムール、トライアンフマーチ、キャプテントゥーレ、タケミカヅチの内キャプテントゥーレを除く3頭がニジンスキー系を持っていた。今年の出走馬で父、母父、父母父、母母父にニジンスキー系を持つのはベルキャニオンとウインフルブルームの2頭。トライアンフマーチ、キャプテントゥーレがそれぞれ母父、母母父に持っていたリファール系も父母父に持つベルキャニオンから。対抗以下は菊花賞や春天、有馬記念などでも対応できそうな血を持つ馬を。

○ウインフルブルーム
▲ワンアンドオンリー
△コウエイワンマン
△トーセンスターダム
△クリノカンパニー
△クラリティシチー

2014難波Sの予想

◎ローゼンケーニッヒ(シンボリクリスエス×サンデーサイレンス)

昨年がマンハッタンカフェ×Silver Hawkのエーシンミズーリが1着で、シンボリクリスエス×アドマイヤベガのジェントルマンが3着。一昨年はグラスワンダー×スペシャルウィークのシースナイプが2着で、マーベラスサンデー×ブライアンズタイムのカワキタフウジンが3着とサンデー系×ロベルト系、ロベルト系×サンデー系の馬が2年続けて2頭馬券になっている。
今年はミルドリーム、ゼンノルジェロ、オールアズワン、ローゼンケーニッヒが該当。中では母系が薔薇一族のローゼンケーニッヒ。

○ミルドリーム
▲オールアズワン
△ゼンノルジェロ
△ローレルブレット
△タマモマーブル

2014オルフェーヴルカップの予想

◎サウンドガガ(Roman Ruler×Phone Trick)

昨年14番人気2着のフィールドシャイン、一昨年7番人気2着のシゲルソウウンがそれぞれ母母父、父母父がヴァイスリージェント系でサンデー系を持ち合わせていなかった。今年はフィールドシャイン、ダッシャーワン、サウンドガガが該当。父母父がヴァイスリージェント系のSilver Deputyで休み明け2戦2勝のサウンドガガ。対抗以下もヴァイスリージェント系を持つ馬など。

○ダッシャーワン
▲フィールドシャイン
△メイショウツチヤマ
△トウショウカズン
△アビリティラヴ

2014年4月19日土曜日

2014アンタレスSの予想

◎トウショウフリーク(キングカメハメハ×ダンシングブレーヴ)

2012年の1着ゴルトブリッツの母母父がリファール系、2着アイファーソングはキングマンボ系のソングオブウインド産駒。2013年は1着ホッコータルマエがキングマンボ系のキングカメハメハ産駒で、2着ニホンピロアワーズの父がリファール系のホワイトマズルと2年続けてキングマンボ系を持つ馬とリファール系を持つ馬のワンツー。本命はキングマンボ系×リファール系配合のトウショウフリーク。対抗以下もその2系統を持つ馬を中心に。

○ニホンピロアワーズ
▲グランドシチー
△グレートチャールズ
△グラッツィア
△クリソライト


2014年4月13日日曜日

2014桜花賞の予想

◎ハープスター(ディープインパクト×ファルブラヴ)

昨年のアユサン、レッドオーヴァル、一昨年のジェンティルドンナ、ヴィルシーナがいずれもディープインパクト産駒。2年続けてのワンツーフィニッシュ。ハープスター本命で。2,3着馬はいずれも母父ミスプロ系というのも2年連続。昨年3着のプリンセスジャック、一昨年のジェンティルドンナはいずれもダンチヒ系を母方に持っていた。対抗以下は近年の傾向にそってミスプロ系、ダンチヒ系を持つ馬で。

○フォーエバーモア
▲シャイニーガール
△ペイシャフェリス
△ヌーヴォレコルト
△アドマイヤビジン
△ホウライアキコ


2014春雷Sの予想

◎スギノエンデバー(サクラバクシンオー×ブライアンズタイム)

一昨年1着のエーシンホワイティがサクラバクシンオー産駒、2着キョウワマグナムの母母父がボールドルーラー系。昨年の1着ポアゾンブラックも母母父がボールドルーラー系、2着アースソニックの母父はサクラバクシンオーの父サクラユタカオーで、2年続けてプリンスリーギフト系を持つ馬とボールドルーラ系を持つ馬のワンツー。出走馬中、父、母父、父母父、母母父の内にボールドルーラー系を持つ馬はスギノエンデバー1頭。対抗以下は5頭いるサクラバクシンオー産駒含めプリンスリーギフト系を持つ馬から。

○ツインクルスター
▲アフォード
△レオンビスティー
△ハノハノ
△メモリアルイヤー

2014福島民報杯の予想

◎レッドレイヴン(Smart Strike×Silver Hawk)

昨年のこのレースは不良馬場だったので一昨年の結果を重視して。1着ヒットザターゲットがキングカメハメハ産駒、2着ダノンスパシーバが母父ミスプロ、3着モンテエンはその母父がミスプロ系のゼンノロブロイ産駒となっており、ミスプロ系を持つ馬のワンツースリーだった。今年はゼロス、サムソンズプライド、アクションスター、レッドレイヴンが該当。本命はその1,2着馬と同じでサンデー系を持たないレッドレイヴン。以下、残りの3頭と非ミスプロ系のネイティヴダンサー系を持つ馬まで広げて。

○サムソンズプライド
▲アクションスター
△ゼロス
△ミエノワンダー
△シゲルササグリ

2014大阪-ハンブルグカップの予想

◎サトノシュレン(ステイゴールド×エルハーブ)

非トニービン系のグレイソヴリン系を持つ馬(クレスコグランド、トップゾーン)が2年続けて馬券になっている。今年はサトノシュレンとタニノエポレットが該当。中では、昨年二桁人気で3着したトップゾーンと母母が同じで近親になるサトノシュレンから。対抗はタニノエポレット。以下、阪神芝二四でよくきているステイゴールド産駒、ニジンスキー系を持つ馬とトニービンを持つ馬まで広げて。

○タニノエポレット
▲サクラアルディート
△コウエイオトメ
△マジェスティハーツ
△マイネルメダリスト

2014年4月12日土曜日

2014阪神牝馬Sの予想

◎ミナレット(スズカマンボ×ウォーニング)

2011年の勝ち馬カレンチャンの母母父がマルゼンスキー、2012年の勝ち馬クィーンズバーンの父母父がマルゼンスキー、昨年の勝ち馬サウンドオブハートの母父がカーリアンでニジンスキー系を持つ馬が連勝中のレース。今年は母母父がFerdinandのミナレットだけが該当。対抗以下はレッドオーヴァル、リアルインパクトなどこのコースの重賞で結果を出していて、イメージほどこのコースが苦手ではない印象のディープインパクト産駒など

○スマートレイアー
▲ヴィルシーナ
△ウリウリ
△トーホウアマポーラ
△サマールナ

2014ニュージランドトロフィーの予想

◎クインズハリジャン(スペシャルウィーク×Storm Boot)

昨年の勝ち馬エーシントップの父Tale of the Catがストームキャット系、一昨年の勝ち馬カレンブラックヒルの母母父がStorm Catでストームキャット系を持つ馬が連勝中。今年は母父にStorm Bootのクインズハリジャンだけが該当。2走前は今回人気のカラダレジェンドの2着の実績。対抗以下は中山芝マイルでよくきている母父サンデーサイレンス、今開催でよくきている父か母父ミスプロ系の馬など。

○ショウナンアチーヴ
▲カラダレジェンド
△ベルルミエール
△イタリアンネオ
△ウインフェニックス

2014年4月6日日曜日

2014ダービー卿チャレンジトロフィーの予想

◎コディーノ(キングカメハメハ×サンデーサイレンス)

一昨年2着のオセアニアボス、昨年3着のダイワファルコンが母父サンデーサイレンス。一昨年3着のネオサクセス、昨年2着のダイワマッジョーレが母母父にハンプトン系を持っていた。2年連続馬券になっているこれら2系統を合わせ持っているのは今年の出走馬ではコディーノだけ。土曜日の芝のレースも1着馬は父が非サンデー系ばかり。対抗は高速馬場の9月開催を除いた中山芝マイルで高連対率のフジキセキ産駒エールブリーズ。以下、これも2年続けて馬券になっているノーザンテーストを持つ馬など。

○エールブリーズ
▲ブレイズアトレイル
△インパルスヒーロー
△ダイワファルコン
△カレンブラックヒル





2014産経大阪杯の予想

◎フラガラッハ(デュランダル×トニービン)

近2年の3着内馬はショウナンマイティが2度と父がミスプロ系のフェデラリスト、エイシンフラッシュ、ノーザンテーストを持つトーセンジョーダン、オルフェーヴルの6頭。今年は父ミスプロ系の出走はなし。ノーザンテーストを持つのがフラガラッハ1頭のみ。有力馬3頭がすべて休み明けなので一角崩しに期待。対抗はショウナンマイティと同じサンデーサイレンス系×ストームキャット配合のキズナ。以下、父の母父がミスプロ系のメイショウマンボと2年連続このレース連対中のショウナンマイティ。一応、エピファネイア。

○キズナ
▲メイショウマンボ
△ショウナンマイティ
△エピファネイア

2014年4月5日土曜日

2014船橋Sの予想

◎バートラムガーデン(サクラバクシンオー×アフリート)

近2年のこのレースの連対馬はマイネルロガール、ロードバロック、ハノハノ、シルクウェッジノ4頭。マイネルロガールはプリンスリーギフト系のサクラバクシンオー産駒でその母父がノーザンテースト、ロードバロックはグレイソヴリン系のトニービンが母父。ハノハノはグレイソヴリン系のアドマイヤコジーンが父でトニービンが母父、父母父がノーザンテーストで、母母父がプリンスリーギフト系のファバージ。シルクウェッジは母方がトニービン×ノーザンテースト配合となっており、かなり偏った血統傾向が出ている。本命はサクラバクシンオー産駒で母母父がグレイソヴリン系のコジーン、父母父ノーザンテーストのバートラムガーデン。重い、重いと言われている今の中山なら札幌、函館に良績が偏っている同馬にも合っているはず。
対抗以下もプリンスリーギフト系、ノーザンテースト、グレイソヴリン系を持つ馬などを。

○ブランダムール
▲トーセントレジャー
△サニーヘイロー
△マッキーコバルト
△コウヨウアレス


2014コーラルSの予想

◎レーザーバレット(ブライアンズタイム×Mr.Prospector)

近2年の1着馬、インオラリオ、アドマイヤサガスともに父か母父がミスタープロスペクター系で、父、母父、父母父、母母父にノーザンダンサー系を持っていなかった。今回の出走馬で条件をみたすのはレーザーバレット1頭。雨予報なのでブライアンズタイム産駒というのもよさそう。実際、前走は雪による中止明けの不良馬場を勝っている。
対抗もブライアンズタイム産駒つながりでエーシンビートロン。以下、このコースの好走血統ミスタープロスペクター系、ヴァイスリージェント系を持つ馬など。

○エーシンビートロン
▲フィールドシャイン
△エーシンレンジャー
△セイカプリコーン
△ナガラオリオン