過去の当該レース、コース別の人気薄好走血統を抽出

2014年6月29日日曜日

2014宝塚記念の予想

◎フェイムゲーム(ハーツクライ×アレミロード)

ショウナンマイティと同じ母父リボー系でルーラーシップ、アーネストリーの母父トニービンが父母父で、ステイゴールド産駒は近5年で4勝しているがその母父ディクタスが母母父に入っていて、近年のこのレースの好走馬の血統を固めたフェイムゲームから。

◯ゴールドシップ
▲メイショウマンボ
△トーセンジョーダン
△ウインバリアシオン
△カレンミロティック

2014パラダイスSの予想

◎ゴールデンナンバー(ダイワメジャー×Selkirk)

2012年以降、東京芝千四で行われた古馬オープンクラスのレースは6レース。12年の京王杯スプリングカップとオーロカップで父フサイチコンコルドのインプレスウイナー、13年の京王杯スプリングカップでは母父ジェネラスのガルボ、13年のパラダイスSと今年の京王杯スプリングカップで父母父がカーリアンのレッドスパーダが3着内に来ており、6レース中5レースでカーリアン系を持つ馬が馬券圏内に好走。
ここ出走はインプレスウイナーと母母父がカーリアンのゴールデンナンバーの2頭。12年を最後に得意の東京芝千四に4度出走して結果が出ていないインプレスウイナーよりはゴールデンナンバーで。

◯インプレスウイナー
▲レオアクティブ
△ミトラ
△アルフレード
△クッカーニャ

2014大沼Sの予想

◎フィールドシャイン(サクラバクシンオー×ブライアンズタイム)

昨年の勝ち馬マカニビスティーの母方がブライアンズタイム×デピュティミニスター、一昨年の勝ち馬スマートタイタンがタニノギムレット×Silver Deputyで2年連続でブライアンズタイム系×デピュティミニスター系配合を持つ馬が勝利。連対実績が千二のみではあるが、マカニビスティーと同じく母方がブライアンズタイム×デピュティミニスターのフィールドシャインから。

◯グランプリブラッド
▲クリソライト
△ケイアイレオーネ
△フリートストリート
△ナリタシルクロード

2014年6月28日土曜日

2014三宮Sの予想

◎ゴーイングパワー(サクラバクシンオー×フジキセキ)

一昨年が母方がフジキセキ×フォーティナイナーのゴーイングパワー、昨年がクリストワイニング×フジキセキのクランチタイムがいずれも2着しているレースで、フジキセキ×フォーティナイナー系を持つ馬が2年続けて連対中。今年、該当するのは一昨年も好走のゴーイングパワーのみ。

◯ドリームコンサート
▲サマリーズ
△ナリタシーズン
△カフェシュプリーム
△メイショウゾンビ

2014夏至Sの予想

◎クラージュドール(キングカメハメハ×サンデーサイレンス)

ここ出走のセイカフォルトゥナが逃げた2月の白嶺S、5月の薫風Sがともに勝ちタイムが35秒台に突入。その2レースでともに6番人気で連対したパワースポット、サトノプライマシーがサンデーとミスプロを合わせ持っていた。中では現級勝ちのあるクラージュドール。

◯ナリタハリケーン
▲オメガスカイツリー
△シンボリエンパイア
△トロワボヌール
△オメガセニョリーナ
△タナトス

2014年6月22日日曜日

2014ユニコーンSの予想

◎バンズーム(シンボリクリスエス×サンデーサイレンス)

近4年のこのレースの3着内馬13頭の内、父か母父デピュティミニスター系か父、母父、父母父、母母父にボールドルーラー系を持つ馬が10頭を占める。近3年では2頭ずつ馬券になっているボールドルーラー系を父母父に持つバンズームから。

◯アジアエクスプレス
▲アンズチャン
△ペアン
△ワイルドダラー
△タガノエッヴィーバ
△コーリンベリー

2014米子Sの予想

◎コスモソーンパーク(ロージズインメイ×ジェニュイン)

古馬OPクラスの阪神芝マイルは六甲S、米子S、ポートアイランドS、リゲルSと年4回。2012年以降今年の六甲Sまで9レース行われたが、内7レースでグレイソヴリン系を持つ馬が必ず1頭は3着内に来ている。昨年暮れのリゲルS、二桁人気で3着の実績がある母母父トニービンのコスモソーンパークから。

◯サンレイレーザー
▲オリービン
△ブレイズアトレイル
△サンライズメジャー
△リルダヴァル

2014函館スプリントSの予想

◎セイコーライコウ(クロフネ×サンデーサイレンス)

2012年以降、OPクラスの函館芝千二で、4番人気以下で馬券になった馬は以下の5頭で6回。
ビスカヤ(コマンダーインチーフ×セイントバラード)
フォーエバーマーク(ファルブラヴ×ダンスインザダーク)
パドトロワ(スウェプトオーヴァーボード×フジキセキ)
シュプリームギフト(ディープインパクト×Souvenir Copy)
ビウイッチアス(ダイワメジャー×Gulch)

ノーザンダンサー系×ヘイロー系(サンデー系含む)が2頭、サンデー系×ミスプロ系が3頭。
クロフネとファルブラヴ、コマンダーインチーフでは少しずれてる感はあるが、一応、ノーザンダンサー系×サンデー配合であるセイコーライコウ。母母父がシーキングザゴールドなので、母方はサンデー×ミスプロ系配合でもある。

◯フォーエバーマーク
▲ストレイトガール
△ガルボ
△ツインクルスター
△クリスマス
△ローブディサージュ
△ヤマニンプチガトー


2014年6月21日土曜日

2014天保山Sの予想

◎デュアルスウォード(デュランダル×エンドスウィープ)

2012年以降の阪神ダ千四のオープン特別競争では父か母父にミスプロ系を持つ馬の3着内占有率が約60%。中では先週の準オープン競走で勝利したキョウエイアシュラの父スウェプトオーヴァーボードと同じエンドスウィープ系を母父に持つデュアルスウォード。昨年秋、同条件のエニフSを2着した時と同じ新潟千直からの臨戦過程というのもよい。

◯ウォータールルド
▲ナリタスーパーワン
△ナリタスプリング
△エーシンビートロン
△ボレアス

2014ジューンSの予想

◎ソルレヴァンテ(キングカメハメハ×トニービン)

ルーラーシップ、ソウルフルボイスと同じキンカメ×トニービン配合。この2頭とソルレヴァンテなどを含めてこの配合の馬の東京芝二千の成績はこの5年で(2.3.2.3)連対率5割、複勝率7割。

◯ステラウインド
▲ラウンドワールド
△クランモンタナ
△リヤンドファミユ
△サムソンズプライド

2014年6月14日土曜日

2014エプソムカップの予想

◎アーデント(ディープインパクト×Kaldoun)

昨年3着のサンレイレーザーの母父がコジーン、一昨年3着のマイネルスターリーの父がスターオブコジーンで非トニービンのグレイソヴリン系を持つ馬が2年続けて人気薄で馬券になっている。今年は母父Kaldounのアーデントだけが該当。ディープ産駒も2012年はトーセンレーヴ、ダノンシャークでワンツー実績もある。

◯カルドブレッサ
▲マジェスティハーツ
△ゴールデンナンバー
△ディサイファ
△マイネルラクリマ

2014マーメイドSの予想

◎サンシャイン(ハーツクライ×Pistolet Bleu)

2012年7番人気2着のクリスマスキャロルが母父トニービン、2011年7番人気2着のブロードストリートが母父コジーン。その前年も母父トニービンのテイエムオーロラが3着でグレイソヴリン系を持つ馬が毎年のように好走しているレース。この馬は父母父がトニービン。

◯シャトーブランシュ
▲アイスフォーリス
△サトノジュピター
△フーラブライド
△メイショウキラリ

2014年6月13日金曜日

2014アハルテケSの予想

◎ナイトフッド(シンボリクリスエス×サンデーサイレンス)

2012年はブライアンズタイム産駒のバーディバーディが1着、昨年はシンボリクリスエス産駒のダノンカモンが1着で父ロベルト系の馬が連勝中。このレースでは父ロベルト系はナイトフッド1頭だけ。

◯ベストウォーリア
▲ツクバコガネオー
△アメリカンウイナー
△カネトシイナーシャ
△サトノプライマシー


2014安芸Sの予想

◎ナリタシーズン(フレンチデピュティ×スキャン)

今年の準オープンクラス以上の阪神ダ千四の4レースで父ストームキャット系やデピュティミニスター系といった米系ノーザンダンサー系の馬が必ず1頭は馬券になっている。
父フレンチデピュティ、母父がミスプロ系、母母父Princequillo系でこのコースで何度も好走のエアウルフとほぼ同じ血統構成のナリタシーズンから。

◯グレイスフルリープ
▲エーシンクルゼ
△アフリカンハンター
△ヤマノサファイア
△ゴーイングパワー

2014年6月7日土曜日

2014安田記念の予想

◎エキストラエンド(ディープインパクト×Garde Royale)

昨年二桁人気3着のダノンシャークがディープ産駒で母母父にネヴァベンド系のShirey Heights、11年9番人気1着のリアルインパクトがディープ産駒、12年二桁人気3着のコスモセンサーが母父リヴリアでこれもネヴァベンド系。ディープ産駒で母父Garde Royaleがネヴァベンド系のエキストラエンドから。

◯グランプリボス
▲ミッキーアイル
△ダノンシャーク
△フィエロ
△ジャスタウェイ

2014垂水Sの予想

◎エーシングングン(ジャングルポケット×サンデーサイレンス)

二千の内周りで条件は異なるが土曜日の鳴尾記念で母父トニービンのフラガラッハが10番人気で3着、同じ芝千八の1000万下、三木特別では母母父トニービンのマルタカシクレノンが8番人気で2着とトニービン系を持つ馬が古馬の芝のレースで続けて穴を提供。ここでは唯一のトニービン系、父ジャングルポケットのエーシングングンから。

◯マコトブリジャール
▲トーセンソレイユ
△アドマイヤドバイ
△フレージャパン
△ドリームトレイン

2014鳴尾記念の予想

◎サクラアルディート(ディープインパクト×マルゼンスキー)

昨年7番人気2着のエクスペディションがステイゴールド×Lyphard、一昨年5番人気3着のトーセンラーの父ディープインパクトがサンデーサイレンス×リファール系配合で、2年続けてサンデー、リファールをあわせ持つ馬が人気薄で馬券になっている。

◯エックスマーク
▲カレンミロティック
△トーセンジョーダン
△フラガラッハ
△トゥザグローリー

2014麦秋Sの予想

◎ヴィンテージイヤー(メイショウボーラー×Starborough)

このコースの人気薄好走血統ボールドルーラー系を母母父に持つ。格上挑戦とはいっても昨年はこのクラスで連対実績もある。

◯デザートオアシス
▲クロタカ
△ドリームコンサート
△インディーズゲーム
△キングヒーロー

2014年6月1日日曜日

2014安土城Sの予想

◎サンライズメジャー(ダイワメジャー×Deputy Minister)

古馬オープンクラスの京都芝千四はこの安土城Sと秋のスワンS。昨年はこの2レースで1-3着馬はすべて父サンデー系。中ではスワンSでワン・ツーしたコパノリチャード、ダイワマッジョーレと同じダイワメジャー産駒サンライズメジャー。土曜の準オープンでも同産駒のフォーチュンスターが連対を確保。

◯プリムラブルガリス
▲ワイズリー
△レッドアリオン
△ダノンプログラマー
△カネトシディオス


2014目黒記念の予想

◎グランデスバル(アドマイヤジャパン×ホークアタック)

このレース近2年を振り返ると
一昨年
1着スマートロビンがディープ産駒で母父がリファール、母母父がニジンスキー、
2着トウカイパラダイスがゴールドアリュール産駒で母父がマルゼンスキー、
3着コスモロビンがゼンノロブロイ産駒で母母父がロベルト系のSilver Hawk。
昨年は
1着ムスカテールがロベルト系のマヤノトップガン産駒で母父がサンデーサイレンス
2着ルルーシュはゼンノロブロイ産駒で母母父がリファール系のダンシングブレーヴ
3着カフナが母父サンデーサイレンスで母母父がニジンスキー系
とサンデー系とニジンスキー系、リファール系、ロベルト系をあわせ持つ馬で全て占められている。
父アドマイヤジャパンがサンデーサイレンス×ニジンスキー系で母父がSilver Hawk系のホークアタックのグランデスバルから。

◯ラブイズブーシェ
▲ムスカテール
△コスモロビン
△アスカクリチャン
△ステラウインド


2014東京優駿の予想

◎スズカデヴィアス(キングカメハメハ×サンデーサイレンス)

近5年、6番人気以下で馬券になったアポロソニック、トーセンホマレボシ、ウインバリアシオン、ベルシャザール、エイシンフラッシュ、アントニオバローズの内、トーセンホマレボシ(母母父Crafty Prospector)、ベルシャザール(父キングカメハメハ)、エイシンフラッシュ(父King’s Best)、アントニオバローズ(母父Kingmambo)と4頭がミスプロ系を持っていた。
ベルシャザールと同じキンカメ×サンデー配合で皐月賞惨敗から巻き返したリーチザクラウンと同じサンデー系×Seattle Slew配合を母方に持つスズカデヴィアスから。

◯イスラボニータ
▲ベルキャニオン
△トゥザワールド
△トーセンスターダム
△タガノグランパ