過去の当該レース、コース別の人気薄好走血統を抽出

2014年12月27日土曜日

2014ファイナルSの予想

◎カオスモス(マイネルラヴ×ファルブラヴ)

阪神ダ千四オープン特別ではミスプロ系、ヴァイスリージェント系などダートで強い血統に加えて、サンデー系を中心としたヘイロー系を持っている馬がよさそう。
12年
ガンジス(サンデー系×ヴァイスリージェント系)
トウショウカズン(ヴァイスリージェント系×サンデー系)
メイショウマシュウ(サンデー系×ミスプロ系)
13年
ウォータルルド(父ウォーターリーグがヴァイスリージェント系×ヘイロー系配合)
マルカフリート(ミスプロ系×サンデー系)
ファリダット(ミスプロ系×サンデーサイレンス)
父がミスプロ系のマイネルラヴ、母母父がサンデーのカオスモスから。

◯ナガラオリオン
▲キョウワダッフィー
△デザートオアシス
△コーリンベリー
△ナリタスーパーワン


2014有馬記念の予想

◎サトノノブレス(ディープインパクト×トニービン)

近10年の人気薄好走血統トニービン系を母父に、ボールドルーラー系を母母父に持つサトノノブレスから。

リンカーン(母父トニービン 05年 6番人気 3着)
アドマイヤモナーク(母父トニービン 08年 14番人気 2着)
ポップロック(父母父、母母父 ボールドルーラー系 06年 6番人気 2着)
マツリダゴッホ(母父ボールドルーラー系 09年 9番人気 1着)
エアシェイディ(母母父ボールドルーラー系 08年 10番人気 09年 11番人気 3着)
また、リンカーン、アドマイヤモナークともその年の京都芝二四重賞で勝っていたという共通項もある。サトノノブレスは今年の日経新春杯の勝ち馬。

◯ジャスタウェイ
▲フェノーメノ
△ウインバリアシオン
△ゴールドシップ
△エピファネイア

2014ホープフルSの予想

◎レトロロック(ディープインパクト×シンボリクリスエス)

昨年までのオープン特別のホープフルS過去5年の勝ち馬はシンボリクリスエス産駒が3頭、キングカメハメハ産駒が2頭で寡占状態。

シンボリクリスエス産駒
アリゼオ(09年 1着)
サトノネプチューン(12年 1着)
エアアンセム(13年 1着)
キングカメハメハ産駒
ベルシャザール(10年 1着)
アドマイヤブルー(11年 1着)
また、ディープ産駒が近2年では連続して2着している。
ディープ産駒で母父がシンボリクリスエスのレトロロックから。

◯シャイニングレイ
▲ティルナノーグ
△ダノンメジャー
△ソールインパクト
△タンタアレグリア

2014阪神カップの予想

◎クラレント(ダンスインザダーク×ダンシングブレーヴ)

過去5年の3着内馬15頭中8頭がニジンスキー系、リファール系を持っていた。また、サンカルロ、キンシャサノキセキ、ガルボとリピーターの多いレースでもある。
母父がリファール系のダンシングブレーヴで昨年3着のクラレントから。

◯ダイワマッジョーレ
▲リアルインパクト
△コパノリチャード
△ミッキーアイル
△オリービン


2014師走Sの予想

◎カシュカシュ(アフリート×Halo)

2012年以降の中山ダ千八オープン特別の人気薄好走馬はキンカメかアフリートを持っている。
あわせて、暮れの最終週の中山ダ千八オープン特別の前走場別成績では京都、阪神、中山に比べて東京コース組は極端に悪い傾向。アフリート産駒で前走が京都のカシュカシュから。

◯フィールザスマート
▲ノースショアビーチ
△ツクバコガネオー
△マスクトヒーロー
△グランドシチー


2014年12月21日日曜日

2014朝日杯フューチュリティSの予想

◎タガノエスプレッソ(ブラックタイド×キングカメハメハ)

今開催の2勝以上クラスの3レース中、土曜日のリゲルSを除く2レースでは4頭の連対馬すべてがミスプロ系を持っていた。あわせて、Targetで「阪神芝千六」「重」「500万以上」で検索すると父か母父キングマンボ系は(4.2.1.8)と高連対率。母父がキンカメで阪神芝千六高連対率のディープの全兄ブラックタイド産駒のタガノエスプレッソから。

◯ペプチドウォヘッド
▲ブライトエンブレム
△ダノンプラチナ
△ネオルミエール
△アッシュゴールド


2014ディセンバーSの予想

◎フィロパトール(ジャングルポケット×Wild Again)

09年以降の5レースで馬券になった15頭中1/3の5頭が父か母父にトニービン系となっている。

ショウワモダン(母父トニービン 09年 7番人気 1着)
タガノサイクロン(母父トニービン 09年 9番人気 2着)
スマートステージ(父ジャングルポケット 11年 8番人気 1着)
エアソミュール(父ジャングルポケット 13年 1番人気 1着)
ダービーフィズ(父ジャングルポケット 13年 5番人気 3着)
ここ出走でトニービンを持つのはフィロパトールただ1頭。この馬自身中山芝千八は(1.1.0.1)

◯マイネグレヴィル
▲レッドレイヴン
△マックスドリーム
△ウインマーレライ
△スピリタス


2014ベテルギウスSの予想

◎イッシンドウタイ(スズカマンボ×スラヴィック)

2週目から3週目にスライドした近2年では父か母父サンデー系でワン・ツー・スリー。

2012年
1着 ハートビートソング(父ゼンノロブロイ)
2着 バトルドンジョン(父マーベラスサンデー)
3着 マカニビスティー(父ゼンノロブロイ)
2013年
1着 ナムラビクター(父ゼンノロブロイ)
2着 ソロル(母父サンデーサイレンス)
3着 タイムズアロー(母父サンデーサイレンス)
2連勝中のゼンノロブロイと同じサンデー×ミスプロ配合のスズカマンボ産駒イッシンドウタイから。

◯ランウェイワルツ
▲ドコフクカゼ
△トウシンイーグル
△タイムズアロー
△マルカプレジオ


2014年12月20日土曜日

2014リゲルSの予想

◎コスモソーンパーク(ロージズインメイ×ジェニュイン)

2012年のこのレース10番人気3着のオースミスパーク、2013年11番人気3着のコスモソーンパークはそれぞれ父母父、母母父にトニービンを持っていた。今回のメンバーでトニービンを持つのは昨年3着のコスモソーンパーク1頭。昨年と同じキャピタルS、ちょい負けからの参戦でもある。

◯プリムラブルガリス
▲レッドアリオン
△アーデント
△エールブリーズ
△サクラアルディート


2014愛知杯の予想

◎フレイムコード(タヤスツヨシ×オペラハウス)

過去2年のこのレースではサドラーズウェルズ系、グレイソヴリン系を持つ馬が活躍。

エーシンメンフィス(父Medaglia d’Oroがサドラー系 2012年 1着)
サンシャイン(父母父トニービンがグレイソヴリン系 2012年 2着)
オールザットジャズ(父母父クリスタルパレスがグレイソヴリン系 2012年 3着)
キャトルフィーユ(母父Tejano Runがグレイソヴリン系 2013年 2着)
コスモネモシン(母父Singspielがサドラー系 2013年 3着)
また、過去2年の連対馬4頭は格上挑戦の軽ハンデという共通点もあった。
母父オペラハウスがサドラー系で、父母父Caroがグレイソヴリン系と好走血統を2本持ち、
前走に引き続き格上挑戦となるフレイムコードから。

◯イリュミナンス
▲キャトルフィーユ
△シャトーブランシュ
△レーヴデトワール
△リメインサイレント



2014年12月13日土曜日

2014阪神ジュベナイルフィリーズの予想

◎コートシャルマン(ハーツクライ×Smart Strike)

近5年、6番人気以下で好走した6頭中2頭がクロフネ産駒、残りの4頭は母父がネイティブダンサー系。
ベストクルーズ(クロフネ産駒 09年 6番人気 3着)
ライステラス(母父スピードワールド 10年 8番人気 3着)
アイムユアーズ(母父エルコンドルパサー 11年 8番人気 2着)
クロフネサプライズ(クロフネ産駒 12年 15番人気 2着)
レッドセシリア(母父Selkirk 12年 10番人気 3着)
フォーエバーモア(母父Pentelicus 13年 8番人気 3着)
また、昨年のハープスターの母母父、一昨年のクロフネサプライズの母父、レッドセシリアの父母父とトニービンを持つ馬が2年連続で馬券になっている。

父母父がトニービンで母父がネイティブダンサー系、桜花賞2着馬のレッドオーヴァルが半姉のコートシャルマンから。

◯ダノングラシアス
▲ショウナンアデラ
△クールホタルビ
△レッツゴードンキ
△ココロノアイ




2014カペラSの予想

◎サウンドガガ(Roman Ruler×Phone Trick)

09年以降の5レースで馬券になった15頭中10頭が父か母父ミスプロ系。加えてマイナー血統を持っている馬がよくきている。

ダイワディライト(ミスプロ系×ヘロド系 09年 2着)
グランドラッチ(ミスプロ系×ドミノ系 09年 3着)
ティアップワイルド(ワイルドアゲイン系×ミスプロ系 10年、11年 2着)
タイセイレジェンド(ミスプロ系×ヘロド系 11年 3着)
ケイアイガーベラ(父Smarty Jonesがミスプロ系×マッチェム系 11年 1着)
エーシンウェズン(父Trippiがミスプロ系×マッチェム系 12年 2着)

また、グランドラッチ、ダイワディライトを除く4頭はいずれも前走から距離短縮の臨戦過程だった。
ミスプロ系×クレバートリック系配合で前走が大井ダ千八のサウンドガガから。

◯ダッシャーワン
▲タールタン
△サトノプリンシパル
△メイショウノーベル
△ダノンレジェンド


2014チャレンジカップの予想

◎デウスウルト(キングカメハメハ×サンデーサイレンス)

暮れの阪神2週目に移ってからの2年では父か母父ミスプロ系か父か母父ロベルト系の馬がよくきている。

ショウリュウムーン(父キングカメハメハ 12年 1着)
アドマイヤタイシ(母父ドバイミレニアム 12年 2着)
タガノエルシコ(父マヤノトップガン 12年 3着)
アルキメデス(父アドマイヤムーン 母父シーキングザゴールド 13年 1着)
カワキタフウジン(母父ブライアンズタイム 13年 2着)
ハナズゴール(母父シャンハイ 13年 3着)
また、アルキメデスは昇級初戦、アドマイヤタイシは昇級2戦目、タガノエルシコは昇級3戦目と過去の実績はあまり重要視する必要もないレースとなっている。
父がミスプロ系のキングカメハメハで昇級初戦となるデウスウルトから。

◯アズマシャトル
▲バッドボーイ
△アドマイヤタイシ
△トーセンスターダム
△フルーキー



2014ラピスラズリSの予想

◎レオンビスティー(サクラバクシンオー×タバスコキャット)

10年以降の4レース中3レースで人気薄のサクラバクシンオー産駒が馬券になっている。
メイビリーヴ(10年 9番人気 3着)
スギノエンデバー(11年 5番人気 3着)
アフォード(13年 13番人気 1着)
全4勝中3勝が暮れと年初の中山芝千二でサクラバクシンオー産駒のレオンビスティーから。

◯セイコーライコウ
▲アフォード
△プリンセスメモリー
△コウヨウアレス
△ワキノブレイブ


2014年12月6日土曜日

2014タンザナイトSの予想

◎ナリタスプリング(フジキセキ×ウッドマン)

今年の準オープン以上の阪神芝千四はこれまで5レース。その内4レースで6番人気以下の人気薄が3着内に来ている。その4頭全てが父か母父ミスプロ系だった。

サンカルロ(母父クラフティプロスペクター 阪急杯 8番人気 3着)
サマールナ(父アドマイヤムーン 心斎橋S 8番人気 2着)
ローブディサージュ(父ウォーエンブレム 阪神牝馬S 9番人気 3着)
アイムヒアー(父プリサイスエンド 仲秋S 6番人気 3着)
母父がミスプロ系のウッドマンで3歳時には同じ阪神芝千四のオープン特別で3着と好走歴のあるナリタスプリングで。

◯キョウワマグナム
▲サトノルパン
△オリービン
△プリムラブルガリス
△ニシノビークイック



2014チャンピオンズカップの予想

◎ベストウォーリア(Majestic Warrior×Mr.Greeley)

2012年以降、中京ダ千八1600万以上の8レース中5レースで6番人気以下の馬が3着内に来ている。5頭中4頭が父か母父ミスプロ系を含むネイティブダンサー系でかつサンデーを持っていなかった。

サクラブライアンズ(ブライアンズタイム×ガルチ ’12白川郷S 7番人気 3着)
ナムラタイタン(サウスヴィグラス×アフリート ’13東海S 8番人気 2着)
コウユーヒーロー(カコイーシーズ×リアルシャダイ ’13白川郷S 6番人気 3着)
マイネルバイカ(ロージズインメイ×フォーティナイナー ’14東海S 8番人気 3着)
ナムラタイタン以外の3頭はサンデーではないがロベルト系やデビルズバッグ系のターントゥ系とネイティブダンサー系配合。母父がミスプロ系で母母父がロベルト系のSilver Hawkのベストウォーリアで。

◯ホッコータルマエ
▲ワイドバッハ
△インカンテーション
△コパノリッキー
△ローマンレジェンド


 

2014ターコイズSの予想

◎メイショウスザンナ(アグネスデジタル×サンデーサイレンス)

ミスプロ系とニジンスキー系を合わせ持つ馬が2011年から3連勝中。

マイネプリンセス(父アグネスデジタル 母母父マルゼンスキー 11年 1着)
サウンドオブハート(母母父ウッドマン 母父カーリアン 12年 1着)
レイカーラ(父キングカメハメハ 母父カーリアン 13年 1着)
11年14番人気で1着したマイネプリンセスと同じアグネスデジタル産駒で母母父マルゼンスキーのメイショウスザンナで。

◯レイカーラ
▲ミナレット
△マーブルカテドラル
△ケイティバローズ
△アミカブルナンバー
△ノボリディアーナ


2014年12月5日金曜日

2014逆瀬川Sの予想

◎ローゼンケーニッヒ(シンボリクリスエス×サンデーサイレンス)

開幕週に行われた逆瀬川Sは近5年で10年、12年の2度。その2レースで馬券になった6頭中3頭が父ロベルト系。

ピエナポパイ(父マヤノトップガン 10年 2着)
ラフレッシュブルー(父グラスワンダー 10年 3着)
ジェントルマン(父シンボリクリスエス 12年 2着)
ここ出走ただ1頭の父ロベルト系ローゼンケーニッヒで。

◯アクションスター
▲アイウォントユー
△サトノアラジン
△スズカヴァンガード
△デリッツァリモーネ



2014金鯱賞の予想

◎クランモンタナ(ディープインパクト×トニービン)

この時期に行われるようになって2年その母父がトニービンのハーツクライ産駒3頭を含めて6頭の3着内馬の内4頭がトニービンを持っていた。

アドマイヤラクティ(父ハーツクライ 12年 3着)
カレンミロティック(父ハーツクライ 13年 1着)
ラブリーデイ(母母父トニービン 13年 2着)
ウインバリアシオン(父ハーツクライ 13年 3着)
また、6頭中ラブリーデイとウインバリアシオンを除く4頭が近3走内に準オープンクラス勝ち上がりの叩き上げであった。母父トニービンで3走前に準オープン勝ちのクランモンタナで。

◯ウインバリアシオン
▲ラブリーデイ
△エアソミュール
△オーシャンブルー
△ユールシンギング


2014ステイヤーズSの予想

◎スカイディグニティ(ブライアンズタイム×ノーザンテースト)

3年連続3着内のトウカイトリック、2年連続3着内のデスペラードを含めて近5年ではロベルト系を持つ馬が必ず1頭は馬券になっているレース。

モンテクリスエス(父シンボリクリスエス 09年 3着)
コスモヘレノス(父グラスワンダー 10年 1着)
トウカイトリック(母父シルバーホーク 11年13年 3着 12年 1着)
デスペラード(母母父ブライアンズタイム 12年 3着 13年 1着)
デスペラードを除く3頭はそれまでに芝二五以上の重賞で実績があった点を考えると父がブライアンズタイムで菊花賞2着の実績を持つスカイディグニティが一番ピッタリ。

◯デスペラード
▲セイクリッドバレー
△モビール
△ファタモルガーナ
△クリールカイザー