過去の当該レース、コース別の人気薄好走血統を抽出

2015年1月31日土曜日

2015白富士Sの予想

◎クランモンタナ(ディープインパクト×トニービン)

2010年以降の5レースすべてでグレイソヴリン系を持つ馬が、また、5レース中4レースでリファール系を持つ馬が馬券になっている。

グレイソヴリン系
シェーンヴァルト(10年 2着 父ジャングルポケット)
セイクリッドバレー(11年、12年共に3着 父母父クリスタルパレス)
ステラロッサ(13年 2着 父母父トニービン)
エアソミュール(14年 1着 父ジャングルポケット)
リファール系
トウショウウェイヴ(10年 1着 母父ニッポーテイオー)
リディル(11年 2着 母父ダンシングブレーヴ)
アンコイルド(13年 1着 母父Alzao)
ムーンリットレイク(13年 3着 父母父Alzao)
サムソンズプライド(14年 3着 父母父ダンシングブレーヴ)
母父がトニービンで父母父がAlzaoのクランモンタナから。

◯エックスマーク
▲ゼロス
△コスモオオゾラ
△エバーブロッサム
△アズマシャトル


2015北山Sの予想

◎アサクサショパン(ネオユニヴァース×Law Society)

2012年以降、良馬場以外の準オープンクラスの京都ダ千八のレースを6番人気以下で3着内に来た馬は3頭。その内の2頭がネオユニヴァース産駒だった。

メタギャラクシー(12年上賀茂S 稍重 8番人気 3着)
ハリケーン(13年花園S 稍重 6番人気 3着)
このクラスでは苦戦気味だが京都コースは着差だけならそこそこでもあり、ここ出走ただ1頭のネオユニ産駒アサクサショパンから。

◯アドマイヤランディ
▲ワンダーアシャード
△キクノソル
△エクストラゴールド
△コルージャ

2015年1月25日日曜日

2015石清水Sの予想

◎イリュミナンス(マンハッタンカフェ×トニービン)

12年以降の準オープンクラスの京都芝マイル戦で5番人気以下で馬券になった馬が12頭。内、9頭がグレイソヴリン系、ブラッシンググルーム系、ネヴァベンド系といったナスルーラ系を持っていた。

エックスダンス(父母父トニービン 12年石清水S 11番人気 1着)
セイクリッドセブン(母父トニービン 12年石清水S 9番人気 3着)
デンコウジュピター(母父ゴールデンフェザント 12年オーストラリアT 6番人気 2着)
ナシュワンヒーロー(父バゴ 母父アーミジャー 母母父サウスアトランティック 12年 修学院S 5番人気 2着)
ワイズリー(母父パラダイスクリーク 13年 錦S 10番人気 3着)
ノーブルディード(母母父ナシュワン 13年 清水S 7番人気 2着)
ティアップゴールド(母母父シャーリーハイツ 13年 清水S 14番人気 3着)
ニシノカチヅクシ(母父ラーイ 14年 錦S 9番人気 3着)
ブレークビーツ(父ジャングルポケット 14年 修学院S 7番人気 2着)
母父がトニービンで前走重賞から自己条件に戻したイリュミナンスから。 

◯ブレークビーツ
▲トーセンソレイユ
△フレイムコード
△ダイシンサンダー
△ウインプリメーラ


2015アメリカジョッキーCCの予想

◎マイネルディーン(ダンスインザダーク×トニービン)

過去5年のAJCCで6番人気以下で連対した3頭すべてがリファール、ニジンスキー系を持っていた。

シャドウゲイト(父ホワイトマズルがリファール系 10年 9番人気 2着)
ミヤビランベリ(母父ホリスキーがニジンスキー系 11年 6番人気 2着)
サクラアルディート(母父マルゼンスキーがニジンスキー系 父母父Alzaoがリファール系 14年 11番人気 2着)

中では、父母父がニジンスキーで母父が5年連続で馬券になっているトニービン系のマイネルディーン。

◯クリールカイザー
▲ゴールドシップ
△フェイムゲーム
△エアソミュール
△パッションダンス


2015東海Sの予想

◎ナムラビクター(ゼンノロブロイ×エンドスウィープ)

過去2年のこのレースでは父か母父がフォーティナイナー系の馬は(0.1.1.2)で複勝率が50%。

ナムラタイタン(父サウスヴィグラス 13年 2着)
マイネルバイカ(母父フォーティナイナー 14年 3着)
母父エンドスウィープがフォーティナイナー系で実際、中京ダ千八も結果を出しているナムラビクターから。

◯コパノリッキー
▲インカンテーション
△ニホンピロアワーズ
△グランドシチー
△マイネルバイカ





2015年1月24日土曜日

2015京都牝馬Sの予想

◎ウリウリ(ディープインパクト×フレンチデピュティ)

近5年中デピュティミニスター系を持つ馬が4年馬券になっている。

ベストロケーション(父クロフネ 10年 2着)
サングレアズール(父クロフネ 11年 3着)
ベストクルーズ(父クロフネ 13年 3着)
ウリウリ(母父フレンチデピュティ 14年 1着)
昨年の勝ち馬でなんといっても京都マイルのディープ産駒ということでウリウリから。

◯リアルビーナス
▲シャイニーガール
△キャトルフィーユ
△ダンスアミーガ
△アロマティコ


2015アレキサンドライトSの予想

◎ショウナンアポロン(アドマイヤマックス×アフリート)

12年以降、稍重、重の準オープン中山ダ千八のレースで5番人気以下で馬券になった馬が12頭。内8頭が父か母父がサンデー系で母父、父母父、母母父にミスプロ系を持つ馬だった。中ではここも前に行けそうなショウナンアポロン。

◯マイネルバウンス
▲ヴァンガード
△ベルゲンクライ
△エルマンボ
△リッカルド


2015年1月18日日曜日

2015日経新春杯の予想

◎ハギノハイブリッド(タニノギムレット×トニービン)

開催時期も異なりレースの持つ意味合いも違うが同じ京都芝二四の京都大賞典も含めて、12年以降で5番人気以下で連対した6頭中5頭が欧州系ナスルーラを持っていた。

メイショウカンパク(母母父クリスタルグリッターズがレッドゴッド系 12年京都大賞典 1着)
オウケンブルースリ(父ジャングルポケットがグレイソヴリン系 12年京都大賞典 2着)
カポーティスター(父母父トニービン 13年日経新春杯 1着)
ヒットザターゲット(母父タマモクロスがグレイソヴリン系 13年京都大賞典 1着)
アンコイルド(父母父ラーイがレッドゴッド系、母母父リバーマンがネヴァベンド系 13年京都大賞典 2着)
中では母父トニービン、父母父クリスタルパレスと2本グレイソヴリン系を持つハギノハイブリッド。

◯アドマイヤデウス
▲サトノノブレス
△アドマイヤフライト
△ビービートレイター
△タマモベストプレイ


2015京成杯の予想

◎ベルーフ(ハービンジャー×サンデーサイレンス)

父ハービンジャーがダンチヒ系で母母父ディクタスがハンプトン系でこのレースの好走血統を合わせ持つベルーフから。

エイシンフラッシュ(母父がハンプトン系 10年 1着)
レッドスパークル(父母父チーフズクラウンがダンチヒ系 10年 3着)
デボネア(母母父シャーディーがダンチヒ系 11年 2着)
プレイ(父ロックオブジブラルタルがダンチヒ系 11年 3着)
フェイムゲーム(母母父がディクタス 13年 1着)
ケイアイチョウサン(父母父がディクタス 13年 3着)
プレイアンドリアル(母母父がダンチヒ 14年 1着)
アデイインザライフ(母母父デインヒルがダンチヒ系 14年 3着)

◯ザイディックメア
▲クラージュシチー
△バルビエール
△ソールインパクト
△コスモナインボール


2015長篠Sの予想

◎カフヴァール(デュランダル×ガルチ)

昨年の中京芝千二準オープンクラスで5番人気以下で馬券になった馬5頭すべてが父、母父、父母父、母母父の内に2本ノーザンダンサー系を持っていた。

ワキノブレイブ(長篠S 7番人気 1着)
ロンド(長篠S 6番人気 3着)
フレデフォート(トリトンS 13番人気 1着)
サニーヘイロー(トリトンS 14番人気 3着)
スピークソフトリー(クロフネカップ 5番人気 3着)
また、これら5頭すべてが二桁馬番だった。父母父がノーザンテースト、母母父がリファールで17番枠を得たカフヴァールから。

◯エーシンエムディー
▲シゲルアセロラ
△ダンスディレクター
△ネロ
△ロンド

2015年1月17日土曜日

2015大和Sの予想

◎エアウルフ(フレンチデピュティ×アフリート)

2011年以降の過去4レースで父か母父アフリートという馬が4連対している。

ナムラタイタン(母父アフリート 11年 2着)
マルカフリート(父アフリート 13年、14年 1着)
エアウルフ(母父アフリート 13年 2着)
過去3走続けて複勝圏を外したことのない、母父アフリートのエアウルフから。

◯ローブデソワ
▲サウンドガガ
△ジョヴァンニ
△ガンジス
△シセイオウジ




2015ニューイヤーSの予想

◎ミナレット(スズカマンボ×ウォーニング)

12年以降の中山芝マイルのオープン特別競走で5番人気以下で3着内に来た馬が10頭、その内の半数がキングマンボ系を持っていた。

オメガハートランド(母父エルコンドルパサー 12年ターコイズS 16番人気 2着)
ゼロス(父キングカメハメハ 13年 東風S 14番人気 2着)
ミッドサマーフェア(母父キングマンボ 13年ターコイズS 6番人気 3着、14年東風S 5番人気 3着)
ミナレット(父母父キングマンボ 14年ターコイズS 9番人気 1着)
牝馬限定から混合戦、負担重量も4kg増、戦法も同型が揃って前走のようなわけにはいかない感じもするが、ここ出走唯一のキングマンボ系を持つ馬ミナレット本命で。 

◯コスモソーンパーク
▲サトノギャラント
△アーデント
△アルフレード
△ウインマーレライ


2015年1月12日月曜日

2015淀短距離Sの予想

◎ニザエモン(フジキセキ×スターマン)

近3年のうち、良馬場で行われた2012年、2014年はそれぞれ3着内にサクラバクシンオー産駒が2頭、ダイワメジャー産駒が2頭揃ってきていた。いずれもその母父がノーザンテーストという共通点。母母父がノーザンテーストのニザエモンから。

◯マコトナワラタナ
▲ダノンプログラマー
△エイシンブルズアイ
△レオンビスティー
△ラインスピリット



2015フェアリーSの予想

◎オーミアリス(ホワイトマズル×Royal Academy)

12年以降の3レースで5番人気以下で馬券になった馬が5頭、その5頭はいずれも母父、父母父、母母父にニジンスキー系、リファール系といった重厚なノーザンダンサー系を持っていた。

マイネエポナ(母母父カーリアンがニジンスキー系 12年 14番人気 2着)
ダイワミストレス(母父ホワイトマズルがリファール系 12年 5番人気 3着)
クラウンロゼ(父母父リファール 13年 10番人気 1着)
ウキヨノカゼ(母父フサイチコンコルドがニジンスキー系、父母父Alzaoがリファール系 13年 5番人気 2着)
ニシノアカツキ(母母父カーリアンがニジンスキー系 14年 10番人気 2着)
リファール×ニジンスキー配合で重賞勝ちのあるオーミアリスから。

◯コートシャルマン
▲テンダリーボイス
△エヴァンジル
△カービングパス
△ナイアガラモンロー




2015年1月10日土曜日

2015シンザン記念の予想

◎ナヴィオン(ハーツクライ×ラストタイクーン)

このレースの好走血統トライマイベスト系のラストタイクーンが母父で、ノーザンテースト系のレジエンドテイオーが母母父のナヴィオンから。

シャイン(父がトライマイベスト系のメイショウドトウ 10年 2着)
セレスロンディー(母母父ノーザンテースト 10年 3着)
オルフェーヴル(母母父ノーザンテースト 11年 2着)
マルセリーナ(母父Marjuがトライマイベスト系 11年 3着)
マイネルアトラクト(父母父ノーザンテースト 12年 2着)
タマモベストプレイ(母父ノーザンテースト 13年 3着)
ウインフルブルーム(母母父ノーザンテースト 14年 2着)
タガノグランパ(父母父ラストタイクーン 14年 3着)

◯ロードフェリーチェ
▲ダッシングブレイズ
△グァンチャーレ
△ヤマニンマンドール
△クイーンズターフ


2015ポルックスSの予想

◎ランウェイワルツ(ゴールドアリュール×アフリート)

昨年も土曜の準オープンの招福Sと日曜のポルックスSがそれぞれメインレースだった。その招福Sではシンボリクリスエス×サンデーサイレンスのタナトスが2着で、ポルックスSでもシンボリクリスエス×サンデーサイレンスのソロルが1着で今年もその2レースが連動すると予想してみる。
今年の招福Sは1着がハーツクライ産駒ストロングサウザー、2着がゴールドアリュール産駒マイネルバウンス。中ではマイネルバウンスと同じゴールドアリュール×ミスプロ系のランウェイワルツ。

◯トウシンイーグル
▲タガノゴールド
△グレートチャールズ
△フィールザスマート
△リキサンステルス


2015年1月9日金曜日

2015寿Sの予想

◎テイエムイナズマ(ブラックタイド×ダンチヒ)

過去3年の寿Sでは人気薄のサンデー系産駒が1頭は連対している。

スイートマトルーフ(スペシャルウィーク産駒 12年 11番人気 1着)
マイネルディーン(ダンスインザダーク産駒 13年 7番人気 2着)
アクションスター(アグネスタキオン産駒 14年 8番人気 1着)
ウエスタンレベッカ(ゼンノロブロイ産駒 14年 9番人気 2着)
ブラックタイド産駒で直近の好走パターンが前走マイルからの延長というケースに限られるテイエムイナズマから。

◯ダイシンブラック
▲ミヤビジャスパー
△マテンロウボス
△アドマイヤスピカ
△ジェントルマン



2015招福Sの予想

◎オメガスカイツリー(ゼンノロブロイ×エルコンドルパサー)

昨年の中山ダ千八準オープンクラスの競走で良馬場で行われたレースが4レース。その内5番人気以下で馬券になった馬が6頭で2頭がキンカメ産駒、2頭がグレイソヴリン系を持っていた。
母父エルコンドルパサーがキンカメと同じキングマンボ系で、母母父にグレイソヴリン系のトニービンのオメガスカイツリーから。

◯ティアップレーヴ
▲バーディーイーグル
△ストロングサウザー
△マイネルバウンス
△ダノンミル



2015年1月5日月曜日

2015万葉Sの予想

◎スノードン(アドマイヤムーン×Lemon Drop Kid)

10年以降の5レースでは毎年3着内に2頭はミスプロ系を含むネイティブダンサー系を持つ馬が2頭は絡んでくる傾向。

10年
トウカイトリック(父エルコンドルパサー 1着)
メイショウドンタク(母父Machiavellian 3着)
11年
コスモメドウ(父King’s Best 1着)
スリーオリオン(母父ミシル 3着)
12年
ゴールデンハインド(母父シーキングザゴールド 1着)
マカニビスティー(父母父マイニング 2着)
13年
デスペラード(父母父Kris 1着)
エーシンジーライン(母母父 ミスタープロスペクター 3着)
14年
ラブラドライト(父キングカメハメハ 2着)
グッドカフェ(母母父 Gone West 3着)
中では母父Lemon Drop Kidが3連対しているキングマンボ系のスノードン。

◯ショウナンラグーン
▲アドマイヤケルソ
△ニューダイナスティ
△サトノシュレン
△グッドカフェ

2015ジャニュアリーSの予想

◎マルカフリート(アフリート×タヤスツヨシ)

過去5年のこのレースで5番人気以下で3着内に駆けた馬5頭中4頭がミスプロ系の産駒だった。

アイルラヴァゲイン(父エルコンドルパサー 10年 9番人気 2着)
ファイナルスコアー(父フサイチペガサス 11年 5番人気 3着)
キョウエイカルラ(父アフリート 13年 13番人気 1着)
ケイアイテンジン(父アグネスデジタル 13年 9番人気 2着)
年齢面、長期休養明け、内枠、ハンデ頭と気になることだらけだが、今年の出走馬で父ミスプロ系という馬はアフリート産駒のマルカフリートだけ。配合を無視すれば一昨年の勝ち馬キョウエイカルラと同じアフリート産駒で昨年の勝ち馬スノードラゴンと同じ母父タヤスツヨシでもある。

◯ダッシャーワン
▲ミヤジエルビス
△メイショウノーベル
△レーザーバレット
△タイセイファントム



2015年1月4日日曜日

2015京都金杯の予想

◎エキストラエンド(ディープインパクト×Garde Royale)

古馬の京都マイル重賞は例年京都金杯、京都牝馬S、マイラーズC、マイルC.Sの4レース。12年以降の12レース36頭の3着内馬の内半数近くの17頭がディープ産駒。
昨年の勝ち馬でここ出走ただ1頭のディープ産駒エキストラエンドから。

◯グランデッツァ
▲フルーキー
△シェルビー
△ウインフルブルーム
△ニシノビークイック

2015中山金杯の予想

◎クランモンタナ(ディープインパクト×トニービン)

10年以降の5レースで3着以内になった15頭中9頭がトニービン系やミルリーフ系、リバーマン系など欧州系ナスルーラ系を持っていた。

トウショウシロッコ(父母父トニービン 母母父リバーマン 10年 2着)
トウショウウェイヴ(トウショウシロッコの半弟 10年 3着)
コスモファントム(母父Paris Houseがナスルーラ系 11年 1着 12年 3着)
キョウエイストーム(母母父サウスアトランティックがミルリーフ系 11年 2着)
ダイワファルコン(父ジャングルポケットがトニービン系 12年 2着)
ジャスタウェイ(父母父トニービン 13年 3着)
オーシャンブルー(母父Dashing Bladeがミルリーフ系 14年 1着)
カルドブレッサ(父ジャングルポケットがトニービン系 14年 2着)
母父がトニービンで休み明け2戦目実績が(1.2.0.1)のクランモンタナから。

◯ロゴタイプ
▲ラブイズブーシェ
△マイネルミラノ
△メイショウナルト
△マイネルフロスト